2月18日 奇跡の千歳冬ニジ再び

フレッシュウオータールアー紀行
02 /18 2017
今週も千歳です。

しかも強行軍で。

もはや虹鱒の中毒性を感じる2月18日土曜日。

この日は、夕方17時30分新千歳空港発の飛行機で、単身東京に行く用事があったので、

今週末は釣りは難しいかなぁと思っていましたが、強行軍で今週も千歳小河川に行ってしまいました。

今回立案した作戦は、自分の車で千歳に行って釣りをして、そのまま新千歳空港の駐車場に車を泊めて、そこで着替えて、そのまま飛行機で東京に行くというものです。

ニジマスもワタクシがまさかそこまでするとは思っていないと思うので、

ニジマスの裏もかけ魚はみんな油断しているはずの画期的な作戦です。

10時過ぎに遅めの起床をし、11時過ぎ車で札幌をでます。

千歳についたのは12時30分。

搭乗時間を考えると、残り時間最大4時間です。

まずは先週ニジを釣ったポイントへ直行。

気温-4℃、水温は安定の5.8℃。

スピナーを投げ続けますが、今日はあたりがありません。

東京に行かないで釣りをしてる情報がまさか漏れているのか!?

この時期はウグイは見えないので、

ニジマスはエビを食べているだろう、という勝手な推測から同じポイントにエビミノーをダウンでキャスト。

エビのようにツンツンしていると1発でヒット。

20cmちょいのチビニジ。
2017218千歳2

小さいけど、このサイズが釣れるということは、

ここで自然繁殖しているのだなぁ、としみじみ感動する。

ここで車で思い切って上流に移動。

こんなとこや、
2017218千歳3

こんな沼みたいな、

トラウトというよりむしろナマズが釣れそうなところに、雪をかき分けてはいるけど異常なし。
2017218千歳4

次のポイントでラスト、と思い今度は下流に移動。
2017218千歳1

瀬が終わって深場になっているような小さいポイントにアップでスピナーをキャスト。

するとー、、、

ドンッ。

と重くなり、走ります!!

うひょ~~

アドレナリンでまくり。気持ちいい~!

寄ってきたのは先週の41㎝のオスを超える43㎝のメス。

お腹がパンパンです。

レッドバンドも濃くてすごく綺麗な虹鱒でした。

ニジ)ヒドイ!! やまねったさん、今日は東京じゃなかったの!

やまねった)ウフフのフ~。そう見せかけて今日も君の所に来てしまったのさ。君が忘れられずにね。

ニジ)もう、いけず~

なんて会話をしながら写真撮影。

2017218千歳5

ありがとう~。産卵期にごめんね。。

できるだけ優しくリリース。
2017218千歳6

そのまま空港に行き、懸案の「駐車場が満車だったらどうしよう?」という心配もクリアし、

車で着替えて、無事に飛行機に乗りました。

トムヤムラーメンを食べて、京王プラザホテルにチェックイン。

ひな祭りシーズンで釣り師雛がたくさん飾ってあります。
2017218千歳7

ホテルのビジネスセンターよりブログアップ中。

これから部屋でコンビニワイン飲んで、風呂入って寝ます。

とても満足な1日でした!!
2017218千歳8

ロッド: ANGLERS REPUBLIC エルア レラカムイ 53UL
リール: レアニウム2500S+クロスベーク平ノブ(NSクラフト)
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー: デュエル ハードコア モエビー 50S
      スミスARスピナートラウトモデル赤3.5g

周辺釣果情報(2月15日海アメマス)

周辺釣果報告
02 /15 2017
2月15日

朝からあくせく仕事をしていると、

朝っぱらからスマホにメール。

こそっとメールをのぞき見ると、

魚の写真。

仕事が休みの釣り仲間2人が、

島牧村の江ノ島海岸に出かけていてピンクシルバーの22gのミノーで52cmの海アメが釣れたそうな。

僕は今のところ海のトラウトはやらないのだけど、

もうそんな海アメの季節なんですねぇ。。
2017215海アメ1

やっぱり海のアメマスは大きいですね。
このアメマスキープして食したらしい。

釣果はこの1匹だけで、その後弁慶岬に移動したけど、波が高くあたりもそれだけだったという。
江の島海岸では早朝に近くの人がサクラマスを1尾あげていたらしい。

サクラマスなら美味しそうだなぁ。

2月10日 やっと会えた厳冬期千歳小河川ニジマス

フレッシュウオータールアー紀行
02 /10 2017

昨年11月から大雪でしたが、

今年の2月は例年より暖かい気がします。

しかも週末の天気に恵まれている気がする。

気候のせいで気持ちが明るいのもありますが、

今日ついに目標の一つを達成して、達成感があります。

それは厳冬期の虹鱒。

やっと会えました~!!

しかも近場の千歳で。
2017210美々1

釣れたのはこんなところ。
2017210美々5

千歳の小河川です。
2017210美々4

この日は午前中の仕事を終え、

午後に部隊で千歳に向かいます。

道すがら寄った市街地のママチ川下流は工事?していて、パイプが入っていたりと相当人工的な趣になっています。

一応投げてみますが釣れません。

どのみち護岸が高く、万一大きなのがかかったらあげられません。

移動して「あそびのくにピッピちとせ」(旧千歳タウンプラザ;ナビ上は)で部隊は解散。

新しい施設で、少佐が飽きる限界そうな2時間の入れかえ制で、350円/人というとても良さそうなところです。

そこで長官と少佐は「あそびの国」の研究をするそうです。

ワタクシは遊撃部隊として「鱒の研究」をすべく小河川に繰り出しました。

しかし、ウエーダーを、ネオプレンおろかナイロンまでも、家で乾かしたまま忘れてくる、というていたらくに洗礼を受けます。

どこかで買おうかとも思いましたが、もったいないのでウエーダーなしでがんばります。

まずは先週の小河川へ。

気温0度と暖かく、水温は5.6℃。

まあ釣れないだろうなーと思いながら、

スピナーを投げます。

3投目で重くなり根がかり??

と思ったら、ヒット!!

久しぶりの大物の感覚。

ウエーダーも忘れたのにっ!

捨てる神あれば拾う神ありっ!

やっと会えた、、、

恋い焦がれた厳冬期の虹鱒。

41cm。
2017210美々2

うれしいよ~(涙)
2017210美々3

その後も2回くらいあたりがあったけど、乗らずに、あたりが遠のき移動。

満足感が大きい。

もおいいや―という気分。

その後偵察を兼ねて遠浅川上流をみたけど、雪に埋まり川が見えない、というか川がなかったです。

まだ時間があったので「蛇龍の渓」にも行きましたが、

ノーチェイス。

そこでスプーンを投げていると、除雪していた方に声を掛けられました。

その方もトラウトルアーをするかたで、

退渓して、ひとしきり話しこみ情報交換。

フィールドで再会できそうですね!! とお別れ。

こんな出会いも釣りをしているからこそ、しかもこんな時期に釣りをしているからこそで面白い。

ここで納竿。

ピッピ千歳に車を走らせ、部隊合流。

「あそびのくにピッピちとせ」は相当ハイクオリティとのことで、

今後も利用させていただき、長官と少佐には、是非とも遊びの国の研究を深化させて頂きたい。

ワタクシは遊撃して頑張る所存です。

そのまま部隊で千歳から小樽まで走り、

ここ数年は欠かさず参加させていただいている「小樽雪あかりの路」(札幌雪まつりより風情があって好き)をひとしきりみて、

例年通り運河にキャンドルを立てて、

今年は、雪あかりチョコレート入りマショマロ(美味しかったですv)を買って、

運河プラザでなんか綺麗な本当の花の入ったロウのハートのオブジェを制作(少佐大満足でおすすめ!)し、

例年通りイチゴラテとチャイラテを飲んで、

遅くなったので帰り道にすき屋でお弁当を買って、

22時30分帰宅。

ローソンのコールドリッジシラーズを飲みながらブログアップ中です。

ロッド: ANGLERS REPUBLIC エルア レラカムイ RRTS-53UL
リール: レアニウム2500S+クロスベーク平ノブ(NSクラフト)
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー: スミスARスピナートラウトモデル赤3.5g

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。