ミノーの全シングルフック化の第一歩

フィッシング関連グッズ
04 /30 2017
ボクの使っているスプーンは全てシングルフック、
スピナーも最近は全てシングルフック化し、
最近はボトムノックも試行を重ねてシングルフック化した。
ジグもシングルのアシストフック2本。
なのだけど、ミノーだけはトレブルフックとシングルフックが半々。
むしろトレブルフックがやや優勢。

朱鞠内で使うチェリーブラッドとかDDパニッシュとかはバランスも厳密には考えずにすべてシングルバーブレスにしているけど、
渓流で使うリュウキなどは一部のミノーだけをシングルフックにして、
シングルフックにした時に余ったトレブルフックを、
鱒との戦いで伸びたり根がかったりで破損したトレブルフック付き同型ミノーのトレブルフック交換用にしている。

そんなことしなくてもDコンタクトは交換用トレブルフックが売っているし、
他のミノーも「この針メーカーの何番のトレブルフックを使っていますよ」
という物であれば交換用トレブルフックも迷わず購入しやすい。

しかし、最近良く使っているスピアヘッドリュウキは、
発売元のDUOのオリジナルトレブルフックだと思われ、
DUOから交換用のトレブルフックも発売されていない。

したがって重さも不明。
ネットで調べても重さも書いていないし、測って公表している人もいないようだ。

本当は、シングルフックの方が扱いが楽だし、根がかりが減るし、かかった後のフック強度やばれにくさも断然信頼がおけるし、何より魚に優しいので、
これから渓流の魚の活性が高くなる夏に向けて、全てのミノーをシングルフック2本か、テールのシングルフック1本のみにしたいと思っている。

でも今まで躊躇していた一番の理由は、
シングルフックの重さが足りず軽くなって浮きやすくなったり、アクションが鈍くなったりするから。
この前、川でシングルフックにしたミノーをいくら投げてトゥイッチしても鱒の反応がなかったのに、
実験的に全く同じ種類・色・形・大きさのミノーでトレブルのミノーをトゥイッチしたらあたるという出来事があった。
この「最適な沈下速度やアクションが悪くなってしまうのでは?」と言う懸念から今まで全てのミノーをシングルフックにするのを躊躇していた。

リュウキ用のシングルフックではDUOの純正が出ているが、
なんでだか分からないけど品薄でネットでも釣り具屋でもみかけない。
重さも純正トレブルと同じなのかも不明。
あと最近DUOとD-3 custom Lure'sとのコラボで、
【D3バランサーシングルフック】 ■サイズ/♯6・#8・#10 ■入数/7 ■本体価格/680円(DUOのHPによる)
が発売される(発売された?)ようだが、先日まだ釣り具屋には置いていなかった。
imgryukid3bsf.jpg

そこで自分で何とかならないかと考えてみた。
『トラウトルアー北海道』(平成28年7月:つり人社)の最後のページに、
どのメーカーのトレブルフックが何グラムで、どのメーカーのシングルフックが何グラムなので、
このトレブルをこのシングルにする時にはガン玉の何号を足せばいいという素晴らしい表がのっているのだけど、
残念ながらリュウキのフックだけは載っていない。

それならば自分で重さを測ってみよう。
ガン玉で前後2本のシングルフックの重さを純正トレブルフックと同じ重さに調整するか、または前はガン玉のみでテールにもっと小さいガン玉で調整したシングルフックをつけようと思い、
新アイテム【IDAODAN 携帯タイプ ポケットデジタルスケール0.01g-500g精密業務用】(AMAZONで1180円)をさっきAMAZONでポチしてみた。
 電子はかり

これで色々なミノーの針の重さを測って、自分でシングルフック+ガン玉の重さを調整できるようになる(ハズ)。
見た目がうまくできなければガン玉でなくフライのワイヤーをタイイングして重さを調節してもいい。
上手くいけばミノーの全シングルフック化への第1歩になる(ハズ)。
うまくいくかなぁ。。


そうそう、全く本題と関係のない話。

4月 23日に 『釣りフェスタ! in札幌芸術の森』に夕方部隊で行ってきた。
少しブースを冷やかして歩いてから無料のビニールでできた小さいニジマス釣り堀で少佐と餌釣り。
釣り堀が閉まる直前で「もう閉めるけど最後にやっていいよ」と言われてチャレンジしたのだけど、
すれたニジマスは餌も食わず皆釣れていなかった。
「釣れないねぇ」と少佐。
やばい。
これは休日釣りばかり出かけているワタクシの面目が保てない。
それではと、餌を小刻みに必殺トゥイッチしてみると、すぐにパクリ、バラシ。
またトゥイッチするとパクリ、バラシ。
この方法で何とか1匹釣れて面目が保てましたよ。よかった。
やっぱりアクション&リアクションバイトて大事だなぁと思った瞬間でした。
しかも無料で釣らせていただいたうえ、たくさんのおみあげをくれてびっくりした。
2017芸術の森釣りフェス (2)
2017芸術の森釣りフェス

釣り振興会の皆さま、関係者の皆さま、どうもありがとうございました。
お疲れさまでした。

4月29日 朝まずめ1発勝負

フレッシュウオータールアー紀行
04 /29 2017
4月29日

今日は午後から雨の予報でしたが、
午前中は天気が良くて風もなく気持ちの良い日でした。
20170429 (0)

本当は朱鞠内湖を偵察に行きたいけど、5月はなかなか連休がとれず、うずうず状態。
GWにはある程度まとまった休みがあるけど、関東に帰省しなければならないため、釣行予定は獲得ならず。

そんな分けで、今日は早起きして朝マズメだけ行ってきました。
気温12℃、水温9.8℃。

まずはアラフォーのふっくらとしたメスニジ。
20170429 (1)

まだ幼い顔つきです。
斑点はしっかりあるが、顔つきとレッドバンド周辺はホウライマスのような感じ。
20170429 (2)

次はアラフィフのニジ。
かかってからジャンプしまくりで、やっとタモ入れして、
測ろうと思ったらまたジャンプしてバシャンと逃げられた。
20170429 (3)

最後はいかつい顔をした54cmのオスニジ。
20170429 (4)

うーん、
いかつい。
このいかつさがかっくいい。
20170429 (5)

ありがとう~、ばいばい(≧∇≦) ジャマタ☆
20170429 (6)

さらにこんなとこで、ボトムノックをちょんちょんしていると、
20cmくらいの4月1日~5月31日は禁漁のやつが釣れてオートリリース。
20170429 (7)

倒木の奥の深みにUPで投げるとボトムノックに食いました。
しかし、冬場にあれだけ釣れたボトムノックより、
全体的に今はミノーの方が断然反応が良い。
もうすでに、ミノーの季節なんだなぁ。
20170429(8).jpg

今回暑かったのでネオプレンウエーダーは、今釣行で終了。
やっと夏タイヤにも交換したし、
ウエーダーも夏仕様にしよう。

早いお昼を食べて、11時過ぎに帰宅。
午後は部隊で百合が原公園のリリートレインとさとらんどの自転車をかけもち。
チューリップはまだだけど北国の春を告げる北こぶしが満開で春を感じた1日でした。

明日は仕事、がんばりましょう~。
5月の第3週はなんとか土日休めるかなぁ。
朱鞠内行きたいなぁ。
HP見ると朱鞠内の夏の解禁は5月1日からで、まだ湖はだいぶ結氷していて解氷途中のようだ。

ロッド: カーディフ NX S37L
リール: レアニウム2500S+クロスベーク平ノブ(NSクラフト)
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー: DUO スピアヘッドリュウキ45S

4月22日 偶然に達人とコラボ釣行

フレッシュウオータールアー紀行
04 /22 2017
4月22日

7時30分起床。

三寒四温とはよくいったもので、4月に入ってからは暖かい日と寒い日の繰り返し。
最近最高気温16℃などの日もあったが、今日は気温が下がり3℃。

ここ2週間程度風の強い日が続いていたが、今日は風は弱い。
これはラッキー。
しかし、今日は気温が急にかなり下がって最近ではかなり寒い。しかも雨。

いつものように開店したばかりのマックで、メガマフィンセットをテイクアウトしてから川へ向かう。
朝マックはポテトも美味しい。
メガマフィンとハッシュポテトとアイスコーヒーがいつもの定番。

9時頃に現地着。
ミノーで釣りたかったので、リュウキをキャスト。

やはり水温の上がる午後の方が、午前中よりも活性は高い。
午前中の活性はまだ低いが、それでもミノーにアラフォーのニジがヒット。
20170422T(1).jpg

こないだブログで見たアマちゃんさんが釣っていた魚の写真のアングルが綺麗だったので、
堂々とまねしてみる。
20170422T(2).jpg

ふむふむ、
こんな感じ?
20170422T(3).jpg

ルアーをチェンジしようとしていたら、声がして振り向くと、
MAKOTOさんがいる!
そうか今日は22日、てっきり21日だと思っていました(笑)
こんな寒い雨の日にお互い物好きですね~♪

お話を伺うとビックリ、もうすでにこの時点ですでに52cmを筆頭に、3匹のニジをあげているという。
うらやまし~。

そのままコラボ釣行へ!
まずは今年初めてのダム湖。
完全開氷。
20170422T(4).jpg

林道は今年は4月24日まで通行止めらしく、
ダムサイトでの釣り。
20170422T(7).jpg

スプーンで2度あたりがあったが乗らず、ジグを投げると20位のニジやアメがかけ上がりまで追ってくる。
ジグのフックがでかく、なかなか乗らず、やっと小さいながらアメマス!
20170422T(5).jpg

毎年開幕は小さいアメマスから始まることが多いのですが、
今年は虹鱒ばかり釣っていて、小さいながらこれが今年の初アメマスなので嬉しいです。
20170422T(6).jpg

大きいのは難しそうなので撤退。
帰りがけ、水量があり魅力的に見えたダム直下を偵察。
よーく見るとMAKOTOさんがいます。
ウォーリーを探せ的に見つけてください。
20170422T(8).jpg

拡大するとこんな感じ。
いたっ!

しかし、ここはダム直下から川底護岸らしく、
小さいベイトしか確認できませんでした。無念。
20170422T(9).jpg

その後、一人では怖くて入れなかった場所につきあっていただく。
今季調達した爆竹を初使用してから入渓。
入ってみると、
釣りキチ三平に出てきそうな秘境ですよ~。

開始してしばらく、ボトムノックスイマーをダートを入れつつを投げていると、
60くらいのどでかいの(多分トラウト)が追ってきて、
瞬間、体が緊張。
ドキドキしている間もなくすぐに素早く反転して、その後は音沙汰なし。
この写真にもMAKOTOさんがどこかにいるはず(笑)
20170422T(10).jpg

その後魚を探してあちこち大分探るが、
良さそうなポイントでもそれ以外の魚影の確認はできず。
魚影は濃くない。
さっきのは主だな。
20170422T(11).jpg

最後にアマちゃんさんが発見し、アマちゃんさんとMAKOTOさんが調査を続けたポイントを案内していただく。
ポイントを譲っていただいた上に、魚の付き場所まで教えて頂いてありがとうございます!すいません(*^_^*)
水温8.6℃。

僕はここで3度かけたけど、腕が付いていかず3ばらしであげられず(・・;)
他にもあたりがあったけど、あたりが小さく、ショートバイト多くかけるのが難しい。

一方、隣でキャストしてしていたMAKOTOさんは、
正確なキャストで障害物ぎりぎりを狙い、スプーンを駆使してどデカイのかけたっ!!
魚すごく走ってやり取りしてる。すごい!でかい!
「これは相当でかいんじゃないんですか~!」なんて話していたら、
確かにでかかったです。
53cm。
僕が測って現認しました~!(^^)!

このお方、今日50UP2尾でございますよ。
すごすぎです。
こんなところでWild化してるとは、ビバ北海道!
ロマンがありますね~!!
楽しかったです。
また行きましょう!
20170422T(12).jpg

崖を登ったり下ったりで帰ってきてから太股の内側がつって動けなくなり、
年齢を実感。
芍薬甘草湯を服用し改善。
芍甘湯良く効きますねぇ。

ロッド: ANGLERS REPUBLIC エルア レラカムイ 53UL
リール: ステラ2500+クロスベークデルタノブ(NSクラフト)
PE: よつあみ G-soul WX8 16lb(1号)
リーダー:モーリス ストリームショックリーダー 8LB(2号)
ルアー:DUO スピアヘッドリュウキ50S
     Casket ジャックガウディJrシルバー

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。
ちなみに年はアラフォーを超えた40UPです(^.^)/~~~