夏休み部隊レク2017~前編~士幌川水系湧水河川のブラウン

フレッシュウオータールアー紀行
09 /09 2017

9月8日

1泊目の宿泊予定地は十勝川温泉。
15時ジャストにホテル着。
長官、少佐、母君をチェックインさせ、ホテルの人が荷物を運んでくれそうだったので、ワタクシは部屋にもいかず1人遊軍となり出撃。
虹鱒の里川、ブラウンの里川、十勝川本流の3択で迷ったけど、
きっとその後の夏休み行程で虹鱒は釣れるだろうから、昨年50UPのブラウンが釣れた里川に決定。

曇り、時々雨。
気温19℃、水温16.2℃。
なんか昨年台風の後に来た時より、水が少なくて水色が悪い。
ボサがひどい。
そういえば昨年は大増水がちょっと引いたところで、川岸のボサがほとんど倒れていて釣りやすかったんだ。。

場所はこんな堰堤がたくさんある小河川。
20170908(1).jpg

堰以外はほとんどがこんなボサに囲まれた直線的なせまーい河川になっています。
水深も膝くらいのところが多く、ウエーディングもできました。
昨年大物が釣れた上流部は、すごく狭い川になっていてボサに覆われほとんど水も見えません。
20170908 (7)

堰下でスピアヘッドリュウキ50MDFを投げると1投目から小ブラウンがヒット。
20170908 (2)

堰に投げても小ブラウン。
まあ釣れてくれるだけ釣れないより楽しいのだけれど、願わくば型がみたいところ。
20170908 (3)

良く釣れますが小さいですなー。
20170908 (4)

少しましなサイズ。
20170908 (5)

堰は人が入りすぎているのか、堰より何の変哲もない自然河川部の方が反応がよく、サイズも少し大きい。
水深が浅く底の藻が絡むので浅い場所ではスピアヘッドリュウキ50Fに切りかえる。
20170908 (6)

こんな変哲もない直線部でも立て続けに2尾。
20170908 (8)

本日の釣果は小ブラウン7匹。
途中からはなぜか真っ茶色に濁ってきて、その後は反応がなくなったので撤退しホテルに戻りました。
20170908 (9)

帰り道に日が暮れて、ホテルに着く頃には真っ暗に。
20170908 (10)

部屋に戻るとみんな風呂に入っているのか誰もいない。
こういう時のために、鍵を2つくれるホテルは便利で素晴らしいと思う。

部屋の風呂で汗を流して、帰り道に買ったセイコーマートのワインをデッキで一人堪能して夕食前に酔っぱらう。
十勝ビュッフェでも日本酒を飲んで泥酔し、温泉とサウナ&水風呂を堪能し就寝。
20170908 (11)

9月9日

旅行前半とあってまだ元気なので、朝4時30分に起床。

曇り時々晴。
近くにあった橋から士幌川本流に入渓してみる。
こんな釣れそうな落ち込みにミノーやらスピナーやらを投げても釣れないので、相当人が入っているのかと思って早々に撤退。
きっともっと遡行すれば魚影が濃くなるんだろうけど、朝食までに戻る必要があるので時間がない。
20170908 (12)

結局、昨日の小河川に来てしまった。
リュウキ50MDFをダウンに流して堰下で小ブラ。
20170908 (13)

立て続けにもういっちょ。
20170908 (14)

自然河川部では今日もリュウキ50Fをアップで投げる。
20170908 (15)

自然河川部の方が若干サイズがアップ。
20170908 (16)

ほんと何の変哲もない直線的な場所だけど、ボサに隠れているのだろう。
魚影が濃く立て続けにヒット。
20170908 (18)

裸ん坊将軍様が愛用していたミルドレッドジョインテッドでも釣れた。
小さいけど…。
20170908 (19)

その後は写真撮らなかったけど、数匹追加して今日は7尾くらい。
今年は大きいのがでず心残りだったけど、まあ釣れたので上出来です。

ホテルに帰って、朝風呂を堪能し、朝食を食べて10時チェックアウト。
観光をしつつ、次の宿泊地の中札内に向かいました。

ロッド: ANGLERS REPUBLIC レラカムイ 53UL
リール: レアニウム2500S+クロスベーク平ノブ(NSクラフト)
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー: スピアヘッドリュウキ50MDF, 50F, ミルドレッドジョインテッド58JS

コメント

非公開コメント

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。
アラフォーの40UPです(^.^)/~~~