9月1日 ダム湖で撃沈

Fresh Water Lure紀行
09 /01 2017
題名のとおりでございます。

「撃沈」、それはいわゆるボウズというやつですな。

決して沈没したわけではありませんよ。

「ボウズ」、それは釣り人にとっておどろおどろしい響きの言葉。
「ボウズ」、それは釣り人にとって嘆きの言葉。

9月1日金曜日、先週の好釣果に味をしめて、もっとでかいのいないかと午後から湖へ向かいました。

気温15℃、秋のような心地よい気候です。
水温は19.8℃。先週より1.8℃下がっています。

いちばん目を引くのは大幅な減水。
かなり水位が下がって、かけあがりギリギリまで水が引いて、岸通しでも歩けそうになっています。
20170901 (1)

14時30分、先週46cmを釣った上流側バックウオーターに向かう。
途中で投げていると、あたりは時々ありますが乗らない。
やっと2尾小さいニジをかけたけど、ジャンプやらでばらし。
20170901 (2)

さてバックウオーターはどうでしょう。
深みがあった場所も大分浅くなっていて、底が目視できるところが多くなっていました。
見える範囲では魚影はありません。

水面に落下したセミがバタバタしていましたが、食われる気配もありません。
もちろんルアーを投げても反応なし。
20170901 (3)

対岸のかけ上がり。
ここでも小さいあたりが何度かありましたが反応薄です。

そして15時頃から、いつのまにかあたりもなくなりました。
20170901 (4)

足を延ばして行ったことのなかった湖の真ん中辺のインレットへ。

ここも流れ込みのあたりにいそうなんですが浅くて魚影は確認できず。
もちろんルアーを投げても反応ありません。
20170901(6).jpg

とぼとぼボートを漕いで、風景に癒されながらご帰還。

暗くなる直前まで粘りましたが、15時頃からは全くあたりなく、18時撤収。
20170901 (5)

今年はけっこう調子よく来ていたのですが、久々4月中旬の釣行以来のボーズです。
撃沈です。

でもうまい人は近郊ででかいの釣っているようですよ~。 

腕の差か。
腕を磨いて出なおしまっす!

あれっ、レラカムイ使ってる。
レイズスペクトラ使わないの?

だってニューロッドをしょっぱなから湖に落としたら大変じゃないですかぁ。

これは来週にデビューさせる場所を決めてあるんです。うふふ。
時間を見つけては慌ただしく準備中。
20170903 (1)
20170903(2).jpg


【今日の一首】
釣れぬより
釣れるといいな
わたしもね
あなた釣るまで
帰らないから

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは!!

色んな事があってぇ だから面白いんですよぉ!
見える魚なのに釣れなかったり、こんな所と思うような所から
大物が出たりねぇ
私の家内は、釣れもしないのに釣り行って。 って言うんですけどぉ
水辺に立つだけで気持ちが癒されるんですって言ってます。
何言ってんだかって思ってますよ!
魚持ち帰らないだけなんですけどねぇ
何時も「ボウズ」だと思ってるかもぉ

まっ・・!

人間万事塞翁が馬ですからねぇ~!



追伸、入魂 頑張って来て下さいねぇ!

No title

アマちゃんさん、こんばんは~。

コメントありがとうございます。
and 昼から釣行で先行者多数の中50UPおめでたうございます!

そうですね!
釣りは色んな事があるから面白いんですよね。
勘が当たった時の満足感とか、当たらなかった時の意外性とか。

うちもボウズ=「逃がす手間が省けてイイネ」「釣れないから帰ってくるのが遅くてコマル」位の認識かも(笑)
水辺に立つだけで気持ちが癒されるんですよ!って言いたい~。

入魂したいのですがレギュレーションが厳しいですねぇ。
バーブありでもばらしまくってる下手くそなのにバーブレスだと獲れる気がしない・・・。

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りがメインで、トラウトは管理釣り場のフライフィッシングばかりでしたが、最近はトラウトルアーの勉強中です。

北海道の魅力は大都市の札幌近郊でも山奥でも、いたるところの河川や湖沼で野生化したワイルドトラウトが自然繁殖していることです。

仕事の合間の時間を見つけては、週末のちょい釣りトラウトを楽しんでいます♪


まだまだ北海道初心者ですのでみなさまいろいろ教えてください。
アラフォーの40UP♂です(^.^)/