7月7日~8日 ショアブリ時々トラウト。

ソルトウオータールアー紀行
07 /08 2017
毎日とても暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

こちらは北海道といえど日中30℃越え、夜は少し気温下がりますが蒸し暑く、自宅にクーラーがないので寝苦しい日が続いています。なんでも7月上旬に札幌で3日も真夏日が続くのは、125年ぶりのことらしい。

これをUPしているのは7月9日ですが、今日は暑いなか仁木でサクランボ狩りをしてきました。

フルーツ公園のロングローラー滑り台を尻ボードなしで滑ったら、尻が発熱し尻の皮がむけて帰りの鶴亀温泉で激痛にあったやまねったです。

さらに、昨日までの釣行で、左足をくじき、左腕はイソヌカカに刺され、右腕は久々のショアジギングで筋肉痛という満身創痍です。

さて、今回は金曜の夕方から土曜日にかけて、珍しく海メインで釣行してきました。

海釣り専門の友人が最近ショアで大きなブリを立て続けに2本とっているので、大きいブリがかかったらやりとりが楽しそうだと、海もやる川釣り仲間と一緒に海に浮気して磯ショアブリです。

午前中の仕事を終えて、向かう目的地は寿都の弁慶岬。
約3時間30分のドライブです。

すでに2人がロッドを振っています。
ですが、、あれっ予想していたより釣り人が少ないなぁ。
20170708寿都 (2)

磯に降りるとこんな感じです。

磯に下りる途中にある無数の足元の小さな岩がでこぼこしており、あまり足元を見ていなかったら左足をグギッと捻挫してしまいました。
いきなり足が痛い…・。
20170708寿都 (3)

皆さんこんな感じでジグを遠投しています。
それにしても暑い…。
20170708寿都 (4)

うねりがあり、時々来る大波をかぶるので要注意。
あと、磯にすごく小さなイソヌカカ(ブヨ)が無数にいて、油断すると肌の露出部にとまって気付かないうちに刺されるので虫よけは必携。
20170708寿都 (5)

んで結果は。。
16時30分~18時30分の2時間40-65gのジグを投げ続けましたが、
あたりもなく惨敗です。
翌日朝まずめにかけます。
20170708寿都 (6)

道の駅みなとま~れ寿都近くにあるダイマル大谷会館泊。
寿都ははじめての宿泊です。
2名1室2食付きで1人8100円、部屋は広くないですが館内はモダンかつ綺麗で、食事も美味しかったです。
20170708夕食


翌日は3時30分起床。
4時過ぎには磯に降り立ちますが、すでに1名の先行者あり。
こんな早くから好きですねぇ。(オマエもな!)
20170708寿都 (8)

潮が満ちていたこともあり、昨日より、しばしば足元を水がさらい、時々頭まで波をかぶります。
フローティングミノー、ジグミノー、ジグを投げ続けますが、今日も全く異常なし!
かかれば間違いなく大物ですが、その一匹と出会えず、今回は海坊主です。

最終8時30分からの朝食に間に合うように、7時30分撤収。
暑さも半端なく、朝食時刻の撤収は体力的にも丁度よい。

シャワーを浴びて塩と汗を流してから美味しく朝食をいただく。

さてチェックアウト後はどうしよう。

これから日中はブリの回遊も期待薄だし・・・ということで、
比較的近距離で帰り路も遠くならないニセコ方面の川に行くことにしました。
20170708寿都 (9)

ニセコと言えば尻別川水系。
でも実は尻別川水系ってポイント全然知らないんです。
良く行かれているアマちゃんさんに教えを請えば、穴場ポイントを教えてくださるような気もしましたが、
いつも聞いてばかりでは申し訳ないので、今回はネットで検索した有名ポイントを回ってみます。

はじめは、以前部隊レクの合間にちょっとだけ偵察したことがあるポイント。
尻別川支流の昆布川。

入渓時刻は13時、真昼間だし、気温32℃。
車から降りるのがはばかられるような暑さと照り返しです。
そんななか釣り始めた時だけでも餌釣り人2名、何で釣ってるかわからない人2名が入渓しており、これは厳しそう。

こんな絶対ついていそうなところで、しつこくスピナーやミノーを試しますが、全く反応がありません。
ここで、夏になりだいぶん出場機会が減ったものの「スレた鱒に効く」という噂のボトムノックスイマーⅡに選手交代。

アップで落ち込みの始まりにぶん投げて、巻きながらちょんちょんしてさそってみます。
20170708寿都 (10)

ちょんちょん、ちょんちょん、ちょんちょん、スー、、
あれ?来た?

来た!!
走る、いいひき!
走る、ジャンプ、軽くなる、ばれた?
おっ、手前に走ってた、ばれてなかった!

今釣行ファーストヒットは35cmくらいの元気なニジマス。
20170708寿都 (12)

その後トロ場でスピナーを投げると、こんなサイズのヤマメが入れ食い。
大きいのいなそうだし、新仔ヤマメばかりいじめてもなんなので場所チェンジ。
20170708寿都 (13)

移動途中にあった小堰堤。
ピンポイントで入ってここではヤマメ数匹のみ。
川の名前分からず入りましたが、後で標識をみると真狩川でした。
20170708寿都 (14)

尻別川本流。
いい時間や時期には、でかいニジが釣れそうだけれど、
スプーン、ジグ、スピナー、ミノー何を投げても反応なし。
何しろトロ場で気温も32℃だし、昼間だし、そりゃ無理か。
20170708寿都 (15)

真狩河川公園。
公園で恥ずかしいけど投げてみた。
20170708寿都 (16)

オショロコマいないかな~と、
公園内を散策しつつお気軽に釣っていると、落ち込みで仔虹が2匹。
20170708寿都 (17)

最後に入ったのは尻別川本流のこんな場所。
なんとなく入ったけど、短時間で6ヒット、3キャッチ、2バラシ、1ジャンプバラシで楽しめました。
20170708寿都 (18)

入ってすぐ、ここ虹鱒いるのかな~と疑心暗鬼で、スピナーを投げると、
1投目でいきなりどんとひったくられて、ジャンプ2発。走る走る。
20170708寿都 (19)

40はないけど、
うれしい~。
本流の虹のファイトは強い!
20170708寿都 (20)

その後もばらしたりしつつ、投げていると、
ドンとひったくられ、ジャンプ。
まずまずサイズ。
20170708寿都 (21)

またまた、ひったくられてジャンプ。
今釣行、きっと川は行けないか、行けても時間的に釣れないだろうと思っていたので、釣果に恵まれて嬉しい。
20170708寿都 (22)

最後はちょっと下流で、小型のアメマス。
20170708寿都 (23)

これで納竿。

京極温泉で汗を流してから、朝里経由で油そばを食べつつ帰宅。



今日サクランボ狩りの合間少佐が就寝したので30分だけ寄った余市川。
背中に斑点のあるでかい魚影が見えたけど何を投げても全然反応なし。ニジではなくサクラマスなのだろうか。
20170709余市

ロッド: メジャークラフト ネクスティーノ 522L
リール: レアニウムCI4+2500S
ライン:ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー: ボトムノックスイマーⅡ3.2g
     スミスARスピナートラウトモデル3.5

【今日の一首】
果樹園の
風をきっ裂き
剥けていく
ああ恐ろしや
尻別の皮

7月30日 浜益方面の磯・漁港と当別川

ソルトウオータールアー紀行
07 /30 2016
7月29日に北海道全般に大雨警報が出ていたため、7月30日川と海は激濁り。

そんななか友人に誘われ3時に起き浜益方面の浜益川導流堤と漁港でブリ&ヒラメ狙い。

ジグ投げるがもちろん釣れずナマコが引っ掛かかっただけ。
0730-1.jpg

帰りに当別川の堰下に寄って濁りの中アメマス1匹。
0730-2.jpg

帰りがけかばと製麺所によりうどん食べる。美味し。

ロッド:   カワセミラプソディ TULN-722ML
リール:  レアニウム2500S+クロスベーク平ノブ(NSクラフト)
PE:    ラパラ オクタノヴァ8X ライムグリーン 20.5LB
リーダー: ラパラ ラピノヴァ フロロカーボン ショックリーダー 8LB
ルアー: 特価で買ったバッハスペシャル5g アカキン

6月26日 寿都弁慶岬でブリ狙い

ソルトウオータールアー紀行
06 /26 2016
友人に磯でブリが釣れていると誘われて、ショアで?マジか?と思い、北海道の海はほとんどしたことがなかったが同行。

22時札幌を出発し1時現地着、4時から昼まで実釣。

友人の知っている灯台左の磯に降りようとするが、
異常に波が高く降りてみて引き返してきた先行者から「今やったら死ぬよ」と言われる。

降りてみるがたしかにめちゃ波をかぶり死にそうになるので、
仕方なく灯台を挟んで右側の磯に降りる。

右側は20m以上もあろうがけを降りもっと死にそうになるが、
なんとか降りてみると波は左の磯より弱い。

海のルアータックルはそろえてないので、竿は八丈島で使ったジグキャスター(ルアーマックス90g)に、リールはエアノスPG5000にPE3号で挑む。リーダーは25lbで八丈島で余っていたジグを投げまくる。

一度ブルースプラッシュ28gでヒット。
大きかったが手前に走られまくりばらしてしまったのでブリでなく海サクラかもしれない。釣れたのは写真のソイだけ。
上手い人はワラササイズを何匹か釣っていた。

0626.jpg

帰り潮が満ちて危く帰れなそうになり、ジャンプを繰り返しなんとか帰るがまた崖で死にそうになる。

その後左側の磯に入るがノーバイトで帰宅。
崖を上ってきた後で地元の人から教えてもらったことだが、崖はペンキの矢印をたどっていくとスムーズに行けるらしい。

ショアブリとは夢があり楽しかったので、ショアジギングの面白さを思い出し、
バイオマスター5000XGと激投ジグレベル40-80gをたくさん買ってしまった。

淡水でもお金かかるのに海にも投資したら散財甚だしいw( ̄o ̄)w。

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。
アラフォーの40UPです(^.^)/~~~