NSクラフトのクロスベークハンドルノブ

フィッシング関連グッズ
08 /31 2015

新潟のNSクラフトショップさんの
クロスベークハンドルノブ(平ノブタイプ)。

説明によれば、

「弊社のハンドルに装着できるベークライト(フェノール樹脂)のハンドルノブです。クロスベーク(布ベーク)の色合い、風合いが、まるでオールドタイプのリールにマッチしてると言えます。事実、オールドタイプのノブの大きさを参考にしましたので、大きすぎずに今風でもなく。シマノAタイプ基準で作ってますので、多くのリールと互換性があるでしょう。
サイズは長さ30mm、外向きの四角部が11.6x20mmとし、もちろんベアリングが2個入っております。」

「クロスベーク(布ベーク):布繊維を基材としたフェノール樹脂による熱硬化性樹脂です。不思議と水に濡れても滑り難く、まるで湿っとりと吸い付く質感が魅力かと思います。ナイフや包丁のグリップ、または銃火器などのグリップなどにも使用されている歴史も定評もある樹脂です。加工したばかりは黄色~茶色ですが、経年変化によって徐々に深い琥珀色に変化して行きます。表面仕上げは、あえて#1000程度な研磨布でボリッシュするだけにし、微細なザラツキを残してあります。ユーザー様の方でもっと細かく磨きますれば、濃い飴色の光沢も可能かと思います。」

とのこと。

何気なく愛用のレアニウムに装着したのですが、
すべることなく、実にしっとりと指なじみがいい。

巻きに関しても、従来のノブより自分は断然まきやすい印象。
巻きで疲れず、大物がかかっても、しっかり力を入れられます。

さらに説明通り、使えば使うほど、とてもきれいな飴色に変化していきます。

2015831平ノブ1


すぐに装着完了。ベアリングもついていてガタもなくぴったりでした。

2015831平ノブ2

この後、ステラ2500に同素材のデルタタイプのノブ、ストラディック2500に同素材の丸ダイプのノブを装着して、楽しませていただいています。

何故かノブを変えてから釣果が向上。理由は不明。

8月21日 千歳のダム湖

フレッシュウオータールアー紀行
08 /21 2015

8月21日 14時30分~17時30分

ジャックガウディJr.シルバーでニジマス3匹、アメマス1匹。

201599千歳1
201599千歳2

午後は夕方のほうがライズは多いものの、反応は午後一など夕方になる前の早い時間の方がよさそう。

スプーンは反応なし。。

8月7~9日 ポンテシオ湖、岩尾内湖、糠平湖遠征

フレッシュウオータールアー紀行
08 /09 2015

ポンテシオ湖は、湖の入りやすい真ん中あたりで釣るが、釣れず。
嵐の後の様な流木はまだしも異常なぬかるみで脱出できなそうになる。

その後ポンテシオ湖インレット上流に入る。
とても雰囲気良い(時期によってはすごく釣れそう)が熊がとっても怖い。

よく森からガサガサ音がしている。

すごーく釣れそうだが、ノーチェイス。

不思議だ。

熊とかぬかるみを気にしないでできるのでカヌーでの釣りが良さそう。

岩尾内湖キャンプ場前は、雨後で激濁りで釣りにならず。

キャンプ場でお会いしたルアーマンさんに前日反応が良かったと聞いたインレットまで、
熊怖いと思いながら川を下り1時間ほど歩く。

ものすごく疲れた。

ニジマス30cmくらいの魚影濃く、数匹かけるがジャンプされ数匹ばらす。
川沿いは熊が怖いが、雰囲気は良い。

紋別の海岸まで移動しはじめてカラフト狙うがまだ時期尚早。

この1、2週後がよさそうだった。

遠路、糠平湖まで戻る。

かなーり大きいのがライズしていて雰囲気は良い。

糠平キャンプ場が熊で閉鎖されており突如糠平観光ホテル泊。

糠平湖では友人が小さいインレットでヤマメカラーのフローティングミノーでアメマスを連発し、友人が1匹大アメ釣る。

201589糠平

自分は糠平湖でもジグ、スプーン、Dコンなど沈めていろいろ試すが、

沈んだ木の根でDコンを大量ロストし、深さを見誤った溜まりで足が抜けなくて沈みそうになっただけで、

この長期遠征、結局ウグイしか釣れず自信をなくす。

腕を磨かなければ・・・・。。

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。
アラフォーの40UPです(^.^)/~~~