11月25日 今年は納竿かな

Fresh Water Lure紀行
11 /25 2018
初雪が遅かった札幌にも、11月22日~23日にかけてついにまとまった雪が降りました。

それから数日の間は、とけた雪がまた凍って歩道や道路はつるつるです。

そんななか、11月25日にどんなもんなのか興味があって釣りに行ってきました。

朝方の気温は0℃、そんなには寒くはないのですが‥‥

でも、もうね、、

釣りに行くのに、なんだか山奥のスキー場に向かっているような気分ですよ。
20181125(1).jpg

止水はすごい雪。
これはもうさすがに根雪だな。

林道は、雪に車の底を擦りながらギリ入れましたが、四駆で何とか止まらずに行けたという感じでした。
これからの季節はもう辿り着くのは無理でしょう。
20181125(3).jpg

膝近くまである雪を、ロッドを持って一生懸命漕いでいくと、めちゃ運動になります。
そして足がつりそうになります。
20181125(5).jpg

やっと湖畔にたどり着いた。

あれ?
ん?
んんん?

・・・・・・水凍ってました(>_<)
一応ルアーを投げてみると、空しくルアーが氷の上に落ちるだけ。
そりゃそうですね・・・・。
20181125(2).jpg

下流のほうも真ん中以外は凍ってます(/ロ゜)/
一応凍ってない場所を見つけて水温を測ると4.2℃。
表層水温が、水の最大密度の4℃ということは、今は下のほうも4℃なんだろうな…。
20181125(6).jpg

はい、撤退!

仕方なく、初見の川。
腰上までウェーディングしながら、数百メートル苦労して遡行したけど全く生命反応なし。
水温4.1℃。
どこもかしこも同じような水温だ。
20181125(7).jpg

困ってしまい、やってきたのは支笏湖。
実に久しぶりの支笏湖です。
着いて驚いたのが水温7.8℃!
ほえー、支笏湖がまだそんなに水温高いのか。。
20181125(9).jpg

まずは、今年あまり使わなかったジャックガウディ&ジャックガウディJr。
居付きがいないかと底を探っていきます。
20181125(8).jpg

すぐなんかかかった!
虹鱒かと思ったら禁漁期の姫鱒でやんす。
釣っちゃいけないやつなので水中でリリース。
20181125(11).jpg

その後も、たて続けに姫鱒が釣れるので、ジグで底を取ると一瞬で姫鱒が喰ってしまうことが分かり、ジグは封印。

底で産卵している弱った姫鱒やその卵がベイトとなって、それを目当てに、でかい虹鱒やブラウンが寄っていそうなんだけどなぁ、
と思ってスプーンをひいていると、ちょっと沖合でやたらでかいブラウンが水面に顔を出した!
びっくりして、思わず近くで釣っていた人に「見ましたか?」と話しかける。
その方も「見ました!」とお互い顔を見合わせる。

あのでかいやつかかんないかなぁー♪
と期待を込めてキャスト!
姫鱒が釣れないように、底層には沈めず、プロビアで表層や中層から巻いてスライドするアクションを繰り返していると、ヒット!
むむぅ。
また釣れてしまった…。水中で1枚だけ撮らしてもらう。
粘っていればデカブラの期待が持てそうな日のような気もするけど、姫鱒を上手によけれないのでなんだか申し訳なくなって1時間位で早々に撤退。
20181125(10).jpg

最後は千歳川。
水温驚きの9.8℃。
千歳は札幌に比べて雪がまだ全然少ない。
残念ながら無反応。
20181125(12).jpg

水温が下がり魚の活性も落ち、ついにボウズでした。
今年は納竿しようかと思っています。
たぶんですが・・。

11月17日 今年最後の止水かな?

Fresh Water Lure紀行
11 /17 2018
11月17日 土曜日

寝坊して、8時から今年最後かも?の止水に釣行。
気温マイナス1℃、水温5.8℃。
今年初めての、実釣時のマイナス気温。
でも真冬の装備をしてきたので、そんなに寒くない。
20181117(4).jpg

数投しては、岸辺を移動しながら探っていく。
先発はスプーン。
開始早々10投目くらい、100mくらい岸辺を歩いたところで、もそっとロッドが重くなる。
大きな藻でも絡んだのかなというイメージ。
あれっ?引っかかったっと思ったら糸が動く。
水温が下がったためだろう、ひったくられる様な強い当たりはなくなり、もさっとした重いあたりだった。
合わせる。のった!
何度か潜って、タモ入れにてこずったけどキャッチ。
20181117(1).jpg

開始早々、いい虹鱒だ。
コンプレックスCI4+ 2500S入魂です。
20181117(2).jpg

ゆっくりリリース。
またいつか会いましょう!
20181117(3).jpg

その数分後、またヒット!
と思ったら、フックアウト(>_<)
立て続けのヒットなので、群れが回遊していたのかも。

その後2時間くらい、さっぱりあたりのない時間が続く。
水温が下がり、ウ軍は一兵卒の姿もありません。
スプーンの種類と色を変えたら、やっとヒット。
20181117(6).jpg

さっきより大分小さいけど、いいヒキでした。
20181117(7).jpg

10時を過ぎたら、とんとあたりがなくなった。
風が強くなりラインがふけて、水面がかなり波立ち釣りづらい。
おまけに粉雪が舞ってきた。
今年は初雪が遅く、今冬初めて見る雪だ。
遂に冬が来た。

気分を変えて川へ移動。
水温7.4℃。
20181117(13).jpg

途中たくさんのキノコを発見。
見た目は食べられそうだけど、知識がなくて毒キノコを採ってしまいそうなので、採らないことにしている。
今度なんていうキノコだか、キノコ博士に聞いてみよう。
20181117(12).jpg

なんだか、落ち込みとその後の深みで、釣れそうなポイント。
20181117(11).jpg

久々にアメマスを釣ろうと、落ち込みにアップでミノーをトゥイッチしていると、やたら元気に走る虹鱒がヒット。
テールフックでなくて、ベリーフックに喰ってきた。
バリバス ブッシュトレイル入魂。
ブッシュトレイル、確かに薮に引っかかっても劣化が少なくていい気がする!
今のところお気に入り。
20181117(8).jpg

今度は反転流にロングキャストして逆引き。
重いあたり。
この重くウネウネする引きは・・
20181117(9).jpg

やはりお目当ての陸封アメマスさんでした。
珍しく、2連続でベリーフックに喰ってきた。
底でじっとしていて、上に通りかかったところを襲って、腹に喰っているのかな。
20181117(10).jpg

その後も何匹か追ってきたけど、見切られた。

下流に立ち入ることのできないこんな落ち込み。
上流からロングキャストして瀬尻の落ち込みに落とし、ちょんちょんとスプーンをシェイキングすると何かがヒット。
サイズは大きくないけど、完全に流れに逆行して引き寄せるのが大変だ。
20181117(15).jpg

虹鱒さんでした。
20181117(14).jpg

今日は、明るいうちに撤収。
峠の上は、少し雪がかぶっていました。
20181117(16).jpg



ロッド: カワセミラプソディ722ML
リール: コンプレックスCI4+ 2500S
PE: DUEL Armored F+ Pro 0.8号
リーダー: VARIVAS トラウトショックリーダーフロロ  8LB
ルアー:
Angler'z System BUX 6.5g
Smith ドロップダイヤ5.5g

ロッド: ネクスティーノ 522L
リール: レアニウムCI4+2500S
ライン: バリバス スーパートラウト アドバンス VEP ブッシュトレイル 1.5号
ルアー: 
DUO スピアヘッドリュウキ50S
Angler'z System BUX 3.8g

【今日の一首】
初雪に
届かぬ想い
口にして
糸鳴りの音
寂しかりけり

11月11日 車直って午後から川でちょい釣り

Fresh Water Lure紀行
11 /11 2018
11月11日日曜日、車直りました。

今回のエンジン停止については、エンジンのコンピュータの基盤の一部が焼けていて、ショートしたため、ナビの回路のヒューズとエンジンコンピュータの回路の10Aのヒューズが飛んだためのようでした。
基盤が焼けた原因は、パワーウインドウの点検によるものが疑わしいということで、エンジンコンピュータの基盤と、パワーウインドウのスイッチを変えてもらいました。配線図を見ながら丁寧に説明してもらいましたので、きっと大丈夫でしょう。

車が直ったので、テスト走行を兼ねて、午後からそんな遠くない川にちょい釣りに行ってきました。
総計100㎞ほど走ってみましたが、特に今のところ不具合はなさそうです。

釣りのほうはというと、今日は渋い渋い・・。
気温は12℃とこの時期にしては暖かいのですが、
はじめに行った川ではスピナーを投げても全然あたりがありません。
他にも誰か入っているのかもしれないなぁ。

ミノーでやっと、網から抜けてしまうような小さなニジマス。
20181111(1).jpg

さらに、、スプーンをUPで投げているとレッドバンドの綺麗な30㎝強のニジマスがかかりましたが、取り込み時にジャンプでフックアウト。
その後は、何を投げてもうんともすんとも音沙汰なしです。

車で移動して川を変えました。
しかし、支流なのにダムの影響か本流より茶色の濁りがやたら強いのです。
昨年までの経験だと魚はいるはずの場所なのですが、こちらは全く反応なし。
しかもここはやたらと引っかかるし危険な場所。
しばらくいろいろ試したけど、いろいろルアーロストしただけで終了。

仕方ないのでさらに川を変えて、初見の場所に移動。
春夏よりはだいぶましなのでしょうが、少し濁りが入っています。
結局ここが一番の好反応。

ファーストヒットはヤマメ。
久々のヤマメです。
20181111(2).jpg

尾っぽのオレンジがきれい。
嬉しい。
20181111(3).jpg

さらに下流へ。
ほらけっこう濁ってますでしょ。
一見ウグイしかいなそうな場所ですが、めげずにスピナーをキャスト。

あれっ、あたりある!
2投目、3投目でもあたってきます。
ウグイかな?なんて思いながら、4投目。
ヒット!
ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ。
おっ、虹鱒だ。
水温も大分下がっているだろうに、すごく元気だ。
20181111(6).jpg

最後までジャンプ。
寄せて、寄せて。
20181111(4).jpg

今回の主目的のARスピナーでキャッチできました。
ARスピナーやボトムノックスイマーの開発者で個人的にファンであった本山博之さんが、登山中に心筋梗塞で急死されたことを最近ブログで知りました。享年60歳。残念です。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
20181111(7).jpg

日暮れがやたら早くなり、もう日の入りは16時14分です。
もっと釣りたかったけど、撤収。

ロッド: メジャークラフト ネクスティーノ 522L
リール: コンプレックスCI4+2500HGS
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー: 
DUO スピアヘッドリュウキ50S
Angler'z System BUX 3.8g
Smith  ARスピナートラウトモデル3.5g

最近全然ナイロンラインを変えておらず、糸よれと劣化で糸がらみが激しくなっていたので、帰ってから久々にナイロンラインを巻き替えました。

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りがメインで、トラウトは管理釣り場のフライフィッシングばかりでしたが、最近はトラウトルアーの勉強中です。

北海道の魅力は大都市の札幌近郊でも山奥でも、いたるところの河川や湖沼で野生化したワイルドトラウトが自然繁殖していることです。

仕事の合間の時間を見つけては、週末のちょい釣りトラウトを楽しんでいます♪


まだまだ北海道初心者ですのでみなさまいろいろ教えてください。
アラフォーの40UP♂です(^.^)/