3月31日 Don' forget your first resolution!~ミノーの季節~

フレッシュウオータールアー紀行
03 /31 2017

今日も午前中の仕事を終え、午後に川に向かいました。

今日は大物が獲れるようにリールとフックシステムを考えて、入念に準備しています。

リールは、こっそり所有していたものの、もったいなくてあまり使わずに秘蔵し、
持っていることすら忘れそうだったステラ2500。
実用ドラグ力6kg/最大ドラグ力9kg。

長年の我が愛機、レアニウム2500Sの実用ドラグ力2.5kg/最大ドラグ力4kgに比べて、今回はだいぶんパワーアップです!
しかもPEライン使用でライン強度は十分。

これで、フックも丈夫であれば迷うことなく、パワーゲームに持ち込めると踏んだのです。

そこで、最近のマイブームで好成績をあげているものの、
フックがすぐ伸びてしまうボトムノックスイマーをシングルフック仕様に変更。
これで大物がかかった後は、心おきなく戦えるはずです。
2017331-2.jpg

まず今日は偵察がてら別の河川へ。
水深は浅いのに、場所によって恐ろしくぬかるんでいて、腰まではまってビビります。。
死にそうになりながら、ARスピナーでなんとかヤマメ1匹。
このヤマメが、喰われないで悠々と存在するということは、大きなニジマスはいないと予測。
探れる範囲で一通り探るけど、ここにはニジはいなそう。
撤退。
2017331-1.jpg

その後ホームリバー。
気温4℃、水温10.6℃。

満を持して、シングルフックにしたボトムノックスイマーをキャスト。
視認できるところでちょんちょんしてみる。

ううむ、シングルにすると、だいぶん動きが悪い。
釣り具屋さんの人は、このルアーはミノーじゃないのでシングルにしても動きは変わらない、
と言っていたんだけどね。
普通に巻いている分には、少し振りが小さくなったかならないかくらいで、スイミングは変わりなく見えるけど、
ダートにおいては、落ちるのが遅くなり、全体的にダートがのそっとしている感じ。

「BOTTOM KNOCK SWIMMERⅡ CONCEPT NOTE」で本山博之さんのインタビューにも、
「最初はシングルフックで開発していたんだけど、
今のトリプルフックにしたらさらに泳ぎが大きくなって
さらに釣れるようになった。
ウエイト、ボディ素材、形状、
全てが絶妙なバランスを生んでます。
だからフックを全然違うものに変えるとダメになるんです。
適切なバランスのものを装着しなくちゃダメ。
シングルフックに変えるとするなら、
それにマッチしたスプリットリングを相互に合わせなきゃ
本来の動きが全く失われてしまう。」

と書いてあった。
確かに今のシングルだとかなり動きがかなり鈍いような気がする・・・。

一度だけしっかりかかるが、バラシ。
あたりは、かなり何度もあるが、2時間ほど頑張っても、シングルだと全然乗らない!
なぬぬぬぬー、作戦がヤバい。。
破綻しかけてる。

仕方がなく、いつもの純正のトレブル(Dコンタクトフック#12)に戻しキャスト!
しばらくしてヒット。

どデカイ。。
ちょっとやり取りして、ルアーの結び目が甘く、
ボトムノックごとさようなら・・。
さようなら~!

めげずに純正ボトムノックをキャストするとまたヒット!
デカイ・・。
急に走る!
えっっっ、すぐにバレル!
フック伸びてる!
ヤバい、これはいつものパターンだ!

ワタクシ何の成長もない・・。
しかしフック伸びすぎだろ・・・・
2017331-3.jpg

これはいかんのである。

フック強化したシングルでは乗らず、ボトムノックの純正のトレブルでは、いつものパターンでバラシ。
大変遺憾、全く遺憾・・。
泣けてくる・・。
シングルフックに変えてありフック強度に信頼が置けるスピナーにも、今日は全く反応がない。
残り時間はあと3-40分。
今日はボンズ・・と頭によぎる。

入念に作戦を立てて、ステラを起用した意味が全くないのである。

そこに天の声がある。

「やまねった。
初心忘るるべらからず、ですよ。
いくら釣れなかった時も、あなたはミノーやスプーンを投げ続けてきたではないですか。
思い出しなさい。
何百投も、何千投もしてきたはずですよ。
新しいものに踊らされてはいけません。」

はい、釣りの神様!
思い出しました。
そうでした。
思えば釣れなくても何年もミノーとスプーンとジグだけで頑張ってきたのでした。
最近調子に乗って新しいモノにばかり手を出していました。。

今回はミノーは全部純正のトレブルフックが付いているのしか持ってきていないので、
いちばんフック強度に自信のあるリュウキに託す。

アップで久々の巻き巻き&トゥイッチを繰り返す。

するとっっーーーーーー!!

ガツンときて、バシャン、バシャンとでかいのがジャンプ。
さすがリュウキ、ばれません!

リールが2500なので、やりとりにも余裕が持てます。
強引なパワーゲームでキャッチしたのは、なんと、、
54cmの虹鱒のメス。
2017331-4.jpg

50UP、やった!!
60UPとはいかなかったけど、大満足。
オスほど体高は高くないけど、めっちゃ太ってました。
2017331-5.jpg

撮影アングルを少し工夫。
2017331-6.jpg

ありがとう!!
虹鱒さん、釣りの神様!
やり取りでお互いに疲れたけど、元気にリリース。
2017331-7.jpg

このニジで、さすがのリュウキの純正フックも曲がってしまいました。
2017331-11.jpg

残り時間10分。
リュウキを知る前はメイン戦力だったDコンタクトに選手交代。
アップでトゥイッチしまくりです。
もう日も暮れかかった頃、またヒット!

44cmの虹鱒のオス。
2017331-8.jpg

かなり薄暗く自動フラッシュをたいています。
2017331-9.jpg

レッドバンドが綺麗。
あまり使わなくなったDコンでのちょうど1年ぶりの釣果、うれしいです!
2017331-10.jpg

何とか獲れたけど、もともと弱いDコンタクトのフックはこのありさま。
見たことないような曲がり方していました。。
2017331-12.jpg

3月の末で、かなり雪代も入り増水傾向の川。
今回はだいぶハッチした虫が飛んでいる姿を見かけました。
最近はただ巻きスピナーばかりで、どんどん腕が落ちていると思っていた今日この頃、
初心を思い出し、ついに今年初のミノーで魚をゲットできました。
めちゃうれしい!

サケ稚魚もいたし、
もう魚がミノーを追う季節なんですね。

「初心わするるべからず!」

ロッド: カーディフ NX S37L
リール: ステラ2500+クロスベークデルタノブ(NSクラフト)
PE: よつあみ G-soul WX8 16lb
リーダー:モーリス ストリームショックリーダー 8LB
ルアー:DUO スピアヘッドリュウキ45S
     スミス Dコンタクト50
     スミス ボトムノックスイマーII 3.2g
    

3月26日 大きいのには負け続けている春

フレッシュウオータールアー紀行
03 /26 2017
3月25日、土曜日。

14時過ぎまで基地でダラダラして過ごしていたとき、
ふと「このままダラダラして1日過ごしても・・」という主張が長官に受け入れられる。

至急、ワタクシがネットで宿泊予約。
長官・少佐と自分3人で、税込み1万円。
なんかややお得感あり。

16時すぎに出発。
この日は釣りはせず、
明日の朝まずめだけ釣りができればいいなと思っていたら、目的地到着間際に少佐が就寝。

急遽出撃準備をして、17時35分入渓。
ぬう、日暮れまであと20分。
2017326 (1)

入ってすぐに、大きいのをたちまち何度かばらして、
やっと獲れたのは、35cmのニジ。

その後日暮れ直前にも、50UPかけるが、しばらくやりとりしてとりこみ直前に安定のバラシ。
50UPは、とりこみのレベルがぐんと上がり、ほんと難しい。
様々な要因でばれてしまう。
2017326 (2)

ホテルにチェックインして、この日は何年ぶりかで久々おしゃれなところで食事。
「ゆきあかり」、とても洒落ていて美味しかった。
日ごろの部隊管轄に対し感謝をこめて、珍しくワタクシのおごりであります。
よぱらて0時過ぎに就寝。

翌朝は一人6時起床。
こそこそと、おにぎりを食べて6時30分出発。
水温5度台と低め。朝方は水温低く活性が悪い。
7時30分頃から釣りをしていると、日高釣行へ向かうMAKOTOさんとご釣友のNさんが、
なんと僕の車を見つけてくださり、車を止めて声をかけてくださる。
うれしいです!
ひとしきり話して、MAKOTOさんたちは日高釣行へ。
ご健闘をお祈りします!!

この日も水温が上がってくると大きいのがかかり、何度かフックが曲がりフックアウト。
次回からは必ずフックを見直します。

今日はボンズと思った最後の最後で、
瀬の終わりでかかったニジ。43cm。
2017326 (3)

嬉しい。
いいサイズだが、このくらいの大きさがあげられる限界か。
それは悔しい。
2017326 (4)

mattさんのような綺麗な魚の写真を撮りたいと思うけど、足元にも及びませんな。。。
どうやったら実物に近いもっと綺麗な写真とれるだろう?
などと考えながら、
これを機に9時30分納竿。
2017326(5).jpg

チェックアウト後は、部隊レクに勤しみ18時30分に帰宅。

ロッド: カーディフ NX S37L
リール: レアニウム2500S+クロスベーク平ノブ(NSクラフト)
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー:スミス ボトムノックスイマーII
     スミスARスピナートラウトモデル赤3.5g

3月24日 どうしたらでかいニジマスが獲れるのか?

フレッシュウオータールアー紀行
03 /24 2017
こんばんは。

部隊休暇も終わり、あくせく仕事に、また部隊任務に、いそしんでいるやまねったです。

バタバタしている中、寝る時やトイレの最中に、夢を見るように最近いつも考えていること。
「短いロッドで、どうしたらでかいニジマスが獲れるのか?」

現在までのワタクシのニジマス最高記録は50cmの虹鱒53cmの虹鱒

今の装備と下手な腕では、これが精いっぱい。
しかも奇跡的に獲れた感じで、河川ではかかってからの余裕は全くない。

でも世の中には、平気でロクマルとかナナマルとか獲る凄腕の釣り人がいらっしゃる。

本流や湖でのリールとロッドならまだしも、小中河川用のロッドとリールで、
どうやってかかってしまったでかい虹鱒を獲るのか。
本気で悩みます。

そんななか、釣り場環境からより短いロッドに憧れて、またまた買ってしまったカーディフ NX S37L。
ネクスティーノを買ったばかりなのに、散財だ~散財だ~・・・。お小遣いなくなる・・。

そんなん買わないで、「7ftや8ftの長いロッドでHやMの強いのを使えよ!」というご指摘は多々あろうかと思いますが、
釣り場の環境なども考慮すると、長くても5ft台までの短いロッドで釣りたいのです。

さていかに。

今日は午前中の仕事を終えて車を走らせ、14時30分入渓。

気温2℃、風強く、時々吹雪。
水温7.5℃。
雪代でさらに水かさが増しています。
ギリ遡行可能。

カーディフ NX S37Lとボトムノックスイマーに託します。

短いロッドは使い勝手はいいものの、長いロッドに比べてやっぱり飛距離がでません。

今回はでかいのがかかっても、フックが曲がるのを少しでも避けるために、
ドラグをやや緩めに設定。

活性は高くチェイス&バイトは多いものの、のりきらずのってちょっと走ってすぐのバラシが多発。

何度かでかいのをガッツリかけて、しばし走りまくって、ドラグ出まくってのやりとりののち、
これはデカイというのを3度もばらす。

すべてフックの伸びが原因。

しかし短いロッドで、でかいのとのやり取りは存外面白い。

今日はばらしてばかりで、カーディフ入魂は無理か、と思いながら最後の夕まずめ勝負。

直前にでかいのをかけて、取り込み寸前に走られてやはりフックが伸びてバレ、もうここは無理かと思った同じ深みに、
ボトムアップをアップでポイ。

ちょんちょん、スイスイ、ちょんちょんとするとドン。
いきなり縦横無尽に走る走る。
今日は緩く設定したドラグ出る出る、けっこうデカイ。
短いロッドなので、魚のコントロールが難しい。
長いロッドより、ほんと相当難しい。
2017324(1).jpg

なんとかネットに収まったのは47cmの虹鱒のオス。
めちゃ対高が高くて、50くらいかと思ったけど、測ると47cmでした。
2017324 (2)

ああやっと、、、、嬉しい。
でもこのサイズが、今の装備と腕では限界だな。
もっとデカイのもいて、かけたんだけど、やっぱりばらしちゃうんだよね…。
もっと研究しないと。。。。
2017324 (3)

今時点では何でばらしちゃうかというと、
一番は腕が悪いんですが、
かけてすぐや、ファイトの最中に、
フックが曲がってしまう。

ボトムノックはだいぶ純正で試したので、
次はいよいよ頑丈なシングルをコーディネートして望むか。
バランスが全然分からんけどな。

今日伸びたフックシリーズ。
本当は写真以外にももう一個ある。

こんな感じで、伸びてしまうんです。
2017324 (4)

何とかしないと。。
ロクマルとかいう奴には届きそうにない。
やるか、やられるか、ですな。
2017324(5).jpg

ロッド: カーディフ NX S37L
リール: レアニウム2500S+クロスベーク平ノブ(NSクラフト)
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー:スミス ボトムノックスイマーII

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。
アラフォーの40UPです(^.^)/~~~