7月14日 近郊里川の虹鱒

フレッシュウオータールアー紀行
07 /14 2017
こんばんは~。

まだ尻の古傷が痛くて、尻にバンソウコーをペタペタ貼っているやまねったです。

しかしながら、年をとると、傷の治りがどんどん遅くなりますね。
ちょっとした傷でも、傷が治るまで、多分少佐の5倍くらいの時間がかかってます。


さて、手足口病で39℃の熱があった少佐も解熱したし、今週は週末の仕事が入っているので、
近郊で済ませようと痛い尻をさすりながら里川に行ってきました。

午前中の仕事を終えて外に出ると、やけに暑くてすぐに汗が出る。

車に乗ると、ギョギョギョ!、車の温度計は36℃。

年をとってからは老化で35℃台が平熱となったやまねったの体温より暑い・・。

こんな暑くちゃ真昼間に釣れるはずがないと確信。

5年くらい使った眼鏡が数週間前に壊れて古いメガネを使っていたので、まずは富士メガネに行きメガネを新調。

富士メガネのクオリティは素晴らしいと思う。
東京ではこんな素敵なメガネ屋さんには出会えなかった。

15時頃、検査や眼鏡作りがすべて終わって、後はできたら後日連絡が来てとりに行くだけ。

時間的にも丁度よさそうなので、高速に乗っていざ出発です。

夕方現地着。まだまだ暑い、30℃。 

16時前より実釣開始。

まずは、この辺りではいちばんでかい虹がいるだろうとふんでいる落ち込みから、最初はスピナーで調査。

誰もこんなところで釣らないだろうと思っていたけど、ぶっとくて長いナイロンラインが地面に落ちていて足に引っ掛かる。
ちょっとがっかり。
20170714 A(1)

あたりはあるが乗らずに、サイズ不明を2,3回ばらしたのち、

根気よくスピナーを巻いていると、ガツンと来てジャンプ。

やっと乗った!

アラサーで里川にしてはいいサイズ!

水に手を付けるとぬるいっ。 よくこんなぬるい川で捕食してるなぁ。

里川の虹鱒よ、頑張れ!
20170714 A(2)

さらに小さい虹を2匹追加。

このポイントはUPで投げるとスピナーが異常に根がかりする。

深みに何やら障害物があちこちあって、場所によって大分浅くなっているから。

根がかると周辺は深くてとりに行けないし(底が見えず川に入ったら深くて死にそうになった)、スピナーを3つほどロストし、

いやになってフローティングミノーに変えて根がかりそうなところを果敢に攻めるがあたりなし。

シンキングでも、針が一本なら根がかりも少なかろうと、ビーズヘッドのシングルフック1本にしたリュウキ45Sにルアーチェンジ。

しばらくアップクロスで投げていると、あれっまた根がかり(>_<)

川の上流に移動して、根がかりを上から糸をぴゅんぴゅんしてはずそうとしていたら、はずれたっ!

と思ったら同時に食った!

すぐにジャンプ! うそっ。 でかいっ。

ぐいぐいと強い引きをこらえながら、ドラグ出る。

バレるなよーと祈りながら、やっとこタモでキャッチ。

YES!! 里川40UP。
20170714 A(4)

今日は外気温が暑すぎてすぐに弱ってしまいそうなので、

魚をできるだけ川から出さないように撮影することを心がけてみた。

大きなやつはスピナーよりやっぱミノーなのかと感じた瞬間。
20170714 A(5)

これで場所はいったん終了。

次はこんなところに移動。

里川だけど森にマイナスイオン感じる。
20170714B(1).jpg

ここはいないかなーと思ったけど、

小虹鱒がちょこちょこヒット。
20170714 B(2)

小虹ばかりででかいのはいなそう。
20170714 B(3)

その後、以前虹鱒が釣れた極小の小川に行ってみるが、水温の急上昇のせいか有害物質のせいかはわからないけど、
虹鱒が数匹死んでおり、釣る気にならずポイント移動。

次はこんなところ。

今日は里川尽くしですな。

まずはスピナーで。
20170714 C(1)

一投目から、小ニジマスがヒット。
20170714 C(2)

立て続けにヒット。

うーん、小さいが魚影濃い。
20170714 C(3)

ちょっと下流でも、

ニジマス、時々ウグイ。

不思議と今日はヤマメは釣れてこない。
20170714 C(4)

その後、小虹鱒ばかりがけっこう釣れた。

やっとややましなサイズがヒット。
20170714 C(5)

小さいのが多いので、

日の入り直前、初めに入ったポイントに戻る。

あと15分で暗くなるだろう。

ビーズヘッドシングルのリュウキ50Sをアップにキャストしてトゥイッチしていると、

いきなりひったくられてラインが走った。

フッキング、決まった。

走る、こらえる。

かなりいいひき。

40はないけど、里川有終の美を飾る1匹。
20170714 D(1)

ロッド: メジャークラフト ネクスティーノ 522L
リール: レアニウムCI4+2500S
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー: スピアヘッドリュウキ45S(シングル1本) 50S(シングル2本)
スミスARスピナートラウトモデル3.5g

追記 

7月15日 真冬に一度追って釣れなかったリベンジに早朝短時間だけ茂漁川と漁川に出撃。

今日はヤマメデイでニジマスは確認できず。
20170715(1).jpg

こんなのがチョコチョコと出てくる。
20170715 (2)

こんな住宅地でもヤマメ。
ここにもラインが捨ててありがっかり。
20170715 (3)

それ以外は水とバイカモの花が綺麗で気持ちよい。
20170715 (4)

漁川本流。
小さいのがたくさんいる。
ボトムノックでヤマメ数匹。
落ちた瞬間に食ってきたりするからドライでもよさそう。
20170715 (5)

8時、すでに蒸し暑く汗だく。
27℃。日中は今日も36℃なのか!?

午前中に長官の歯医者さんと午後の仕事があるので、冷房をガンガンにきかせた車を飛ばし9時帰宅。

それでは皆様、良い連休を!

コメント

非公開コメント

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。