4月7日 今季フライで初釣果!

フレッシュウオーターフライ紀行
04 /07 2017
こんばんは!

明日も仕事なので、今日は数年ぶりの有給をとって、今週も川に行ってきました。

先週ボトムノックスイマーをシングルフック化したものの、ルアーの動きが悪くなり、結局乗りも悪く失敗。

今回は反省を生かして改良しました。

もともとシングルフックで発売されている「ボトムノックスイマーエリア」(ボトムノックより1g軽い2.2g)の仕様を参考にして、
スプリットリングを2連結にし、
そこにスイミングタイプのシュアーフックWトラウト3G(ミノー用タテアイでない通常の)フックを装着。

どうかな~、これでかかってくれるかな~。
20170407material2.jpg

連日の疲れをもろともせず、6時30分に起床。
8時20分現地着。
気温8℃。水温9.6℃。

まず、ちょいとミノーを投げるが無反応。
シングル化したピンク色のボトムノックを投入。
見えるところで動かすと前回よりはフックを含めた全体の動きがましな印象。

アップでのダートを繰り返していると、
8時40分頃早々にラインがひったくられて、
まずまずサイズがヒット!
かかってしまえば、シングル化したフックは強度に心配ないので、やや強引に取り込み。
幼い顔つきだが、41cmの虹鱒のメス。
太ってますね~!

写真2枚。
20170407828-1.jpg

シングルフックをしっかりくわえています。
ひとまずボトムノックのシングルフック化成功か?
もう一匹くらい釣らないとわかんないな。
20170407828-2.jpg

少し場所を変えやはりボトムノックをちょんちょんさせると、
その10分後に、またきました。
でかい!と思ったけど50UPはならず。
45cmの虹鱒のメス。
太っているしいいサイズ、ジャンプもしてナイスファイトでした。
水温が上がり最近ニジマスがジャンプするようになったのです。

写真3枚。
201704070838 -1

それっぽく撮ってみる。
201704070838 -2

同じピンクのボトムノックで釣ったので、
「さっきの41cmと同じ魚の写真じゃん」と突っ込みたくなるかとは思いますが、
よーく見てください。
シングルフックの刺さり方の向きが違います。
201704070838-3.jpg

ボトムノックのシングルフック化は当面成功したと判断し、
少し場所を変えて、ミノーに変更。

9時10分、スピアヘッドリュウキ50S赤腹ヤマメをアップでキャストし、
ただ巻きすると、
30cm強の虹鱒のメス。
小ぶりながら太っていた。

写真2枚。
201704070910-1.jpg

リリース後、
しばし浅瀬にステイして疲れを癒しているところをパチリ。
201704070910-2

この3匹で休憩。
今まで偵察したかったけど行けていなかったところ、半径30km圏内くらいでドライブがてら偵察に行きました。
もうだいぶフキノトウも大きくなっています。
天ぷらにしたら美味しそう。
201704071013.jpg

なかなか良いところはない。
正午すぎ、なんか良さそうなところを発見。
水深は浅いけど隠れ家があり、いるかもしれない。
風は強いが、気温は暖かく、水温10.8度。

最後にミノーで釣りたかったので、
スピアヘッドリュウキ50S本流ベイトを思いきりアップで浅瀬にキャスト。
ほぼただ巻きで、少しだけトゥイッチすると、急にひったくられる。
こんな浅い所にもいたのか!

何度かジャンプされるが無事にランディング。
45cmの虹鱒のオス。

写真3枚。
201704071152-1.jpg

こんな浅いところにもいるんですねぇ。
アングルを変えてパシャリ。
201704071152 -2

体高も高く、良い型で大満足。

これにて今日のルアーは思い切って終了。

ミノーでも釣れたし、
ボトムノックのシングルフック化もまずまずの成功をおさめ一安心。
201704071152 -3

午後は今日こそやろうと思っていたフライフィッシング!
今季何度か数年ぶりのフライを試みたけど、フライではノーフィッシュだったので、
今日こそはと準備してきたのだ。
使っているルアーロッドの数倍の長さのある長い6番ロッドを持参。
レイクレジーナやバラギ湖などの管理釣り場の経験から、
万一大物がかかると大体ティペット結合部で切れるため、ティペットなしでリーダー4Xにフライ直結。

良さそうな場所で、ボケーとしばらく水面を見ていると、
なんと木陰でライズしているやつを発見!
こんな時期に?
小さい虫は飛んでいるけど、水面には虫が流下している様子はない。
ミッジ食べてんのか?

何を食べているかわからないけど、とにかくライズしてる!
ライズに燃え、数年ぶりにドライで釣りたかったけど、風が強すぎてキャストが定まらず断念。
そこでウエット、ソフトハックルをダウンで流して、ちょんちょんしてみるが無反応。

ニンフに交換してみる。
時間は13時30分。

浅瀬が深みに続いて、かけ上がりになっているようなところに真横からキャスト。
10投以上投げて、もうここには魚はいないかと思ったその時、
浅瀬に落ちたニンフが流れに乗って深みに続くかけあがりへと落ちたその時、
ラインが止まる。

えっまさかね!?
と思いながら、疑心暗鬼ですかさずあわせると、
ヒット!
マジか!

いきなり対岸に走ったかと思ったら、深みにステイして動かない。
ロッドをしならせこらえると、今度は手前に走り2回ジャンプ!
楽しい~!
管理釣り場以来久々のフライでの大物、フライでのやりとり思い出した。
独特のフライロッドのこの感覚、めちゃ楽しい。

フライロッドでのやりとりを楽しみすぎて、めちゃ大物ではと思ったら40cm(水中で測り39cmちょい)。
でも上出来だ~。
嬉しかったので写真4枚。
201704071354-1

綺麗な虹鱒のオス。
アップでも。
201704071354-2.jpg

ニンフをしっかりくわえてます。
201704071354-3.jpg

こんなニンフを食いました。
ストマックはニンフとサケ稚魚なのかな?
201704071354-4.jpg

1匹釣れると、釣り人は都合のいいもので、
なんかニンフは釣れる気分がしてきて、
めぼしいポイントに、
風にめげそうになりながらもニンフを繰り返し打って行きます。

14時20分、同じようなかけあがりで、今度は突然ラインが走ります。
今度は迷わず、すかさずあわせ。

すぐにジャンプ!
見るからにでかい。
走る走る。
ばれるなよ~!

6番ロッドがしなる。
ロッドは長くて扱いずらいけど、やはりフライロッドでのやりとりは楽しい!
かなり長いことやりとりして、
なんとかタモにおさめる。

写真ではさっきのやつのほうがでかくみえるけど、
実はこっちの方が大きくて45cmありました。
僕のフライフィッシングでの最高記録です。
201704071418-1.jpg

あれ写真だとあまり大きく見えないなぁ。
でも嬉しい!
しっかりニンフくわえてます。
201704071418-2.jpg

ありがとう。
See you again!(*^-')/~
201704071418-3.jpg

今日の大活躍ニンフ。
ドライフライとソフトハックルしかタイイングしたことないので、大昔買ったやつ。
#14番くらい?名前は不明。
20170407material1.jpg

明日~明後日は仕事なので、今週の釣りはこれにて終了。
明るいうちに帰宅し、早めに飲んで明日に備えます。

ロッド: カーディフ NX S37L
リール: ステラ2500+クロスベークデルタノブ(NSクラフト)
PE: よつあみ G-soul WX8 16lb
リーダー: モーリス ストリームショックリーダー 8LB
ルアー: スミス ボトムノックスイマーII 3.2g
DUO スピアヘッドリュウキ45S&50S

フライロッド: VISION 6番ロッド
リーダー: 4X直結
フライ: ニンフ    

6月28日 千歳のダム湖

フレッシュウオーターフライ紀行
06 /28 2015

2015628千歳1

ドライフライで虹鱒40㎝弱。

2015628千歳2


エルクヘアカディスブラウン。黒系~茶系が良い。

ルアーに反応なくて、フライするとドライに食いつく。

日中でも時々ドライにでるから面白い。

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。
ちなみに年はアラフォーを超えた40UPです(^.^)/~~~