7月22日~23日 黒斑点の釣り人とダム湖の虹鱒

フレッシュウオータールアー紀行
07 /22 2017

手足口病の早期リハビリにと、
金曜の午後から180km先のダム湖に行ってきました。

足の裏が痛すぎてつま先で歩いていることが多く、かゆかった手はボツボツが赤黒くなってこんどは痛くなり、まだ渓流は無理だと思ったこともありますが、
毎年ここではいい思いをしているので、この季節はつい行ってしまいます。

相変わらず空いていて、到着時は釣り人おらず。

昨年の水害時は見るも無残でしたが、その傷跡は見た目には問題ないようです。
20170722 (0)

ウエーダーに着替える際、靴を脱ぐと靴がかかとに当たって激痛でビビる。
まあ、痛い痛い言っててもしょうがないのでやりますべ。

水温22℃。
この辺もよいポイントですが、遠浅です。
今日は岸際ぎりぎりでも湖全体にたくさんのライズがみられます。

しかし、まだ本調子でないことが魚にばれているのか、いろいろ投げ続けますがあたりなし。
20170722(1).jpg

移動しながら来たのは水中に沈んだ岬。
水中にうっすら見えるところにウエーディング。
20170722 (2)-1

表層でも釣れる時は釣れますが、
ここは急深になっているので、まずはジグで攻略してみます。

数投目で、かなり手前までショートジャークを繰り返し寄ってきたジグが、ピックアップ直前に突然グイグイグイと持って行かれる。
ここの魚はワカサギを食っていて栄養状態が良いのか、元気が良く、良くドラグを出してくれます。

楽しい―。

今釣行ファーストフィッシュは、アラフォーの元気なニジ。
20170722 (2)-2

その後ここで、ニジ2匹、アメマス1匹、小さいヤマメ2匹を追加。
20170722 (2)-3

てか、ここでヤマメ釣れたのはじめてなんだけど。
ヤマメの放流でもあったのかしら…。

次はインレット。
20170722 (3)

ゆるりゆるりとスプーンをひいてきます。
ここはダウンでの攻略。
20170722 (4)

渋かったけど、黒系のスプーンでやっとインレットでの一匹をゲッツ。
よかった。
20170722 (4)-1

その後入湖点近くにポイントを移し、スプーンで2本のデカニジから漁信あるもばらす。
一本は藻が絡んでこない程度にゆるゆるひいていると、竿が思いきり前方にひったくたれて竿が持っていかれるかとビビるが乗らず。
もう1本はフッキングして、ぐいぐい寄せかなり大きな魚影が水面に見えたが、そのまま水中でばちゃばちゃしてフックアウト。


翌23日早朝。

4時に起きると大雨。
あまりに雨脚がはやいので、天気予報とにらめっこをしながら小降りになるのを車の中で待ちます。

もう少し寝ていればよかったなぁ。

5時前小ぶりになり、カッパを着て急深のポイントに出撃。

おぅ、1投目でスプーンにヒット。
20170722 (5)

しかし、その後はスプーン、ミノー、ジグとまったく音沙汰がありません。

早朝、曇天、雨。
魚にとっては良い状況だと思うのですが、雨のせいか虫も少ないし、ライズもほとんどありません。

急深ポイントをあきらめ、藻に悩まされる入湖点ポイントへ移動。

途中水面におぼれているクワガタを発見。

昨夕は水面近くを飛んでいる蝶にまでライズしていた(飛んでいる蝶を空中でとらえるのを見た)のですが、今日はライズもほとんどなく食われていないようです。

竿を伸ばしてクワガタ救助。食われなくってよかったね。
皮が固いから食っても吐き出すかもしれないけど。
20170722 (6)

クワガタを助けた恩恵なのでしょうか?

その後、スプーンを投げると、すぐに竿をひったくられるようにガツンとヒット。

ひとしきり潜ってそこそこドラグが出て、浮かせてくるとジャンプ2発。
20170722 (7)

無事ランディング。
50はないと思うけど、今釣行イチのニジでした。
20170722 (8)

その後、同サイズのニジを1匹バラシ、そして今日も何故かヤマメが釣れて、7時30分撤退。

湖の釣りは満足したし、日中は釣れなくなることが予想されるので、川へ寄り道。

ちょっとだけ川で釣ってから帰ろうと思っていたので、お手軽に近隣市街地付近に入渓してみる。
入渓点にすぐあった段差堰もどきは、いかにもいそうだったけど、あたりなし。

もしやこの辺りにはいないのか?
20170722 (9)

そう思って撤退しようかと思っていたら、ちょっとした落ち込みで、小虹鱒。
おっ、ニジいた!
20170722 (9)-1

ニジがいたのでやる気になって、
川は暑い中気持ちが良く、ちょっとだけ遡上していく。
20170722 (10)

ちょっとした落ち込みポイントをスピナーで叩いていくと、
このサイズの虹鱒が数匹。
20170722 (10)-1

ニジマスは流れの早い落ち込みについていることが多く、ヤマメはトロ場についていることが多い印象。
20170722 (11)

こんなトロ場にはニジマスはおらず、小さなヤマメばかり何尾も釣れてくる。
20170722 (12)

小さいのばかりと書きましたが、、、
実はこんな落ち込みで、浅いところからルアーを流してくると、
どかん!と間違えなく40UPがかかったんですよー。

新しいリールのドラグ設定ができておらずゆるゆるで、かかった瞬間からドラグがすごく出て、一生懸命巻くもジャンプ3発しラインブレイク。
ドラグゆるゆるなのに、何故ラインブレイク!?
20170722 (13)

バラシも多かったけど、今回も楽しめた。
退渓して昼には札幌に向かった。

ロッド: D-3 Custom Lure'S Blakiston 706ML
リール: ステラ2500+クロスベークデルタノブ(NSクラフト)
PE: よつあみ G-soul WX8 16lb
リーダー: モーリス ストリームショックリーダー 8LB
ルアー: ジャックガウディJr 7g ゴールド
     スミスピュア5g レッド o rグリーン 日本アワビ
     Brighton6g ブラックレインボー

ロッド: メジャークラフト ネクスティーノ 522L
リール: コンプレックスCI4+2500HGS
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー: スミスARスピナートラウトモデル 3.5g


【今日の一首】
恋い焦がれ
君を探しに
山上湖
手には貴女と
同じ斑点

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは!

ブログ拝見させて頂いて思いました。
恐るべしは、手足口病よりやまねったさんだと!
飛ぶ魚を落とす勢いではないですか!!
病み上がりのなせる「技」では無いです!
ほとんど仕業って感じ
恐れ入りました。

No title

アマちゃんさん、こんばんは!

コメントありがとうございます☆

いやいやいや、ボクより手足口病のウィルスの方が断然怖いですよー(笑)
久々人生の苦難を味わいました。
ボクなんて優しいもんです。

「飛ぶ魚を落とす勢い」とおっしゃいますが、決してそういうわけではなく、ここは毎年魚影が濃いのです。釣れたのは断じてボクの腕ではありません。

ぜひ魚影の濃い十勝へご一緒しましょう~!

No title

いいですね~ニジマスくん!
今シーズンはまだ1匹も釣ってませんよ(釣りに行ってないのでw)
ニジマスの川はちょっと遠いので、なかなか行けないんですが、そろそろあの引きを味わっておかないと・・・

しかし流行ってますね、手足口病
ワタシは、今を去ることン十年前の高校生の時にかかりました
あの時は、初めに水疱瘡になって死にそうになり、ようやく治って学校行けるかと思っていた直後に手足口病発症(笑)
結局2週間以上休みましたね~
ああ、青春の思い出だ(?)

No title

MK@YUKIさん

こんにちは~☆
コメントありがとうございます。

虹鱒いいですよねー。
自称虹鱒中毒のやまねったです。
東京在住時には福島のレイクレジーナやフォレストスプリングスなんかの管理釣り場に暇を見つけて通っていましたが、北海道に来ていよいよワイルド虹鱒の魅力にとりつかれてます。是非カルコンBFSで東北レインボーゲットしてください!

しかし水疱瘡に続いて手足口病にかかるなんて、地獄ですね…。
考えただけでも恐ろしいです(笑)

No title

やまねったさん、おはようございます。
手足口病をまだ引きずりつつも、ニジマスやヤマメ好釣の快進撃・・・ 本当に凄いです!!
写真の川も素敵な渓相ですね。ここに立って、あの筋にフライを流して・・・などと妄想してしまいました♪ 是非訪れてみたい川です。
最後の一句も何ともシュールでオツですね・・・ (^^ゞ  どうぞお大事にされてください!!

GCさん、こんにちは!

ありがとうございます(*^_^*)
手足口はほぼ完治して、手足の皮がむけてくるくらいになりました!
写真の川、足が痛かったのと一人で熊が怖かったので、ほんの数百メートルしか登ってませんが、変化に富んだ楽しい流れでした。大物を狙ってもっと上りたかった~

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。
ちなみに年はアラフォーを超えた40UPです(^.^)/~~~