7月2日 然別湖のミヤベイワナ

Fresh Water Lure紀行
07 /02 2016

事前予約してあった特別解禁グレートフィッシング然別湖に参加。

然別湖ホテル福原に前泊しフルタイムで釣って、5時30分~15時。

北海道天然記念物ミヤベイワナは解禁当初は低水温のため表層で良く釣れるものの、6月中旬からは水温が上がり、この時期は泳層が深くなり重くて小さめの14gとかのスプーンをカウント20とか沈めて水深7-15mをデットスロ―でひかないと釣れないと言われる。

しばらくスプーンをカウントして超スローリトリーブし、何度か当たりあるが食いが浅くばらしてしまう。

釣り方としてあまり面白くないので、岸際ぎりぎりの表層を狙うニジマス狙いに変更。

岸際に張り出したダケカンバの木の下を岸際ぎりぎりに狙うと、ニジマスが良くかかる。

ラッキーなことに何故かミヤベイワナもこの釣り方でヒットし、15-25cmと小さいもののミヤベイワナ5尾キャッチできた。

0702-1.jpg

0702-2.jpg

ニジマスは相当魚影が濃く楽しめた。

さすが特別解禁。

ロッド: D-3 Custom Lure'S Blakiston 706ML
リール: ステラ2500+クロスベークデルタノブ(NSクラフト)
PE: よつあみ G-soul WX8 16lb
リーダー: ラパラ ラピノヴァ フロロショックリーダー 8LB
ルアー: スミスピュア シェル赤6.5g

コメント

非公開コメント

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りがメインで、トラウトは管理釣り場のフライフィッシングばかりでしたが、最近はトラウトルアーの勉強中です。

北海道の魅力は大都市の札幌近郊でも山奥でも、いたるところの河川や湖沼で野生化したワイルドトラウトが自然繁殖していることです。

仕事の合間の時間を見つけては、週末のちょい釣りトラウトを楽しんでいます♪


まだまだ北海道初心者ですのでみなさまいろいろ教えてください。
アラフォーの40UP♂です(^.^)/