8月13日~15日 合同部隊レク合間のちょい釣り in 尻別川・長流川

Fresh Water Lure紀行
08 /15 2017

仕事の都合でお盆しか休みがとれない弟夫婦が、久々に8月13日から子供を3人連れて横浜から遊びに来た。

お盆はどこに行っても混んでいるし、どこに泊まっても普段より高いし、そもそもお盆休みというものはなかったので、毎年大人しくしていたのだけれど、今年はせっかく弟部隊が来たので旅程前半だけお付き合いして月火の2日休みをとり、8月13日~15日2部隊総勢8名で合同部隊レクに行ってきました。

8月13日の宿泊はワンニセコリゾート&タワーズ。
夕飯はカレーを制作し、部屋で大部隊レク。

翌8月14日、どうせみんなは9時前までは寝ているので、ワタクシは一人5時前起床。
近くの尻別川に向かいます。

昆布近辺が10km圏内と近いので、お手軽な昆布ポイントに入ろうと向かいましたが、まさかの先行者あり即時撤退。
車を走らせてあちこちポイントを探したけど、さすがお盆、どこの橋の下にも必ず1、2人の先行者がいます。
ポイントを探しながら、ついに京極まで来てしまった。もうホテルから全然近くない・・。

でも川に立ちこめば気持ち良い。
残り時間は1時間30分。
20170814 (1)

ポイントを攻めていくと、何カ所か目の小場所でニジマス。
その日の1匹目はサイズを問わずほんと嬉しい。
20170814 (2)

サイズは伸びませんが、その後もちらほら。
20170814 (3)

小さいけどヤマメも釣れた。
20170814 (4)

かなり強い流れの中に立ちこんで、
直アップでぶっとい流れの中から出てきた今日イチの1匹。
といってもアラサーだけど、強い流れの力が加わってかなりの強い引きでした。
こんな流れで40UPがかかったら、まず獲れないだろうなぁ。
20170814 (5)

短い時間だったけど、楽しかった尻別川。
朝風呂と朝飯に行くから帰ります。
バイバイ!
20170814 (7)

ホテルに着くと駐車場でクワガタ発見。
このクワガタは部隊のアイドルになり、ちょっとかわいそうでした・・・。
20170814 (8)

ミルク工房やら釣り堀やらで遊んで、この日の宿泊はきたゆざわ森のソラニワ。
プールに入って、部屋で2日目の大部隊レクをして就寝。

翌8月15日、本日も一人5時前に起床。
だって目の前に長流川が流れているんですもん。

入ったことのない川でポイントが分からないので、グーグルマップで見つけた徳舜瞥川との合流点に行ってみます。
水温17.2℃。
とても良さそうなところですが、入渓点は入りやすいためとにかく足跡だらけで、無数の人の痕跡があります。

こんな良さそうな落ち込みでもノーチェイス。
20170815 (0)

でも他のポイントもわからないので、この時期はプールにはいないだろうなぁと思いながらも、仕方なく下流側プールにダウンでARスピナー6gを投げていると突然糸が走る。
20170815(0)-1.jpg

あっ、ニジマス居たのね!
20170815(1).jpg

合流点付近のこちらは徳舜瞥川。

水温16.2℃。
まずは少しこっちの川を遡行してみましたが、入渓点付近の魚影はかなり薄い。
20170815(0)-2.jpg

なんとかこんな落ち込みに続くプールで、ブルブルとヒット。
20170815 (2)

やっとこ徳舜瞥川の1匹に出会えたので、これで川を下り入渓点に戻ります。
20170815 (3)

まだ時間があったので、今度は長流川の方を少しだけ登ってみました。
ここも入渓点付近の魚影は薄く、いかにもいそうな良いポイントにもいない。

こちらではじめて反応があったのは、この橋の下。
中心の落ち込みでは反応がなく、シングルフックにしたDコンタクト50を対岸ギリギリの落ち込みにキャストしてドリフトさせると、ヒット。レラカムイが曲がり魚影はかなり大きかったけど、中心にある流れの強い流心にはいってフックアウト。
20170815 (4)

その後、こんなプールにあった沈み石からニジマスが飛び出してきてヒット。
黒のフェザーをつけたシングルフックのスピナー。
20170815 (5)

これを最後に朝風呂と朝飯のため撤収!
20170815 (6)

今日はアスレチック「野外アドベンチャーパーク北湯沢 ムササビ」に参加する弟の長女を見送ってから、我が小部隊は帰宅。
他部隊は、今日からトマムに2泊すべく出発していった。

眠いっす・・・。

ロッド: ANGLERS REPUBLIC レラカムイ 53UL
リール: コンプレックスCI4+2500HGS
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー: スミスARスピナートラウトモデル 3.5g&6g
      スミスDコンタクト50

コメント

非公開コメント

No title

やまねったさん、こんばんは。
ニセコへの部隊大移動のついでに、朝飯前の釣行・・・・、それも京極の石清水の川・・・ しかもお初ポイントなのにしっかりと魚とご対面!!
さぞや、その後の朝飯も美味しかったことでしょう!!
これぞ北海道。心底羨ましいです!!

No title

Green Cherokeeさん

こんにちは!
朝飯前の釣行も2日続けると体に来ますね(^_^;)
帰ってもみんなまだ寝ていて本当に釣り行ってたの?って感じでした。
いつも初めての川はまずポイント探しに時間がかかって大変です。
1日中ポイントを探して終わってしまうこともあるので、今回は竿が出せてラッキーでした。
北海道と言えどお盆の尻別川は激戦区でした。お盆だからか、いつもこんなに人が入っているのか・・分かりません。それでも魚がいる尻別川の懐の深さは素晴らしいと思いました。立ちこむと流れが厚く重いので、流れを流すにも、岩裏とかのピンスポットを狙うにしても、フライの方がルアーよりも釣りやすいかもしれないと思いました!

No title

こんばんは!
尻別川も長流川も超激戦区なのに釣果とは・・・
流石ですよぉ~~
何時間も遡行しても中々なのに!

どちらも十数年程前は型物の宝庫だったらしのですが・・・
今は、薄くなってしまってって昔通い詰めていた人(談)
短時間でサクッと行っちゃうとは・・・   流石!

No title

アマちゃんさん、おはようございます!

やはりお盆の有名河川で、入渓点付近でのちょい釣りは難しいと思いました。

アマちゃんさんのように、ボクも長流川でブラウンを釣ったり、徳舜暼川で50cmの虹鱒を釣ったりしたかったぁ(笑)

十数年程前まではそんな魚影濃い川だったんですね。
時間がある特に両河川とも遡行して開拓してみたいです!

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りがメインで、トラウトは管理釣り場のフライフィッシングばかりでしたが、最近はトラウトルアーの勉強中です。

北海道の魅力は大都市の札幌近郊でも山奥でも、いたるところの河川や湖沼で野生化したワイルドトラウトが自然繁殖していることです。

仕事の合間の時間を見つけては、週末のちょい釣りトラウトを楽しんでいます♪


まだまだ北海道初心者ですのでみなさまいろいろ教えてください。
アラフォーの40UP♂です(^.^)/