6月17日 豊平川ヤマメとワンフックちびミノーへの改造

フレッシュウオータールアー紀行
06 /17 2017
6月17日

4.5cm以下の小さいミノーだと、シングルフック化した時ベリーフックとテールフックが絡まることがあるので、4.5cm以下のミノーとDコンタクト5cm以下のDシリーズをテールフックのみに再改造してみた。
このミノーの動きを確かめたくて、早起きして朝マズメ数時間だけ近場の豊平川にGO!
豊平川は1,2度しか来たことがありませんが、昨年の秋は良型のブラウンが釣れて良い思いをしています。


まずはこんなところから!
札幌市内とは思えない渓相です。
今日までダムの放水があるとのことで、水は綺麗ですが、増水して水勢が強いです。
20170617-1.jpg

いか―にも大型のニジマスがついていそうな場所。
しかも時間は超朝マズメ。
期待に胸を膨らませて小型ミノーを投げ続けますが、チェイスもなし。
20170617-2.jpg

魚自体はいないとは思えないところなんだけどなぁ。
シングルフック1本にしたミノーのバランスも良いんだけど、やはり都市河川は厳しいのか?
20170617-3.jpg

さんざんミノーを投げて無反応だったので、ミノーを投げる心が折れて、
場所を変えて今度はスピナーをキャスト。
するとすぐに、じゃじゃじゃん!
やっとこさ25cm弱のヤマメ。山女の魚体は本当に綺麗ですね!!
20170617-4.jpg

再び流れの早い瀬の落ち込みにしばらく投げていると、
はい、もういっちょ!
これはちゃんと計測しジャスト26cm。
20170617-5.jpg

釣れた時はニジマスかと思ったけど、よく顔と魚体を見るとヤマメぽいし、
尾びれも斑点がなくオレンジ色なのでヤマメでしょう。
なかなか良い型で満足。更にもう1尾もう少し小さいやつをかけたけど、取り込み時にフックアウト。
20170617-6.jpg

釣れたのはここの落ち込みの白泡の脇です。
20170617-7.jpg

これにて終了し、9時すぎに帰宅。
近くて良かったです。

ちなみに小型ミノーはこんな風にシングルフック1本にしてみました。
どの道大きいトラウトはこのサイズならがっつり食ってきそうなのでテールフックのみで良いのではと思ったことと、
ベリーフックをなくすことでベリーとテールのフックの絡み防止が期待できること、あとは根ががりが少なくなりそうな気が・・。
20170617-8.jpg

Dコンパクト、Dインサイト、Dコンタクトは、
ベリーフックにソリッドリング(シャウトフィッシャーマンズツール;4mm 53lb)0.09gを、テールフックにシングルフック(ガマカツ;53 #6) 0.09gを装着したものと、ベリーフックにスプリットリング(フィールドハンター;#3 23kg レッド)0.11g、テールフックにシングルフック(オーナーばり;S75M #6) 0.115gを装着したものの2パターンを作成。
20170617-10.jpg

スピアヘッドリュウキ45Sはベリーフックにソリッドリング(オーナーばり;P-14 3.5mm 80lb)0.15gを、テールフックにシングルフック(オーナーばり;S75M #4) 0.16gを装着したものを作成してみました。

はてこれで釣れるかなぁ?

20170617-9.jpg

ロッド: ANGLERS REPUBLIC レラカムイ 53UL
リール: レアニウム2500S+クロスベーク平ノブ(NSクラフト)
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー:スミスARスピナートラウトモデル3.5g

コメント

非公開コメント

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。