6月23日 里川にマロンを求めて

フレッシュウオータールアー紀行
06 /23 2017
景色のよい十勝の渓流や、大物が潜む道北の湖に行きたいっ。
けど、明日も仕事なので今週も遠征は難しい・・・。

昨日は数年ぶりに風邪をひいてめちゃ体がだるく、仕事から帰ると夜38℃の発熱。
熱ってこんなにもだるかったっけ?と思いながら、部隊から一人隔離されておりました。
朝起きたらすっかり解熱して元気になり仕事へ。

そんなわけで、金曜の午後休み、自然に足が向かうは近場の里川。
渓相の良い渓流に行きたい気持ちはあるのですが、里川にもそれなりのロマンがあるので気持ちはウキウキです。

近郊里川でボクが感じるロマンは2つ。
一つ目は、あまりいそうもない意外な場所にトラウトが生息していた時の発見と驚き。そしてこれからも時間がない時に手軽に近場で行きやすいところを発見した喜び。
二つ目は、トラウトがいたらその里川にもっとサイズの大きいのがいるのではというワクワクと探究心。

後者はそうそうあるわけではないのですが、前者はけっこうな頻度であり得ます。

14時。
まず入ったのは、最近の偵察の結果から、
この辺では一番サイズが大きそうなのがいそうな場所。
水温20.6℃。かなり高水温。
こんなやたら濁ったところでも、、
20170623里川 (3)

アップでミノーをぐいぐいひいていると、
ひったくられて、
アラサ―のニジマス。
20170623里川

さらにミノーをクロスでひいていると、
ひったくられてジャンプ、
その後テンションが抜けてばれたっ、
と思ったら手前に走っていてばれてなかった。
34cmのニジマス。
20170623里川 (2)

その後、前回入れ食いだった小河川にサイズアップを期待して移動。
水温19℃。
全回はほぼクリアだったが濁りが増している。
こないだはあれだけ入れ食いだったのに、不思議と今回はどこにも魚影なし。
なんで~おかしいな~と思いつつ広範囲に上下流を探索するも、やはりチェイスもなく、けっこうな時間をロス。
20170623里川 (4)

不思議に思いつつ、やっと諦めて、
グーグルアースであたりをつけてきた初めての河川を偵察。
山々とボサで鬱蒼としてます。
20170623里川 (6)

予想以上にあまりに小さい川で、魚影も見えないし、これは何もいないだろうと思ったけど、
河川偵察なので、いちおうスピナーを投げてみます。
20170623里川 (11)

すると、1投目で水中でひらめく魚影。
いきなり虹鱒がヒット!
これはビックリんこ。
20170623里川 (7)

すぐにまた虹鱒。
20170623里川 (8)

あれどうなってるの? また虹鱒。
20170623里川 (9)

確か昔、「魚影濃い、ギョエー」て誰か(笑)が言ってたのを思い出した。
ここで立て続けにまさかの虹鱒4連荘。
20170623里川 (10)

魚影見えなかったのに、いったいどこにいたの?
ここも自然繁殖している。
北海道に来て、
小河川でもたくましく生きている虹鱒の生態に驚くことが多い。
20170623里川 (12)

前回入ったもう少し大きい小河川に移動。
水温18.2℃。前回より濁り強い。
ここの魚影の濃さは相変わらず。

ホウライマスの幼魚。
20170623里川 (13)

サイズは小さいけど、やはりニジマスとヤマメの魚影が濃い。
フックが大きいのであたりの半分くらいは乗らないけど、飽きない程度にかかってくる。
ニジマスのパーマークや班点もいろいろで面白い。
20170623里川 (14)
20170623里川 (16)
20170623里川 (17)

まあまあサイズからチビのヤマメも交じる。
20170623里川 (18)
20170623里川 (19)

大物はならなかったけど、前回同様虹鱒2ケタ釣果で楽しかった。
次こそは渓流か湖で大物を狙おう!
その前に仕事終わらそう・・・。

ロッド: メジャークラフト ネクスティーノ 522L
リール:ストラディックCI4+C2000HGS
ライン:ヤマトヨテグスNEWサイトエディション6LB(1号)
ルアー:スミスARスピナートラウトモデル
     D3カスタム ファーラップ
     スピアヘッドリュウキ50MDF

コメント

非公開コメント

No title

やまねったさん、再び、こんにちは。
いやはや、何とも凄すぎる釣果!! しかも、『里川』と言う言葉にすぐ反応してしまう私・・・ (^^ゞ
関東でこの渓相なら、対象魚はオイカワやカワムツ・・・って感じですが、ニジマスやヤマメがたくさん釣れてしまうこの環境は、本当に素晴らしいですね!!

No title

Green Cherokee さん、再びこんにちは!

里川いいですよね!
北海道では誰も目を留めない名前もないような小さな里川がたくさんあります。
そういう場所はもちろん事前情報も全くなく行くのですが、そんなところに虹鱒がいると嬉しさひとしおです。
またげるような小さい川でも、源流が山深く誰も入れず産卵の邪魔をされない川、上流に源流となるような大きな湿地があり産卵に向いている川、長いトンネルとかの人工物で隠れるところが多い川、ボサに囲まれた区域が長く隠れ家が多い川などにはかなりの確率でニジが繁殖している模様です。

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。
ちなみに年はアラフォーを超えた40UPです(^.^)/~~~