6月16日 朝まずめのショア

フレッシュウオータールアー紀行
06 /16 2018
6~7月はトラウトの最盛期だけれど、今年はバタバタしていて、夏はなかなかまとまった時間がとれそうもないです(>_<)

6月16日土曜日 この日は、ちょっとだけ時間を見つけて朝まずめだけ釣行。

晴れ、珍しく無風。 
朝方の気温10℃で寒く、水温13.6℃と水温の方が高い。

時間もあまりなかったので、ボートは出さずに増水の中ショアから強行です。
20180618-(1).jpg

予想通り立ち込める場所が少なく、なかなか釣りにくいなぁ。

なんとか、ドロップダイヤ赤金系でちっちゃいの。
20180618-(2).jpg

デベロップシェル黒系で、さっきよりはサイズアップ。
20180618-(3).jpg

その後、BUXにかえて投げていると、かけあがりで良い当たり!

かかると同時にかなり潜る!

今日一サイズですごく楽しいなぁと思いつつ、余裕こいてゆっくりやりとりを楽しんでいたら、突然ローリングしてバラシ。

あ、BUXがバーブレスなのを忘れていた。
強引にさっさとあげちゃえばよかった…。

ちょっともったいないけど、楽しいやりとりだったからいいや。
20180618-(4).jpg

ロッド: D-3 Custom Lure'S Blakiston 706ML
リール: ステラ2500+クロスベークデルタノブ(NSクラフト)
PE: よつあみ G-soul WX8 1号
リーダー: ラパラ ラピノヴァ フロロカーボン ショックリーダー7LB
ルアー: Smith ドロップダイヤ 6.5g
      FIELDHUNTER DEVELOP Shell 7g
      Angler'z System BUX 6.5g

【今日の一首】
かはたれの
湖面に残る
暗闇を
我の心と
共に照らさん

6月10日 風邪ひいてガサガサ

気候・雑記
06 /10 2018
こんにちは。

最近の虐待のニュースを見聞きするたび、ひどく心が締め付けられていたたまれない気持ちになるやまねったです。

風邪をひきました。

先週から、無性に喉が痛くて鼻水が出る思ったら、だんだんと空咳が出始めて咳が止まらなくなりました。
どうやらずっと咳をしていた少佐からウィルス(アデノ?)をいただいたようです。

6月8日金曜日、なんとか仕事を終えたけど、すごく体がだるくて家に帰ってからずっと寝ていました。
どうせこの日はかなりの風雨だったので、元気だったとしても釣りには行かなかったと思う。
深夜38.9℃。熱が出たら、のどの痛みと鼻水と咳が少し楽になった。

6月9日土曜日、朝は熱がなく仕事に行ったら、解熱剤の切れた夜に寒気と震えが止まらず40.3℃の発熱。
40℃って人生で初めてかも…。
布団に入っても寒くて仕方ないので、解熱剤を飲んでから熱い風呂に入ってごまかして就寝。

6月10日日曜日、朝仕事が終わり帰宅。
熱下がっていてけっこう体調がいいので、長靴を履き、たも網をもって少佐と近所の散策。
この時期はあちこちに色々な花が咲いていて綺麗だけれど、特に亜麻の花が可憐で好きです。
20180610(2).jpg


少佐と近所の小川に入り、草の下をガサガサ。
川幅は1mもなく、水深は膝下と小さい川ですが、温排水が流れていて、(釣りではなくガサガサの)ポテンシャルは高い川なのです。
昨年は、ミズカマキリ、ゲンゴロウ、トゲウオ、ウグイ、グッピー、ヌマエビ、ザリガニなど色々とれたので、今年も期待が持てます。

川に入って、小さい雑草のオーバーハングを下から網ですくいあげると、小一時間で、大漁です。
尻尾のオレンジなのはグッピー、大小の魚はトゲウオ、他ヌマエビ多数。
昨年まではすぐリリースしていましたが、今年はベランダの水連鉢で秋まで飼ってみることにしました。
20180610(3).jpg

最近新調した秘密基地。
棚の右はまだ未開封のルアー、左はフライマテリアル。
けっこう未開封ルアー集めてしまったけど、はたして開封されることがあるのだろうか…。
20180610(1).jpg

6月2日 ハルゼミ鳴いて虹鱒高活性

フレッシュウオータールアー紀行
06 /02 2018
6月2日 土曜日

朝3時に起きて湖でボートフィッシング。

朝方の気温は7℃だったけど、日中は20度以上になる予報。
札幌は26℃くらいになるらしい。

朝は風も弱く、快晴で釣り日和だ。
Tシャツに防虫素材のパーカーでの軽装で挑む。
20180602(2).jpg

始めて1時間くらい赤系スプーンを投げていたけど全然あたりなし。

日が高くなるとハルゼミが鳴き始めた。
今年始めて聞くハルゼミの声。

ドロップダイヤグリーンでやっと子虹。
20180602(3).jpg

その後も赤系スプーンに反応が悪い。

ルアーをピュアの黒系に変えてみると、、
あたりが増えて、いきなりヒッツ!

まずまずサイズ。
20180602(4).jpg

まだ水位は高いけど、流入河川の水量が大分減って、インレットも濁りは目立たず穏やかな流れになっている。
ただインレット付近は反応が薄かった。
20180602(5).jpg

水面には時々落下した虫を食うライズが散発。

朝7時ころドライフライに変えようか悩みながらも、虫っぽいかなと思って黒系のBUXにルアーチェンジ。
湖中央付近の湖の幅が狭まっているところのかけ上がりで会心のあたり!
けっこう潜ってジャンプ一発!

よしっ、アラフォーの虹鱒。
20180602(6).jpg

今日は何故かここから好調。

時合か?動きか?
黒なのか?黒だからか??
20180602(7).jpg

ほんと好調。
20180602(8).jpg

次々と釣れる。
20180602(9).jpg

サイズは伸びないけど続々と釣れる。
20180602(10).jpg

餌の仕掛け糸が口から出たやつも釣れる。

昔だれか餌釣りの人の仕掛けにかかったらしく、糸を切って逃げたくましく生きている。
かわいそうで口から出ていた重り付の糸を切ってあげてからリリース。
20180602(15).jpg

ちょっといいサイズも釣れる。
10匹以上釣れて途中から写真を撮るのをやめた。
20180602(11).jpg

ボート疲れしたので上陸。

浅いところに立ちこんでかけ上がりめがけてフルキャストしていると、ぐいんぐいん。
キター!
20180602(14).jpg

ぐいぐい潜って、いいサイズぽい。
やたっ、またアラフォー。
20180602(12).jpg

十分に楽しんだので、これにてボートをたたんで撤退。
まだ10時にもなっていない。

時間があるのでちょっと帰りがけにどこぞの川にでも寄っていくことにする。
20180602(13).jpg

小河川でリュウキをトゥイッチ。
数投目でぐぐっとヒット!

エゾイワナ。なんだか今日は調子いい。
20180602(16).jpg

またヒット!
大きくはない。

おしっ、エゾイワナもういっちょ!・・・・かと思いきや腹がオレンジ??
オショロコマ??金色イワナ??
なんかアメマスとオショロのハイブリッドのような見た目。
20180602(17).jpg

斑点と顔つきはイワナだけど、うっすらパーマークがあって、腹がオレンジ。なんだ?
関東では腹がオレンジのイワナがいるけど、北海道ではオショロコマと産卵期のウグイ以外に腹がオレンジの魚を見たことがない。
あんまり見ない珍しい子でしめくくり帰宅。
20180602(18).jpg

ロッド: カワセミラプソディ TULN-722ML
リール: ストラディック2500HGS+クロスベーク丸ノブ(NSクラフト)
PE: DUEL Armored F+ Pro 0.8号
リーダー: Rapara ラピノヴァ フロロカーボン ショックリーダー 8LB
ルアー: Angler'z System BUX 6.5g
     Smith  ピュア5g黒 
     Smith ドロップダイヤ5.5g
     DUO スピアヘッドリュウキ50F

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管理釣り場のフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

北海道の魅力はあちこちの河川や湖沼で野生化したトラウトが自然繁殖していることで、ワイルドトラウトを週末のちょい釣りで楽しめます♪

北海道初心者でみなさまいろいろ教えてください。
こちらアラフォーの40UP♂です(^.^)/