2月23日 大物リベンジ、成功?失敗?

フレッシュウオータールアー紀行
02 /23 2018
2月23日

金曜の午後、先日大きなニジマスを取り込み直前にばらした場所にリベンジに出かけた。

今日は久々かなり暖かく気温3℃。

なんとなく小春日和で心が浮き立つ。

膝まである雪原を埋まりながら歩く歩く。

これは体力勝負だなぁ。
20180223(1).jpg

ポイントに到着。

先日水温3.2℃だったような気がしたけど、今日は6.0℃。

でもスプーンを投げてもスピナーを投げても無反応。

したらばボトムノックスイマーⅡに変更。

フルキャストしてダートさせていると突然糸が走る! 鬼あわせっ!! のった!

右に左に走る走る。

取り込んだのは良いサイズのメスニジ(メジャー忘れて計測できず)。

大満足の1尾。
20180223(3).jpg

これだけ見るとリベンジ成功だねっ、って思いますよね・・。

でも実は、、、

今日ボトムノックで(たぶん)もっと大きいニジを衝撃の4バラシだったんです。

1回目は、思いきり走ってフックアウト。
2回目は、ひったくって思いきり左に走ってバシャバシャ、テンションゆるんだからばれたかー、と思ったら右に走っていて、慌てて巻いたらぐいぐい引っ張られてルアーの結合部でラインブレイク。
3回目は、ひったくられた瞬間にかなり大きいのが左に走って低いジャンプ、その直後にルアー結合部でラインブレイク。
4回目は、あわせた瞬間にルアー結合部でラインブレイク。

ボトムノック消耗3個。

今日はボトムノックが大活躍。

ダートでもタダ巻きでも食ってきた。

ルアーなくしてしまったのは存分にやりとりを楽しんだし仕方ないとして、ニジさんから無事ルアーがとれるか心配。

あー失敗したなー。

ロッドが固いのでドラグをもっと緩くしておけばよかった。

ルアーの結束方法、ハングズマンノットでやってるけど、見直さないといけない。

だからリベンジは失敗ともいえる。

尾崎豊の「Forget-me-not」を延々リピートして聞きながら帰宅。

帰りはめっちゃ吹雪いていてホワイトアウト寸前だった…。

ロッド: メジャークラフト ネクスティーノ 522L
リール: レアニウムCI4+2500S
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー: ボトムノックスイマー3.2g

2月11日 大物いたっ!

フレッシュウオータールアー紀行
02 /11 2018
2月10日の夜、夜中に職場で仕事をしていると、Green Cherokeeさんからメールがあり、札幌在住時に通った冬のママチ川を懐かしんでネットで写真検索をしているという。

これはフレッシュな真冬のママチ川の写真をお届けせねばなるまい、と思い2月11日仕事あけ、やや眠かったがママチ川へ釣行。
そんなわけで今回はやや景色の写真が多めです。

こんな林道をひとしきり走ってサケマス孵化場まで行きましたが、さすが人気河川、先行者の車あり。
20180211 (5)

戻って孵化場の下流のこんな場所、1台だけ車が止められる駐車スペースに車を止めて入渓。
20180211 (6)

ポイントによって、スプーンとスピナーを変えて投げ続けて遡行していきました。
20180211 (7)

ほんと気持ちのいい川で、どんどん日ごろの疲れがとれていくのを感じます。
20180211 (8)

登って行くごとに、そこかしこに良いポイントがあるのですが、反応なし。
まあ気持ちが良いからいっか。
20180211 (9)

こんな魚がいそうなところがあちこちにあります。
20180211 (10)

なんかプルプル言ってると思ったらちっこいヤマメ。
小さいけど、いつもファーストフィッシュは嬉しい(*^_^*)
20180211 (11)

倒木が多く、どんどんまたいで超えて遡行していきます。
20180211 (12)

小さいポイントを細かく打っていると、
小さいけどやっとブラウントラウトの顔がみれましたー。
20180211 (13)

その後もどんどん登って、
20180211 (14)

約1時間半でサケマス孵化場に到着。
林道を徒歩で下って車まで戻ります。
気持ちいいー。
20180211.jpg

時間は13時。
さてどうしよう。
まだ冬のHomeリバーは時期尚早だしなぁ。
考えた末、ちょっと遠くまで1時間ほどドライブをして、過去2回ほど入渓したけど未だノーフィッシュな場所へ。
そこは本流と支流の合流点。
絶対に魚が付きそうな場所。
広くてルアーをフルキャストできるところ。遠いけど・・。

こんな雪原をかき分けて入っていきますのよ。
雪に埋まりながら前に進むのはけっこう体力を使います。
20180211 (15)

何もない雪原で、雄鹿に出会って、お互いにびっくりしたりしながら、
やっと付きましたー。
気温-4℃。水温3.2度。
20180211 (16)

右から合流する支流の流れのある直下を3gのスプーン(Develop shell )でしつこく探りますが反応なし。
絶対いそうなんだけどなー・・。

諦めかけたけど、スピナーに変えて、今度は左手の流れの少ないプール状のところを責めてみる。
フルキャストで対岸ぎりぎりを探っていると、20投目位で、糸が走る!

やっぱりいたーーー!!いたーーー!!!
しかもでかいーーー!
左右に走って久々ドラグが出る!!かなーり、でるでる!

楽しいよー。
水温低いのに2回連続ジャンプ!
でかいよぉー。ゴーマルくらいあるんじゃないかな。
埋まりながら雪原をかき分けてきてよかった・・。

やっと目の前まで寄せて、目の前には大きなメスニジ、タモに入りきるかなぁ?、
今日はいい写真が撮れるなー、なんて頭の中ニヨニヨしながら、しょっていたタモをはずして、
浮いてきた魚を取り込もうとしたけど、雪原の足場が悪くって取り込みをちょと躊躇した瞬間、
まさかのフックアウト!!!
まさに痛恨!
これぞ痛恨(>_<)。

でもやりとり楽しかったなぁ。
今思い出してもニヤニヤしちゃいます。
またいこう!!
またきっと素敵な魚に出会えるだろう♪
それがまた釣りに行くモチベーションの原動力になります。

ロッド: メジャークラフト ネクスティーノ 522L
リール: レアニウムCI4+2500S
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー: ARスピナートラウトモデル3.5g

【今日の一首】
光さし
暗い雪原
輝いて
舞う風花に
心奪わる

2月3日 また新規河川

フレッシュウオータールアー紀行
02 /03 2018
こんばんは。

この記事は2月11日にUPしています。

できるだけリアルタイムのブログ更新を心がけていたのですが、ここ1週間は仕事(やゲーム)が忙しく、
UPが遅れてしまいました。

新規河川なのに、もう1週間がたってしまいすでに水温も忘れてしまった…。
確か水温4~5℃くらいだったような・・。
入渓はしやすく、少なくともここは流氷は流れていませんでした。
20180203 (2)

中流は遡行しやすい川でしたが、途中から深みありそれ以上遡行できず引き返しました。
20180203 (3)

中流、上流と偵察しましたが生命反応なし。
時期が暮れば、遡上してくる子がいそうな雰囲気です。
20180203(4).jpg

帰り際に、小河川の深みでボトムノックを投げていると、35cm位の虹がかかりましたが、
とりこみでばらしてしまいました~。

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管理釣り場のフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

北海道の魅力はあちこちの河川や湖沼で野生化したトラウトが自然繁殖していることで、ワイルドトラウトを週末のちょい釣りで楽しめます♪

北海道初心者でみなさまいろいろ教えてください。
こちらアラフォーの40UP♂です(^.^)/