9月17日 ダム湖のホウライマス

フレッシュウオータールアー紀行
09 /17 2017
9月16日(土曜日)

大活躍の長官母君が関東にお帰りになるため、部隊で新千歳空港に送迎。
14時頃だったけど世間は3連休初日とあって空港駐車場には長蛇の列ができている。仕方がないのでみんなを送迎レーンで下ろして見送りは長官と少佐に任せる。
ワタクシは一人車を走らせ、ママチ川や千歳川などの偵察をしつつ、釣りはしないで時間をつぶす。

15時30分に再び長官と少佐を迎えに行き、足を伸ばしてひとしきりドライブ。
1時間だけ里川に寄る。
リュウキ50MDFチャートをUPで放ると一投目でかかって35UPが釣れるが、残念ながらカメラを車に忘れたため写真は取れず。
その後リュウキ50Sチャートで小さいのを2尾釣ったが、それからはミノーにもスピナーにも反応がなくなる。やはり写真はなし。

9月17日(日曜日)

夏休み後に友人に誘われて約束した日帰り釣行。
前日21時に寝てAM1時45分起床。
AM2時に友人が迎えに来たが、目的地を決めていなかったので二人で悩む。
結局ワタクシの行き慣れているダム湖に決定。

友人の運転で5時に着くと湖は増水していて、ルアーではちょっと厳しそうなくらい濁っている。
なんでも一昨日にまとまった雨が降って、一気に水位が上がって濁ったようだ。

7月に来た時はクリアウォーターで、水温22℃。
8月もクリアウォーターで、水温19.2℃。
今回はマッディーウォーターで、水温13.8℃。
先日の雨のせいだろうか、水温は7月より8℃も下がっている。
濁りがましかもしれないインレットに行こうと思ったら、先行者さんが2名いて戻る。

湖の真ん中あたりや下の方で釣ったけれど、予想通り全く反応がありませぬ。
20170918 (1)

そのうちインレットの先行者さんが引きあげて行くところに出会い、お話を聞くとインレットも濁りあり小さめのサクラを1尾ばらしただけで反応が悪くて近隣の川に移動するとのこと。なぬぅ、インレットも厳しいのかぁ。だめもとでインレットに入ってみる。

最近の雨で流されてきたのかインレット左岸の湖面には大量の流木や木のゴミが散乱。
20170918 (2)

川底には足が沈みやすい新しい砂が堆積している場所があって、なんかインレットの開口部の位置も少しずれたような気がする・・・。
20170918 (3)

インレットの流れ込みには、今まではなかった流されてきたと思われる沈み木が出現。
流れがこの木にあったってほぼ終結している。
20170918 (4)

濁りは他の場所よりもまだましだけど、水温なんと12℃。
ウエーディングしていると足が寒い。
しかも絶賛浸水中。
いろんなスプーン、ミノーを流れにクロスで投げても全く反応なく、釣り始めてから時間だけが経過する。

あの手この手で、やっと直ダウンでリュウキMDFチャートを投げていると30cmくらいの虹鱒がヒットしたけどジャンプしてばれる。
その後はまた音沙汰なし。

あまりに反応が悪く、今日はボウズかと思い始めた頃、本日のヒットルアーに出会う。
シルバー、ゴールド、レッド、ピンク、ブラック、イエローすべてダメだったけど、やっぱり時代はグリーンですよ!
森の色も、虫の色も、小池百合子もグリーンですよ\(^o^)/

これを結んでインレットをクロスでスローリトリーブしたとたんに、ヒット!
30cm弱の虹鱒。
その後立て続けにニジマスやら、
201709018ニジ

アメマスやらがヒット!
一時は一投一匹だった。
そして赤やシルバーに変えてみると食わないから不思議(1匹だけはクルセイダー激アツ7g赤に食ったけどその一匹だけ)。
レッド崇拝主義のワタクシですが、ルアーカラーはすごく大事だと思った瞬間。
グリーンの時代が来てますなぁ。
20170918アメ

そんな感じで小さめのニジマスやアメマスさんと遊んでもらっていると、
8時45分に突然根がかりとも思える大きなあたり。
ほんとに根がかりかと思っていると、すごいトルクで潜っていったので慌てて追い合わせ!
巻いても巻いてもドラグが出る。強いっ。

ひとしきり暴れて潜ってドラグを出した相手は、
47cmのホウライマスでした。
20170918 (5)

この湖にはホウライマスも生息していて、過去にも何度かここで釣ったことがあり、実は今日も釣れていて4つ切りの写真に1匹小さいホウライマスが写っているのだけど、これは今までの最大サイズ。ホウライマスの引きは強いと言う人がいますが、確かにすばらしいファイト。
Wikipediaによれば、ホウライマスは「1965年愛知県水産試験場鳳来養魚場で発見された斑紋の無い突然変異のニジマスを選択交配し、1980年代までに品種として固定したニジマスの系統」で、北海道でも昔放流されたものが、現在も普通のニジマスに交じって一部の湖や川で自然繁殖しています。当初は稚魚数万匹の中にいた1匹の無班ニジマスが発見され、それを交雑して増やされてきたようですが、遺伝的に優性なようで、普通のニジマスと交雑すると70%が無班ニジマス(ホウライマス)になるそうです。
20170918 (6)

インレットでの反応が薄くなったため、昼食にラーメンを食べに行ってトイレ休憩。
13時30分からは1時間ばかり近郊の川に入ってみました。

川も増水していて水量が多く、また濁りがあって底が見えないため深いところと浅いところが分からず、遡行が難しくなっています。
行けそうな短い区間だけ無理して登ってみる。
20170918川 (1)

すぐに押しの強い流れの中から出てきたかわいい子。
強い流れで動けないので川の中でパチリ。
20170918川 (2)

写真のポイントで、アップクロスでスピナーを投げたらすぐに出てきた川での今日イチのニジマス。
20170918川 (3)

15時再びダム湖に戻りました。
ここまで今日は湖もずっとレイズスペクトラとコンプレックスCI4+でやってきて、レイズスペクトラが湖でも十分いけることが分かったので、気分を変えてここからは定番ロングロッドのカワセミラプソディ+ステラにタックル変更。
20170918 (7)

やはり流れが直撃するこの沈み木の手前や、沈み木の左右の流れの分散に向けてフルキャストし、グリーンのスプーンをスローリトリーブ。
何匹かの小虹に遊んでもらっていると、
15時30分、突然沈み木の左側でひったくられる。
ダウンの流れの力も加わって、固いカワセミが相当曲がって、魚も潜るのでドラグを出しながらこらえる。
20170918 (8)

お相手はなんとまたホウライマスでした!
ホウライは低水温では普通のニジマスより活性がいいのかな?
20170918 (9)

先ほどより1cm小さい46cm。
さっきのやつは友人が測ってくれたので計測写真がありません。
20170918 (10)

納竿。
立ち寄り湯でさっぱりして、運転手さんねむねむで途中45分位寝て、すき屋で牛丼を食べて23時過ぎに帰宅。
帰って荷物を降ろしていると、北海道に上陸した大型台風18号の雨がちょうどポツポツと降ってきた。

9月8日~17日の間に、ほんの短い時間の釣りを含めて10日間中8日間も釣りをした。
とても幸せなことだ。
釣行率80%。今までの人生で一番高い数値です。
時間的にも体力的にも、もうこんな数値は今後叩き出せないでしょう。

ついに今回釣行で1年以上こき使ったウエーダーが浸水。
いままでも右足だけやけに汗をかくなぁと見て見ないふりをしてきたけど、今回は明らかに浸水して見て見ぬふりはできなくなった。
かといって浸水場所を特定するのは面倒なので(風呂場でそんなことをやっていたら怒られるのが目に見えているので)、Green Cherokeeさんがやっていたウエーダー補強法で、浸水の穴も小さそうだし何とかふさがるのではと真似してみた。
ウエーダーがないと死活問題。ぜひふさがっておくれ~!
20170918ウエーダー


前半戦;
ロッド: TENRYU レイズスペクトラ RZS53LML
リール: コンプレックスCI4+2500HGS
ライン: バリバス スーパートラウトアドバンス サイトエディション 8LB(2号)
ルアー: スミスピュア5gグリーン クルセイダー激アツ7gイクラ ARスピナートラウトモデル3.5g 

後半戦;
ロッド: カワセミラプソディ TULN-722ML 
リール: ステラ2500+クロスベークデルタノブ(NSクラフト)
PE: よつあみ G-soul WX8 1号
リーダー: モーリス ストリームショックリーダー 8LB
ルアー: スミス ピュア5gグリーン

夏休み部隊レク2017~後編~阿寒川と富良野

フレッシュウオータールアー紀行
09 /13 2017
9月10日、14時30分にラビスタ阿寒川チェックイン。

その後、目の前の阿寒川。
曇り、水温17.2℃。
昨年10月頭に来た時より大幅に減水。

この日は初めてレイズスペクトラをデビューさせる予定。でも、CR区間は土日さんざん人が入ったからか、もともとそうなのか、減水のせいか分からないけど、ものすごくすれていて苦戦。
何とか入魂したいっ!

今年はミノーの反応がなんか悪いような気がしたけど、やっと1匹大きいのがかかった!と思ったらばらした。
今度はひとしきりスピナーで探ってみると17時すぎにやっとヒット!

バーブレスなのでテンションを絶対ゆるめないようにやりとりしてキャッチした45cm。
いじめられて片方のひれが痛んだ個体だけど、これでなんとかレイズスペクトラ入魂!
20170910阿寒

部屋に戻って温泉に入り夕食に舌鼓を打ってまた温泉。泥酔して就寝。
いつもの単独遠征では、だいたい部屋のユニットバスでシャワー浴びるか、余裕があれば日帰り温泉行くかで、夕食はラーメンかコンビニということが多いので、今回は贅沢ですなぁ。

9月11日、5時起床。 

この日はワタクシの独断プランニングで連泊にしたので、1日中釣りができる日。
心が躍るわい。

今日は朝食前に滝見橋までがんばって遡行して川を偵察しようと決めていた。
水温17.7℃。

こんな場所から、釣り上がって行く。
20170911阿寒渓相 (2)
どんどんどんどん♪どんどんどんどん♪  登ってゆく♪登ってゆく♪
20170911阿寒渓相 (3)
どんどんどんどん♪どんどんどんどん♪ 登っていく♪登っていく♪
20170911阿寒渓相 (4)
どんどんどんどん♪どんどんどんどん♪  一人きり♪一人きり♪
20170911阿寒渓相 (5)
どんどんどんどん♪どんどんどんどん♪  怖くなる♪怖くなる♪
20170911阿寒渓相 (6)
なんと川の両岸、いたるところから温泉がわいているところに到着。
20170911阿寒渓相 (7)
どんどんどんどん♪どんどんどんどん♪  湧いている♪湧いている♪
20170911阿寒渓相 (8)
川はだんだん山岳渓流っぽい渓相になっていく。
20170911阿寒渓相 (9)
上の方はいたるところに素晴らしいポイントが点在。
もっと上流に大きな魚の着いているのが見えたプールがあったけど攻略ならず。
20170911阿寒渓相 (10)
動物もたくさんいました。
20170911阿寒渓相

約二時間川を恐る恐る遡行しながら釣って、このあたりで朝食前にひとっ風呂浴びたいので時間切れ。
ノーチェイスで絶望しつつ、川を下って戻る。
しかし渓相は素晴らしくトレッキングだけでも価値あり。

朝食後、連日の寝不足と日頃の体力不足による疲れがたまって、部屋でちょとだけ昼寝をして、阿寒川リベンジ。
昼寝による体力回復が効いたのか、
10時50分、開始早々、こんな場所で。
20170912 (1)

スピナーを食ってきためちゃ体高の高い40UP。
20170912 (2)

11時30分、こんな場所で。
20170912 (3)

スピナーを食ってきたスリムさん。
20170912 (4)

こんな素敵すぎるポイントで、
Dコンタクト63タイプⅡを荒瀬にのせてドリフトさせていると、
12時50分ヒット!
20170912 (5)

今回釣行イチとなる魚が出ました。
20170912 (6)

素晴らしいプロポーションで、間違いなくミス夏休み決定!
水流の乗ってすごい引きだったけど、レイズスペクトラがパワー負けせず、教えてくれたMAKOTOさんに感謝!
20170912 (7)

53cm!もっとあるかと思ったけど、上出来です。
やっとミノーで釣れたけど、昨年来た時よりミノーの反応薄く、50mm以下のミノーやリュウキMDFなどのディープミノーにはまったくノーチェイス。
63~80mmのミノーには、他は何匹かばらしてしまいましたが、かけたり反応がありました。
20170912 (8)

その後しばらくはあたりもなく苦戦しましたが、
こんな場所でスピナーを投げていると15時ジャストくらいにヒット!
20170912 (9)

かなり走って、ドラグ出て何とか獲った美人な虹鱒50cm。
20170912 (10)

わーい、わーいと写真をとっていたら、
近くで釣りをしていた、憧れの茶路川をホームにされているという「釧路人さん」がご親切に写真を撮ってくださいました。
ありがとうございます!しかもブログにコメントまで嬉しかったです。これからもよろしくお願いします。
20170912 (11)


15時15分、立て続けに同じポイント、同じルアーの色違いでヒット!
この虹鱒もすごくひいてドラグがガンガンでましたがキャッチ。
20170912 (12)

川の中に得体のしれない生物がいたのでタモですくってみた。
外来種で北海道での繁殖が問題視されているウチダザリガニ(だと思う)。
TVで見たことはあるけど自然の川にいるのをはじめてみた。タモを尻尾のほうにおいて前からびっくりさせるとタモに入った!
20170912 (13)

その後もう1尾、小さなスプーンをU字ターンさせているとヒットし大きいのを獲りましたが写真を撮る前にお帰りになりました。

最後は昨日とほぼ同じ17時、スピナーをこんなところで流しているとヒット!
20170912 (14)

これにて帰館。
ミノーでのバラシが多かったけど、今日は大満足でもう言うことない。
20170912 (15)

ほぼ一日中やって足びっしょり、特に右足。
汗なのか、浸水なのか・・・びびる。
釣果と出会いに満足して、泥酔し就寝。

9月12日(火曜日)

 ラビスタ阿寒川泊で5時起床すると雨。
昨日満足して今日はやらなくていいかなと一瞬思ったけど、遊漁券もローソンで3日分買ってしまったし案の定カッパを着て朝まずめ行ってしまう。しかし昨日の朝まずめと同様に、何を投げてもどこで投げても全くのノーチェイス。
朝はお魚さんのご機嫌が悪い様子。昨日楽しめたからまあよしとする。

この日は観光と移動で19時に富良野のコテージ着。
雨が強く、日が暮れてからのチェックインになったので夕まずめの釣りはせず。どうせ雨だし。
今日ずっ~と雨だったから、泥が入って明日は釣りにならないだろうと心配になり、今日明るいうちに止水の色だけでも見るべきだったと後悔しつつ泥酔し就寝。

5時に起きて止水。
昨年7月に大きいのをばらした場所で、ここは恐らく今釣行一番の大物が期待できるような気がするところ。
時期の問題もあるのか昨年にきた時より5meterくらい減水。
昨日の雨で濁りがかなり強く、止水の上の方は泥濁りの茶色。
水際のぬかるみが半端なくて、すべって転びそうになり、朝方にインレットに行こうとしてぬかるみにはまり、ころんでウエーダーどころか上着まで泥だらけになる。Blakistonもステラ2500も泥だらけになり、これ以上進んだら泥から出れなくなるかもしれない、こんな泥にはまっているところを熊に襲われたら逃げもできない、と恐怖に襲われインレット到達は諦めて撤退。
20170913(2).jpg

濁りがましな止水の下の方で釣っていると、9時頃、以前から拝読させていただきこっそりブログのフォローもさせていただいているブログ「にじます君号がゆく」をされている裸ん坊将軍様との嬉しい出会いがあり感動する。将軍様は70UPとか60UPとか、モンスターを釣りまくっているすごい殿方なのです。
将軍様の雄姿が写真のどこかにうつっています。
水温15.8℃
スプーンでいちど小さいあたり。シャローをスプーンで探るが反応薄く、深いところを見つけてジグで探るが一度あたりのようなのあっただけ。この出会いをもってボウズでも良しとする。
20170913(1).jpg

9月13日
 眠さのピークの乗り越えて、18時帰宅!
釣り三昧の夏休みでした。ありがとう母君!


ちなみにこれを書いているのは9月18日の深夜。
やっと夏休みの更新が終わると思ったら、
昨日もうっかり日帰りで釣りに行ってしまった。
ついさっき帰宅。
またブログ更新しなければ・・・・(笑)


ロッド: TENRYU レイズスペクトラ RZS53LML
リール: コンプレックスCI4+2500HGS
ライン: バリバス スーパートラウトアドバンス サイトエディション 8LB(2号)
ルアー: Dコンタクト63タイプⅡ スピアヘッドリュウキ80S, 70S MIU4.2g  ARスビナートラウトモデル3.5g

夏休み部隊レク2017~中編~札内川の虹鱒

フレッシュウオータールアー紀行
09 /10 2017
 
ひとっプロ入ってから、朝食を食べて、十勝川温泉第一ホテルを10時にチェックアウト。
14時、中札内農村休暇村 フェーリエンドルフチェックイン。
 
その後は、札内川中流でスピナーでニジマス狙い。

まずは今年の7月来た時に比べて著しい渇水でびびりました。

どのくらい渇水かというと、

たとえば7月に撮った写真のこの場所は流れも水もなくなって消滅。
20170701 (3)

7月は本流のように思われた力強く渡河もできなかった太い流れは、
ええっ? こんなちょろちょろに・・。
20170909札内 (9)

下の方でそのちょろちょろも川底に消え失せてるし。
数メートルの幅にわたって川底だったらしき痕跡が石にありました。
20170909札内 (10)

前回分流だと思っていた方の流れだけが辛うじて勢い弱く流れていました。
20170909札内 (4)

7月に満々と水をたたえていたプールも、今回は大分しょぼくなっているし。
20170909札内 (7)

川全体の水量はこんな感じでした。
20170909札内 (1)

てか浅っさ(>_<) 水少ない~。
20170909札内 (8)

これは今回は大物は期待できないでしょう。
まあ、めげずにやりますべ。
気温21℃、水温20.2℃。 

それでもこんなちょっとした深みに、魚は果敢に生きている。
というか集まっている。
反応自体は悪くない。
20170909札内 (2)

結果は、途中から数えるのも写真を撮るのもやめたけど、
写真撮っただけでも、小さいのばかり20匹以上。
20170909札内川魚1
20170909魚2
20170909魚3
20170909魚4

今回も数は出ましたが、7月のような型は出ず、本当に小さいのばかり。
最大でもこのくらいでした。
20170909札内 (6)

日暮れとともに帰宅して、夜更けまでバーベキューしながら泥酔し就寝。
今回はグランピングコテージに宿泊したため、快適な屋根付きテラスでバーベキューをして過ごせました。
20170909グランピング

翌9月10日は、4時40分起床したけれどけっこうな雨。
渇水だったし、雨だし、川に行くか悩むが行ってしまった。
気温12℃でTシャツにカッパだと寒い。

向かった先は、
7月に釣れそうだけど釣れなかった、水が多く途中からは遡行できなかったピョウタンの滝の下流。
20170909札内 (11)

水温17℃で、下流よりは大分水量はましだけれど、ここも7月よりはだいぶ少ない。
こんなところを、対岸ぎりぎりにミノーとスピナーを投げつつ登りましたが出ませんでした。
20170909札内 (12)

こんなところも魚の反応は乏しい。
20170909札内 (14)

やっとこ、この子に遊んでもらえた。
相手はいい迷惑だろうけど・・ありがとう。
20170909札内 (13)

この辺りも渋いですねぇ。
20170909札内 (15)

その後昨日入った渇水部にまた移動してみる。
寒いからか、雨のせいか、水温が16.2℃と急降下していた。
昨日の反応が嘘のように虹鱒の活性が悪くて、ヤマメ数尾のみでした。

早々にコテージに戻り、朝食バーベキューの火をおこして、テラスで朝食。
今日は雨だけど屋根があるので快適です。

11時チェックアウトし、今日は阿寒に向かいます。

ロッド: ANGLERS REPUBLIC レラカムイ 53UL
リール: レアニウム2500S+クロスベーク平ノブ(NSクラフト)
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー: ARスピナートラウトモデル3.5g

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。
ちなみに年はアラフォーを超えた40UPです(^.^)/~~~