9月21日~22日 プチ遠征 前編(止水)

Fresh Water Lure紀行
09 /22 2018
かなり久々の小遠征から帰ってきて、ブログでも書こうかと開いたけど、眠いです。
書くのをやめて寝ようと思ったけど、時間がたつと余計面倒になるから、がんばって前半だけ書いちゃおう。。。

9月21日金曜日

翌日が北海道を含めて全国的に雨予報だったので、ギリギリまで行くかどうか迷ったけど、なかなか行ける機会もないので、仕事を終えて雨覚悟で13時頃行くことを決意。

16時過ぎ止水に到着。
20180921-1(1).jpg

気温11℃、水温12.4℃。
秋になり日暮れが早くなったので、残り時間は1時間30分くらいしかない。

あれ、インレットの流れ込みの川筋がまた変わっている。
昨年は中央に流れ込んでいたのに二股に分かれて左右に流れ込んでいる。
左側は浅かったのと足が砂に埋まったので、右側の流れ込み付近を狙いました。
20180921-1(4).jpg

こんな川が流れ込んでいます。
今回の止水ではいろんな種類のスプーンを投げ倒しました。
20180921-1(2).jpg

BUX3.8gで早速ヒット!
20180921-1(3).jpg

しかしその後はあたりが遠のいて、時間もないので早々にインレットを見切って移動。

今度は浅瀬に立ちこんで、かけ上がりを狙います。
したらピュア日本アワビでいいサイズがヒット!
20180921-1(5).jpg

もうこれで今日は満足だと思った矢先、目の前で羽が黒色い中型のカゲロウがけっこうハッチ。
それに伴ってあちこちでライズが発生。

ヒットが続き、いろんなルアーを投げてけっこういいサイズ2匹を含めてかなりかけましたが、キャッチしたのの2倍くらいばらしました・・・。カゲロウのハッチ中はカラーは黒が良かったような…。
20180921-1(7).jpg

ハッチ中にかかったグッドサイズのホウライマス(無半ニジマス)。
ホウライマスのことについては以前こちらに書きました。
ホウライマスはやっぱりファイトが強くて楽しい。
20180921-1(8).jpg

暗くなってからもけっこう釣りました。
DEVELOP Shell黒でもそこそこかけたけど、全部ばらしてしまった。
20180921-1(9).jpg

ずいぶんばらしたけど、初日1時間半の釣りにしては大分楽しめました。

翌日の朝もインレットから。
気温9℃。小雨で時々雨脚が強まる。
シャツ1枚にカッパの格好だったので寒い。
20180921-1(10).jpg

BUXでヒット。
しかしその後が続かない。
20180921-1(11).jpg

こういう時はD-modeを使ってみる。
D-modeの超スローリトリーブ&フォールでヒット。
20180921-1(12).jpg

これもD-mode。
20180921-1(13).jpg

今釣行1匹だけ釣れた貴重なアメマスもD-mode。
20180921-1(15).jpg

しかしこの日はあまりに渋い。夕マズメのほうがいいのかな。。
スピナーも投げてみた。
20180921-1(17).jpg

昨日より全然渋いし、雨で寒いので、10時に止水を撤退。
近隣河川へ移動開始しました。

後編(小河川)に続きます。

ロッド: D-3 Custom Lure'S Blakiston 706ML
リール: ステラ2500+クロスベークデルタノブ(NSクラフト)
PE: よつあみ G-soul WX8 1号
リーダー: VARIVAS トラウトショックリーダーフロロ  8LB
ルアー: Smith ピュア
     Smith ドロップダイヤ5.5g
      Angler'z System BUX 6.5g 3.8g
       FIELDHUNTER DEVELOP Shell 7g
      Kingfisher D-mode 4g

9月14日 隙間時間の豊平川ニジマス

Fresh Water Lure紀行
09 /14 2018
9月14日金曜日

仕事帰りに中島公園に用事があったので、用事を済ませてから1時間ほど、すぐ近くの豊平川を偵察してきました。

近すぎて釣れないと勝手に思い込んでいたけど、jetpapaさんGreen Cherokeeさんが、関東からの出張ついでにちょい釣りでサクサクと釣っているので、どんなもんだろうと興味があったのです。
ブログを見返すと豊平川で釣りをするのは、2016年10月にブラウンと小ニジマスが釣れた時と2017年6月ヤマメが釣れた時以来のようです。

今日は車を止めやすい山鼻川の合流の上流地点。
下流に見える写真左奥から流れ込む山鼻川は、なぜかめちゃ水量が多く泥濁りです。
20180914(1).jpg

豊平川の水のほうも、地震の前の台風の影響なのか、笹濁りより強い濁りが入っていました。
20180914(5).jpg

まずは目の前のこんな変哲もない流れ。
BUX3.6gをフルキャストして、あまり変化のない流れの中でも、若干変化がありそうな対岸寄りの沈み石の裏の流れを狙いました。
20180914(2).jpg

一投目。
あれ??
きた。
ウグイにしてはよく引くな…。
やったー! 小さいけど、ニジマスでした。
20180914(3).jpg

三投目。
全く同じ場所で、、あれっ、またきた。
同じようなヒキで、同じようなサイズのニジマス。
20180914(4).jpg

開始10分足らずで2尾をキャッチし、「なんだ豊平川ニジマス釣れんじゃーん!」なんて浮足立った矢先に、立ち込めない場所でヒットカラーのルアーをロスト。最近ボートフィッシングばっかりで、根掛かりしてもボートで反対方向に漕いで行って引っ張ると回収できることが多く、とんとルアーをロストしていなかったので久々のロストです。

せっかくなので期待を込めて40分ほど遡行してみました。

あれー?
しかし立て続けに2尾釣れたのが嘘のように沈黙。
ヒットルアーの黒赤カラーでないからか、上流の活性が悪いのか、魚がいないのか、わかりませんでした。
夏の定番の瀬でも、秋の定番の落ち込みでも、淵でも反応がありませぬ。
20180914(6).jpg

川の中を歩いて大きな橋の下を越えたちょっと上流付近。
さっきのところより断然魚がついていそうなんだけどなぁー。
20180914(7).jpg

おかしいなぁー。
20180914(8).jpg

他にも見てみたいポイントはあったけど、深追いする時間もなかったので、1時間で早々に撤退しました。
いいときに来たら豊平川も面白そうだと、今後に期待です。

平常に戻った今だけど防災意識を忘れないうちに、ブログでコメントいただいたり、直接教えていただいたり、ネットを調べたりしたことを参考に、災害への備えのお買い物(散財)をしました。
アマゾンや楽天などの通信販売も早々に回復したので、
キャンプや釣りにも使えるかもと遊軍活動費(お小遣い)にてアマゾンで以下を購入。
・Suaoki ポータブル電源 S270 40540mAh/150Wh 家庭用蓄電池 ¥ 13,280
・EC Technology 22400mAh モバイルバッテリー ¥ 3,099
・Anker PowerCore Speed 10000 QC (10000mAhモバイルバッテリー) ¥ 2,999
・KEDRON モバイルバッテリー ソーラーチャージャー 24000mAh ¥ 2,880

こちらは部隊での災害の備えにと部隊活動費にて楽天で購入。
・BeryKoKo 600ルーメン / 300ルーメン 高輝度・長時間発光 LEDランタン(125時間使用可)¥ 4,980
・イワタニ カセットコンロ スーパー達人スリム CB-SS-1 ¥2,905
・イワタニ カセットガスストーブ マイ暖 CB-CGS-PTB ¥ 8,704
・ガスボンベ、単一電池、単三電池

防災用品の多くがアウトドア用品に通じているなぁ。

渓流や止水にも行きたいけど、もしも大きな余震が来て崖崩れなどに巻き込まれると周囲に迷惑をかけるので、2週間は控えるつもりです。まあどうせ今日(UPは9月16日)も仕事だし、行けないけど。。

ロッド: TENRYU レイズスペクトラ RZS53LML
リール: コンプレックスCI4+2500HGS
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー: Angler'z System BUX 3.8g

9月1日 湖と渓流のニジマス

Fresh Water Lure紀行
09 /01 2018
9月1日土曜日

もうあっという間に9月だ。

気温15℃と肌寒く、家を出ると峠から雨と霧。
盛夏には日の出が4時頃だったのですが、今は遅くなって5時。
途中で日の出時刻を迎えますが、どんより暗いです。
20180901(0).jpg

天気予報の嘘つき~。
曇りのち晴れって言ってたのに~。
でも最近の天気予報の精度のすばらしさを信じて、晴れるだろうと現地に向かいます。

着きました。
前回来た時よりさらに1mほど減水しています。
陸地が増えましたが、先日まで湖底だったためまだドロドロです。
20180901湖(1)

えっちらほっちらボートを準備。
けっこう寒いけど、暑いよりは好きな気候。水温19℃。
んでは出航します。
20180901湖(2)

減水してバックウォーターは普通の小河川になってます。
へぇーこんな地形になってたのか。
バックウォーター付近は浅くなっていて今日は魚影なし。
20180901湖(3)

今日の湖水は全面ほぼクリアから笹濁りで問題なし。
はじめは赤系のBUXでスタート。
比較的浅いところで、ちょこちょこ当たりがあるけれど乗らない。
ウグイかな。。
20180901湖(4)

7:03 小さいけどやっとファーストフィッシュ。
20180901湖(5)

減水していて、陸が増えているので休憩しやすい。
今度は釣ったことのなかった写真の左奥の岸際を目指す。
20180901湖(14)

8:02 スローリトリーブしていたルアーがひったくられロッドがしなる。
魚が引くと少しボートが魚のほうに寄るのでドラグは出ないけれど、かなり下に下に潜って突っ込む。
いいヒキだ。
キャッチ!いい魚だ。
20180901湖(7)

同じ魚です。
20180901湖(8)

さらに下流のワンド出口付近。
20180901湖(11)

8:35 もう一尾追加。
20180901湖(10)

途中で休憩しながら、今日は遠くて行ったことのなかったところをあちこちうろうろしてみる。
20180901湖(12)

9:28 あたりが遠のく中、小さいのがヒット。
20180901湖(13)

9:43 いいあたり。
かかってからすごい勢いで手前に走ったので、ラインテンションが抜けてばれたかと思ったけど、ばれずにキャッチ。
20180901湖(15)

綺麗なニジマス。
20180901湖(16)

その後はとんとあたりがなくなり、小さいの1尾を追加しただけでボートを撤収。
20180901湖(17)

晴れてきて、ボートがよく乾くので撤収には最適だ。
20180901湖(18)

帰えりがけに久々にイワナを釣ろうと、以前イワナがけっこう釣れた川に寄り道。
20180901川 (1)

リュウキ50Sを投げても全然反応がない。
あれっいないのか?とあきらめモード。
20180901川 (2)

ミノーから小さいスプーンに変更。
3gのスプーンをキャストして、ドリフトさせながらリトリーブすると、なんとミノーを何度も投げた同じポイントで1投目にヒット。
走る走る。かなりいい引きするイワナだな、、、
姿がちょっと見えたときは、ずいぶん良い型のイワナだな、、、
・・・・と思ったらニジマスでした。
それはそれでうれしい。
20180901川(3)

下流でヤマメの餌釣りをしている2人のおじさまとだべってから撤退。

ロッド: TENRYU レイズスペクトラ RZS53LML
リール: ストラディック2500HGS+クロスベーク丸ノブ(NSクラフト)
PE: DUEL Armored F+ Pro 0.8号
リーダー: VARIVAS トラウトショックリーダーフロロ  8LB
ルアー: Angler'z System BUX 6.5g

ロッド: TENRYU レイズスペクトラ RZS53LML
リール: コンプレックスCI4+2500HGS
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー: FIELDHUNTER DEVELOP Shell 3g

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りがメインで、トラウトは管理釣り場のフライフィッシングばかりでしたが、最近はトラウトルアーの勉強中です。

北海道の魅力は大都市の札幌近郊でも山奥でも、いたるところの河川や湖沼で野生化したワイルドトラウトが自然繁殖していることです。

仕事の合間の時間を見つけては、週末のちょい釣りトラウトを楽しんでいます♪


まだまだ北海道初心者ですのでみなさまいろいろ教えてください。
アラフォーの40UP♂です(^.^)/