8月13日~15日 合同部隊レク合間のちょい釣り in 尻別川・長流川

フレッシュウオータールアー紀行
08 /15 2017

仕事の都合でお盆しか休みがとれない弟夫婦が、久々に8月13日から子供を3人連れて横浜から遊びに来た。

お盆はどこに行っても混んでいるし、どこに泊まっても普段より高いし、そもそもお盆休みというものはなかったので、毎年大人しくしていたのだけれど、今年はせっかく弟部隊が来たので旅程前半だけお付き合いして月火の2日休みをとり、8月13日~15日2部隊総勢8名で合同部隊レクに行ってきました。

8月13日の宿泊はワンニセコリゾート&タワーズ。
夕飯はカレーを制作し、部屋で大部隊レク。

翌8月14日、どうせみんなは9時前までは寝ているので、ワタクシは一人5時前起床。
近くの尻別川に向かいます。

昆布近辺が10km圏内と近いので、お手軽な昆布ポイントに入ろうと向かいましたが、まさかの先行者あり即時撤退。
車を走らせてあちこちポイントを探したけど、さすがお盆、どこの橋の下にも必ず1、2人の先行者がいます。
ポイントを探しながら、ついに京極まで来てしまった。もうホテルから全然近くない・・。

でも川に立ちこめば気持ち良い。
残り時間は1時間30分。
20170814 (1)

ポイントを攻めていくと、何カ所か目の小場所でニジマス。
その日の1匹目はサイズを問わずほんと嬉しい。
20170814 (2)

サイズは伸びませんが、その後もちらほら。
20170814 (3)

小さいけどヤマメも釣れた。
20170814 (4)

かなり強い流れの中に立ちこんで、
直アップでぶっとい流れの中から出てきた今日イチの1匹。
といってもアラサーだけど、強い流れの力が加わってかなりの強い引きでした。
こんな流れで40UPがかかったら、まず獲れないだろうなぁ。
20170814 (5)

短い時間だったけど、楽しかった尻別川。
朝風呂と朝飯に行くから帰ります。
バイバイ!
20170814 (7)

ホテルに着くと駐車場でクワガタ発見。
このクワガタは部隊のアイドルになり、ちょっとかわいそうでした・・・。
20170814 (8)

ミルク工房やら釣り堀やらで遊んで、この日の宿泊はきたゆざわ森のソラニワ。
プールに入って、部屋で2日目の大部隊レクをして就寝。

翌8月15日、本日も一人5時前に起床。
だって目の前に長流川が流れているんですもん。

入ったことのない川でポイントが分からないので、グーグルマップで見つけた徳舜瞥川との合流点に行ってみます。
水温17.2℃。
とても良さそうなところですが、入渓点は入りやすいためとにかく足跡だらけで、無数の人の痕跡があります。

こんな良さそうな落ち込みでもノーチェイス。
20170815 (0)

でも他のポイントもわからないので、この時期はプールにはいないだろうなぁと思いながらも、仕方なく下流側プールにダウンでARスピナー6gを投げていると突然糸が走る。
20170815(0)-1.jpg

あっ、ニジマス居たのね!
20170815(1).jpg

合流点付近のこちらは徳舜瞥川。

水温16.2℃。
まずは少しこっちの川を遡行してみましたが、入渓点付近の魚影はかなり薄い。
20170815(0)-2.jpg

なんとかこんな落ち込みに続くプールで、ブルブルとヒット。
20170815 (2)

やっとこ徳舜瞥川の1匹に出会えたので、これで川を下り入渓点に戻ります。
20170815 (3)

まだ時間があったので、今度は長流川の方を少しだけ登ってみました。
ここも入渓点付近の魚影は薄く、いかにもいそうな良いポイントにもいない。

こちらではじめて反応があったのは、この橋の下。
中心の落ち込みでは反応がなく、シングルフックにしたDコンタクト50を対岸ギリギリの落ち込みにキャストしてドリフトさせると、ヒット。レラカムイが曲がり魚影はかなり大きかったけど、中心にある流れの強い流心にはいってフックアウト。
20170815 (4)

その後、こんなプールにあった沈み石からニジマスが飛び出してきてヒット。
黒のフェザーをつけたシングルフックのスピナー。
20170815 (5)

これを最後に朝風呂と朝飯のため撤収!
20170815 (6)

今日はアスレチック「野外アドベンチャーパーク北湯沢 ムササビ」に参加する弟の長女を見送ってから、我が小部隊は帰宅。
他部隊は、今日からトマムに2泊すべく出発していった。

眠いっす・・・。

ロッド: ANGLERS REPUBLIC レラカムイ 53UL
リール: コンプレックスCI4+2500HGS
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー: スミスARスピナートラウトモデル 3.5g&6g
      スミスDコンタクト50

8月11日~12日 お盆の釣行でバラしまくり

フレッシュウオータールアー紀行
08 /12 2017
先週末は仕事や所用が立て込み、
釣りに行けなかった、、
いや正確に言えばほんの少しだけ釣りに行った、、
のですが日曜日9時からの仕事前の早朝に、慌ただしく豊平川に行って1時間弱釣ってヤマメ数匹、ウグイ多数、小ニジマス1ばらしで、写真を撮らなかったため更新しませんでした。

さてそんな感じで、今回は待ちわびた久々休みに、2週間ぶりの釣行と言える釣行です。
単独釣行なので1泊3400円の怪しげな旅館を予約し、8月11日通しの仕事が朝明けた午後から先月釣行した湖に出発しました。

到着すると、気温16℃、水温19.2℃。
終日雨。風強く、Tシャツ1枚で来たので肌寒くて、薄手のウインドブレーカーを1枚はおってから、ウエーダーを履いてその上から昔プロノスで買ったフード付きカッパを着て出陣。
20170811-1.jpg

休日なのに人いません。
雨のなか頑張りますが、ぜーんぜん釣れません。
嘘のように虫も全く飛んでないし、ライズやボイルも一度もなし。
あまりに釣れないので、思わずこんな写真を撮ってみたりしてモチベーションを保ちます。
川に逃げるのも、雨だから気持ち悪いし・・・。
20170811-2.jpg

いろいろ場所を変えながら、スプーン、ミノー、ジグとルアーを変え投げれど反応なし。
ちなみにインレット付近の水温は1.5℃程度低い17.7℃。
20170811-3.jpg

今回から初登板のデメタシャロー(開封したばかりでまだトレブルフック)も活躍を期待して試しますが無反応。
20170811-4.jpg

3時間以上、金属の板のようなものや、魚やカエルの人形のようなプラスチックを重いタックルで投げて回収、投げて回収を繰り返し、右手の中指の先っちょの感覚がなくなってきて、雨もかなり強いしやめようかと思った頃、湖の入湖点付近でやっと初ヒット。
いいサイズ!アラフォーくらいだ、
と思って寄せてきたところキャッチ寸前に首を振った時にフックアウトしてバラシ。

心折れつつも、その後少し粘って小さめながらやっと写真に収まってくれた虹鱒をキャッチ。
これでこの日は納竿。
エビ味噌ラーメンを食べてからリュウキ3個分の安宿に向かう。

しかし今日は渋い・・どうしちゃったのか。
活性が悪いとはこういうことを言うんだろう。
雨だからだろうか。
20170811-5.jpg

翌8月12日、日の出は大体4時30分なので、3時30分に起床し4時出発。
1泊3400円の旅館は特に困ったことはなく、よく眠れました。

今日も1日雨予報で、現地到着時はもちろん雨。
気温13℃で夏とは思えぬ寒さ。水温は昨日より低い17.2℃。
1日中今にも降り出しそうな天気が続きましたが、ラッキーだったのは予報に反して早々に雨がやんだこと。
風も昨日よりは弱い。
20170812-1.jpg

ピュアを投げていると、時々あたりがありますがショートバイトで乗りません。
たまに釣れてくるのはこんな豆ニジや、
20170812-2.jpg

こんな小虹。今日もヤバいかも・・・。
20170812-3.jpg

ここで新兵器投入を決断。クルセイダー激アツ。
実際の動きをみてみると、ピュアが上下に揺れるようにひらひら動くのに対し、これはお尻を左右に振って魚ぽく動くアクションぽい。
またフォルムが小さいのでかなり飛距離が出るメリットと、釣具屋の実売価格が400円くらいと優れたコストパフォーマンスを持ち合わせています。
今日はずっとゴールド系で反応が良くなかったので、シルバー系にしてみました。

するとどうでしょう。
さんざんゴールド系で攻めて反応がなく、もう魚はいないのではないかと思ったインレットをダウンでゆっくり引いてくると、ルアーチェンジ後に1発ヒット。まじかっ! 

しかもいきなりドラグ出まくり、竿がしなる。でかい。
ジャンプ! うわっデカイ!アラフィフだ。

寄せてくる。一度は抵抗を弱めるが、再び抵抗を始め一気に潜る、その度にかなりドラグが出てこらえる、ということを繰り返す。
楽しい・・・・。
やっと浅瀬の上にランディング。よし獲れたっ!と思ったら、浅瀬でバシャバシャしてフックアウト。

きゃー、タモですくうべきだったよぉ(>_<) いやマジに!!
20170812-4

ひとしきり茫然としたのち、
めげずにクルセイダー激アツを投げていると、ガガンとヒット。
ニジかな思ったらアメマスでした。
20170812-5.jpg

さらに虹鱒がヒット。
良いヒキでしたが、つい先ほどばらしたやつと比べてしまうので、いま一つ素直に喜べません。
20170812-6.jpg

虹鱒は連続ヒット。
しかしサイズは伸びません。
20170812-7.jpg

今度はアメマス。

しかしやるな激アツ。あれだけ他の反応悪かったのに・・。
本日のヒットルアーに確定。
最後にジャックガウディJrでインレット付近の深場を探っていると、ドラグを出すやつがかかるが、反転してフックアウト。
20170812-8.jpg

大きいの2バラシだし、昨日もバラシたし、湖はやめじゃ、やめるのジャー。
雨もやんだし(今にも降りそうだけど)、川に移動するのジャー。

それでやってきたのは、ダム下流の上の方。
時刻はお昼前。
こんな絶対いそうな落ち込み3か所を攻めるが反応なく、すでに先行者が入った後だと決めつけて、
すぐに見切って下流に移動。
20170812-9.jpg

この奥のブッシュ際の落ち込みになっている深みを探っていくと、ギラリと光りアラフォーヒット!
ドラグかなり出る。こらえて目の前まで来た時に、首を振ってバシャバシャとフックアウトしてバラシ。
20170812-10.jpg

さすがにもうかからないよねと思いながら、そんな大きなのいるとは思わなかったので、ドキドキしながらねちねち探っていく。
するとヒット!
でもこのサイズ。
バラシタ魚は大きいというけど、さっきのは本当に大きかったんだから~(>_<)
20170812-11.jpg

同じ場所でまたヒット。
君ではない。
20170812-12.jpg

同じ場所でまたまたヒット。
いやいや君でもない。
20170812-13.jpg

さすがに4ヒット後、もう同じ場所ではでないだろうと思いつつ、それでもしつこく投げていると、
また同じ場所で、突然大きいのが追いかけてきてパクリと食うのが見えて、またアラフォーがヒット。
ドラグ出る。今度は慎重に(さっきも慎重にしたつもりだったけど)寄せてきて、自分がバックして、砂の浅瀬にランディングと思ったら、湖と同じパターンで浅瀬でバシャバシャしてフックアウトしてバラシ。
やばい、成長がなさすぎる(>_<)

さらに上流の落ち込み。
流してくるとヒット!
でかい! ドラグ出る! ジャンプして! 首を振って! フックアウト!
この一連の流れで安定のバラシ(>_<)
20170812-14.jpg

それでこのポイントで釣れたのは、じゃじゃーん。
豆ニジと、
20170812-15.jpg

仔ヤマメだけ。
大きいのはあがらない。
未熟すぎてほんとヤバい。
20170812-16.jpg

その後も大物を求めてしばらく遡行。
各所にいいポイントが点在。
20170812-17.jpg

でもその後は釣れたのは、
小さめのニジマスや、
20170812-18.jpg

小~中ヤマメ。
20170812-19.jpg

湖では、大きい虹鱒を初日1匹バラシ、2日目2匹バラシ。
川ではヤマメと虹鱒あわせて20匹以上キャッチしたものの、大きい虹鱒3匹をバラシ、結果小物のみに終わった。
今回の主な原因は、ジャンプではなく、首振りによるフックアウトとランディングミス。
まったくもって修業が足らん(>_<)
修業して出直します。

ロッド: D-3 Custom Lure'S Blakiston 706ML
リール: ステラ2500+クロスベークデルタノブ(NSクラフト)
PE: よつあみ G-soul WX8 16lb
リーダー: モーリス ストリームショックリーダー 8LB
ルアー: クルセイダー 激アツ7g シルバー
     スミスピュア5g 日本アワビ レッド
     ジャックガウディJr      

ロッド: メジャークラフト ネクスティーノ 522L
リール: コンプレックスCI4+2500HGS
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー: スミスARスピナートラウトモデル 3.5g

【今日の一首】
バレまくり
その悔しさを
口にせば
どうせリリース
つれない君よ

7月29日 ボッサボッサのボサの里川虹鱒

フレッシュウオータールアー紀行
07 /29 2017
7月29日

おはようございます。

昨日3カ月ぶりに散髪をしたら、髪が薄くなった気がして心が震えたやまねったです。

今日の朝イチだけ近場に出撃してきました。

冬にお世話になったHomeが、夏はどうなっているのか偵察するのが目的だったのですが、

到着してみると川は見た目からして背丈まであるボッサボサのボサの中でした。

こんなところを入ったら体中ダニだらけになりそうで恐ろしくて撤退。

少し足をのばして違う川へ移動。

ここもボッサボサのボサですよ。

ボサの中からスピナーを投げる。
20170729 (1)

ボサの中から虹鱒が釣れる。
20170729 (1-1)

こんなボッサボッサのところでは、

今日はミノーに反応なし。 水温19.6℃。

ボサの中からスピナーを投げる。
20170729(2).jpg

ボサの中から35cmの虹鱒。
20170729 (2-2)

小さいやつも。
20170729 (2-3)

さらに足を伸ばして千歳川。

100mに1人位のペースで釣り人がいる。

みんな好きですな。(オマエもな!)

全然当たりないし追っても来ない。
20170729 (3)

けど気持ちが良いのでつい長居してしまう千歳川。
20170729 (4)

ロッド: メジャークラフト ネクスティーノ 522L
リール: コンプレックスCI4+2500HGS
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー: スミスARスピナートラウトモデル3.5g

【今日の一首】
そのボサよ
見習うべきは
我が頭皮
光を浴びて
いのち逞し

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。