7月1日 部隊レク in 中札内 合間のちょい釣り 【前編】

Fresh Water Lure紀行
07 /01 2017
中札内農村休暇村フェーリエンドルフに部隊レクで2泊で宿泊してきました。

少佐がずっと屋外食BBQをしてみたいと言っていたので、久々の週末連休にこれも久々に遠出でのお泊りです。

6月30日金曜日は午前中の仕事を終え、札幌から一路中札内へ230km部隊移動。

この日はBBQの夕食と翌日の朝食がついているプランにしたため、お気楽にチェックイン。

グランピングデッキでボリューム満点のオシャレなBBQを食べてお酒を飲んで、コテージ泊。

コテージは広くて、周りにエゾリスやキツツキ(や虫)がたくさんいるような自然豊かなとても楽しめるところです。
20170701 (0)

今回は部隊レク&BBQをマニフェストとして掲げているため、あくまで釣りはおまけなのです。

でも、せっかく中札内にいるのだし、虹鱒の有名河川の札内川が近くにあるとなれば黙ってはいられず、とりえあえず部隊が寝静まっている朝3時30分に起床してみました。

朝食は8時30分までなので、そそくさとトイレに行ってせかせかと出動です。

ポイントもよくわからないので、まずは有名どころの上流の札内川園地のピョウタンの滝下流に向かってみる。

コテージから車で20km弱くらい。途中イタドリの茂みから突然目の前に飛び出してきた鹿を轢きそうになりビビる。

無事辿り着き、キャンプ場付近から入渓してみました。

わ~素晴らしい渓相!!

最近はずっと里川で釣りをしていたので、森と清流の調和がこころに沁みます。
20170701(1).jpg

できるだけ滝に近づいてみようと、水量の多い清流をウエーディングで登って行きました。

でも、あれっ、おかしいな~こんなところでもあたりなし。
20170701 (2)

思ったより水量が多くこれ以上は登れそうもありませんので、めぼしいところを探しながら下流に車でポイント移動です。

次はナビで見つけたこんな橋から入渓。朝6時ですが、なんと先行者さんの車がいました。

これは厳しいかな…と思いながらシングルフックにしたリュウキ45Sを投げますと、いきなり入渓した橋の下の写真のポイントでいいニジがヒットしてジャンプ。

無事アラサ―の虹をランディングしましたが、写真を撮るときにフックアウトしてさようなら。
20170701 (3)

その後上流に遡行すると素晴らしいポイントが続きますが、先行者さんがいるからかあたりなし。

おなかの調子も悪く、いまひとつ調子が出ません。

おまけに虫除けの長袖を着ているとクソ暑くなってきた。

この日の最高気温は32℃。
20170701 (4)

ここで我慢できず、トイレをしてからスピナーに変えてみました。

するとどうしたことでしょう。
20170701 (5)

ジャンプを繰り返し、30cm弱ながらやっと写真に収まってくれた1尾。
20170701 (6)

なんか調子が出てきた気分。

こんなところでアップクロスに「うりゃー」とスピナーを投げてみますれば、

白泡が切れるあたりでどんっとひったくられまして、ジャンプ5連発。
20170701 (12)

ドラグも出てこれは良いサイズ!

「ばれるなよー」と祈りながら慎重にとりこんだ40upのニジ。
20170701 (7)

そうそう。
清流にすむこいつに会いたかったんだ。
20170701 (8)

ジャンプ5連発もうなづける素晴らしくグラマーな魚体。
20170701 (9)

この少し上流で2人のフライマンの先行者さんに出会った。フライは厳しいとのこと。

この一尾で満足して、ここで戻ることにしました。

遡行時より丁寧にポイントをたたきながら入渓点に足早に下っていきます。

だって、8時30分に朝食なのですもの。

その後も、型は小さめですが、5ヒット、2キャッチ3バラシくらいのペースであたりが続きます。
20170701 (10)

名残惜しいですが、明日(起きれたら)また来ることを誓い、素晴らしい景色を眺めつつ退渓。
20170701 (11)

7時30分コテージに帰ると部隊はまだ寝静まっていたので、シャワーを浴びて、
部隊が起床するのを待ち8時30分朝食を食べにレストランへ。

午前中はコテージで少佐と約束の鍵ごっこをして遊んで、リスを見つけたりしつつ、少し部隊で昼寝休暇をとったりとまったりと過ごし、午後は花畑牧場や六花の森を部隊で散策。

この日は素泊まりの食事なしプランだったため、
帰りがけ中札内のマックスバリューで夕食BBQの食材を物色してコテージに戻る。

夕方、ワタクシはコテージのテラスでのBBQの準備を万事整えてから、五時から男となり17時30分遊軍として再出撃。

朝よりさらに下流の大きな橋から入渓してみる。

ここも少し登るといいとこあるなぁ。
20170701 (13)

夕まず目は落ち込み直下を中心として5回くらいあたりがあったが、ばらしてしまいキャッチは小さめの2尾のみ。
20170701 (14)

18時30分頃「そろそろBBQをしませう」という長官からのTELあり、退渓してコテージに戻る。

ゆったり屋外BBQとお酒を楽しみ、再度約束の鍵ごっこをして、気持ちよく23時30分就寝。

明日は早起きできるかなぁ。頑張ろう!

ロッド: メジャークラフト ネクスティーノ 522L
リール:レアニウムCI4+2500S
ライン:ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー:スミスARスピナートラウトモデル
     スピアヘッドリュウキ45S(シングル1本) 50S(シングル2本)

コメント

非公開コメント

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りがメインで、トラウトは管理釣り場のフライフィッシングばかりでしたが、最近はトラウトルアーの勉強中です。

北海道の魅力は大都市の札幌近郊でも山奥でも、いたるところの河川や湖沼で野生化したワイルドトラウトが自然繁殖していることです。

仕事の合間の時間を見つけては、週末のちょい釣りトラウトを楽しんでいます♪


まだまだ北海道初心者ですのでみなさまいろいろ教えてください。
アラフォーの40UP♂です(^.^)/