7月2日 部隊レク in 中札内 合間のちょい釣り 【後編】

フレッシュウオータールアー紀行
07 /02 2017
翌7月2日は、眠い目をこすりながら4時起床。

当然まだ部隊は寝静まっていますので、起こさないようにそそくさとコテージを出ます。

昨日の朝は中札内農村休暇村フェーリエンドルフの宿泊客は少なく空いていましたが、
今日は日曜日とあってあちこちのコテージに宿泊者の車が泊っており、早朝から散歩している人もいます。
愛犬を連れて宿泊されている方も多いようです。

みなさん早起きで元気ですね。(オマエもな!)
早朝のフェーリエンドルフの空気と景色を楽しみながらいざ出発。

昨日朝と夕に釣行した2カ所の入渓ポイントが分かっているので昨日より大分気が楽です。

まずは昨日朝に入って良いサイズの虹鱒が出たポイントに入渓。
札内川ダムの放水の影響か、昨日より水量が減っており、遡行しやすい。
20170702 (1)

Wikipediaによると河川名の「サツ・ナイ」とはアイヌ語で「乾いた川」を意味し、堆積した砂利層に水が潜り込んで冬と夏に南札内の扇状地などで地上の水が消える区間があるために名付けられたそうです。これは隙間が多い砂礫相が水を通しやすいためで、札内川ではあちこちで川の水が地下に浸透しているらしい。

今回釣行時も上流に川のない場所の砂利から、いきなり小さい川が出現している場所が何カ所かあったのですが、地中の川がそこから湧いていたんですね。水が綺麗だなぁと思ったら天然のろ過システムがありました。

何匹かばらしたのち、今日の初物はヤマメ。
期せずして来て意識していませんでしたが、7月1日は十勝管内のヤマメの解禁日ですね。
20170702 (2)

そして素晴らしい景色の中でのニジマス。
最高です。
20170702 (3)

今度はけっこう型の良いヤマメ。
20170702 (4)

子ニジとヤマメが連荘です。
20170702 (6)

こんな何の変哲もない川の開きの浅い流れにも、、
20170702 (7)

ニジマスやヤマメがついています。

夏ですねぇ。
20170702 (8)

最後に、昨日ファーストヒットの虹鱒をミノーでキャッチしたけど写真を撮るときに逃げられた場所。

今日はスピナーで探ってみると、橋脚奥の落ち込みで、ひったくられるようなあたりがあり、ジャンプ3連発。
40には届かないけど満足な1尾。
20170702 (9)

結果今日の最大サイズとなりました。
20170702 (10)

ここで脱渓し、更に大きいニジを求めて、
昨日夕まずめに短時間入ったポイントへ車で移動。

今朝はこちらの方が魚影が濃く、サイズは伸びませんが活性高く爆釣でした。

ミノーにもスピナーにも面白いように食ってきます。

小さい虹鱒はかなり浅いチャラ瀬やひらきにも出ているようで、こんな浅いとこで?というところからもでてきます。

びっくりするくらい浅い場所で、釣れるとは思わずミノーの動きのテストで投げていたらかかってきた子ニジ。
20170702 (12)

昨日の夕方も反応あった深みの始まりの大場所を狙ってみますと、ここだけで3尾のニジをゲット。
20170702 (11)

水中に一瞬魚体がひらりと光って、息をのむとドンと重みが伝わる快感。
20170702 (13)

小さいやつも果敢に追ってきます。
20170702 (15)

ビーズヘッドシングルフック0.27g1本のみにしたリュウキでもゲット。
20170702 (16)

その後もちょっとしたストリームで小さめのニジを何匹かキャッチしつつ、さらに上流へ。

こんな落ち込みではなんと5尾の虹鱒をゲットです。
20170702 (17)

たもしすぎる。
ビバ中札内。
20170702 (18)

浅瀬が多くて撮影場所にも困らないので、撮影アングルを工夫する余裕も出てきたり。
20170702 (19)

気付けばもう20尾以上の虹鱒&山女ゲッツです。
20170702(20).jpg

今日は大物はでなかったけど、数釣りを楽しみ満ち足りた気分で8時30分納竿し退渓。

コテージに戻ると部隊はまだ寝静まっていたので、炭を追加してBBQの火をまた起こしてからシャワーを浴びる。

炭火でウインナーとチーズを焼いて、焼きおにぎりを作って、部隊でゆったり朝食をとってから11時チェックアウト。

この日は予定もなく、たまたまヤマメ解禁に合わせて札内川園地で開催されていた「ピョウタンの滝やまべ放流祭」に参加。

ゆったりしすぎて放流の時間はもう終わっていたけど、美味しい焼き鳥を食べたり、輪投げとスーパーボールすくいをして帰路につき、帰りがけに札幌駅のエスタとアメリカ屋でお買い物をしてから17時30分帰宅。

(ビックワンを求めて)部隊レクにまた行きたい。

ロッド: メジャークラフト ネクスティーノ 522L
ロール: レアニウムCI4+2500S
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー: スミスARスピナートラウトモデル
      スピアヘッドリュウキ45S(シングル1本) 50S(シングル2本)

コメント

非公開コメント

No title

さすが!
レクがメインと言えども、この記事から察するに・・・
超釣行記・・・ (笑)
限られた時間内でこんなに釣っちゃうとは・・・
それに、恐るべし爆釣!!
どちらもそつなくこなす所は、流石としか言い様がありません。
まいったなぁ~~~

お疲れ様でした。

No title

アマちゃんさん、こんばんは。

コメントありがとうございます!!

超釣行記なんていやですわ~、人聞きの悪い(笑)
長官に聞かれたら怒られてしまいますわっ。
あくまでメインは部隊レクの報告日記なのです(*^_^*)

部隊の休憩時間にあくまでたまたまお邪魔した札内川はサイズは小さいのが多かったけど、魚影濃くてめちゃ楽しかったですよ~。
十勝はいいところですね。
部隊レクの目的地を永遠に十勝にしたいやまねったです(笑)

No title

すごい!すごい!

大爆釣&解禁やまめラッシュ!
いや~うらやましすぎです~。
(・∀・)ノ

Re: No title

うおさん、こんばんはっ。


コメントありがとうございます!
フライ雑誌にメジャーデビューされたうおさんにコメントいただけるなんて光栄です(笑)


部隊レクの合間の釣りではポイントもわからないことが多くてなんも釣れないことも多いのですが、今回はタイミングと入ったポイントが良かったのかかなり楽しめてラッキーでした。

BBQも「喫茶うおのめ」のクオリティには遠く及びませんが、部隊での屋外パーティ楽しかったです。
うおさんが釣りの前にされているまったりBBQの気持ちが良く分かりました!

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。