10月13日~15日 湧別川・武利ダム遠征:敗因は何?

Fresh Water Lure紀行
10 /15 2017

10月13日~15日、瀬戸瀬温泉ホテルに2泊して、1年ぶりに大物目当てに湧別川方面に遠征に行ってきました。
といっても、湧別川は短時間入っただけで、ほとんどが武利ダムでの釣りになりました。

10月13日金曜の午後にワタクシの運転で札幌を出発。
旭川近辺はかなりの豪雨でしたが、途中高速道から見る石狩川は珍しく澄んでいて期待が持てます。
丸瀬布から瀬戸瀬まで無料高速区間が今春開通していて、昨年よりも移動時間は短縮です。

16時前に湧別川の野上堰堤着。
気温7℃、水温11.6℃。
20171015(3).jpg

日暮れまでの1時間弱、堰とその下流をミノーとスプーンで探りましたが、いかにもいそうなところも2人ともノーチェイス。
時期的に落ち込みでの居着きはもう終わったのかなぁ。それともすれているのか・・。
日が暮れて遠軽のCOOPさんで酒と食料を買って瀬戸瀬温泉泊。
適温でゆったりできる良い温泉です。
管理人のおじさまのお話では今年は湧別川の水量が少なく釣果が大変芳しくないとの事。
武利ダムももう大きいのはいないのでは・・という。

翌朝は5時起床予定だったけど、寝坊をして6時過ぎ起床。
湧別川に行くか武利ダムに行くか悩んだけど、とりあえず武利ダムへ。
7時過ぎにスタートしましたが湖面にはまだ誰もいません。
気温4℃、水温9℃。ダウン着なかったらすごく寒かった。
20171015(4).jpg

昨年来た時は台風後で、土砂と流木で荒れ果てていましたが、流木は大分なくなっていて、インレット付近の一部が何のためかは分からないけど整地されていました。手前側に四角い土手が作られていて、湖側の土手(写真奥)の下からウエーディングして湖に進むと、土手に平行した一直線のかけあがりが見えます。このかけあがりあたりの少し沖を魚が回遊してきそうな気配です。
20171015(5).jpg

武利川インレット。湖への流れ込み部分。浅いです。
インレットの下流のダム湖は浅くなっていて、減水していれば湖中央付近までウェーディングでたどり着いてしまいます。
でも湖中央にたどり着いても、全体的に土砂に埋まってかなり浅いのであまりポイントはありません。
素直にかけあがりで釣るのが無難な様子。
20171015(6).jpg

インレットの少し上流は工事していましたが、流れ込む水は綺麗でした。ここも渇水です。
少しだけ川を上ってみましたが、魚がいる様子やチェイスはありませんでした。
20171015(7).jpg

インレット付近のかけあがりでの一匹。
20171015(8).jpg

ルアーをとっかえひっかえ苦戦しながら、やっとチヌークで38cm。
ヒキは最高なんだけど、願わくば50UPを・・・。
20171015(9).jpg

ワタクシが苦戦している間、なんやしらんが、友人は30cm位のニジを爆釣している。
こちらは激シブ。
ルアーローテを繰り返し、リュウキでやっともう1尾。
20171015(10).jpg

紅葉が綺麗ですね・・・。
20171015(11).jpg

土手の前は、この辺りまでウェーディングすると一直線のかけあがりになっています。
これはインレット側から入渓地点付近を撮った写真。ウェーディングしている友人が写ってます。
20171015(12).jpg

インレットではなく、ダムサイト側にも一カ所だけ入れる場所があり、そこはどこからかの放水口があり、水の流入がありました。
放水の流入の勢いがよかった時は少し反応が良かったのですが、勢いが弱くなると反応も止まりました。
20171015(13).jpg

こちらでは1尾ばらして、アメマスがヒット。
20171015(14).jpg

結局、この日の湖での結果は、友人15尾(しかもチェイス、バラシ多数)、ワタクシ4尾。
おかしいでアルよ~。

夕方、1時間弱遠軽付近の湧別川。
サケがけっこういます。
20171015(1).jpg

マッチ・ザ・イクラのつもりで、サイズ的にも見た目もイクラっぽいボトムノックスイマーⅡレッドでアメマス1尾。
友人はイクラスプーンでニジマス1尾。
20171015(2).jpg

山岡屋でラーメンを食べて、瀬戸瀬温泉に帰館。
疲れて飲んで、22時頃には就寝。

翌10月15日も6時過ぎから武利ダム。
気温2℃、水温8.6℃。この日はダウンを着てそんな寒くない。
放水の影響でどんどん減水していき、最終的には昨日より膝の高さぐらい水が減っている。
昨日ウェーディングした部分も大方陸地になった。
かけあがりを狙ったけど、あまりに釣れないので(友人は昨日ほどではないけど釣れている)、湖中央付近までウエーディングして対岸の岸際を狙っていると、50弱位のまあまあ大きなニジマスがスプーンを3回つついて反転していったのだけがこの日の魚とのコンタクト。

この日友人は4尾。ワタクシボウズ。

11時納竿し、帰りがてら、丸瀬布スポーツ公園裏あたりの湧別川に30分ほど入渓してみるが魚信なく、12時に帰路についた。

結果、、
今釣行で友人19尾+ばらし5尾+チェイス多数(最大38cm)。
ワタクシ5尾+ばらし1尾+チェイスほとんどなし(最大38cm)。
2人とも大物は獲れなかったので、今回の目的は果たせなかったのだが、釣果は湖での数で大きく差がついた。

この友人Iとはよく遠征しているのだけれど、釣果で敗北を喫したのは、2015年8月のポンテシオ湖・岩尾内湖・糠平湖遠征以来約2年ぶりのこと。
まあ、そんなこともあってもいいかなとは思うけど、しかし今回は釣果にあまりに差があったので、今後の成長のためにも原因を考えなくてならないのです。

まずはルアー選択の違い。
友人は今回ほぼルアーを変えずBrighton9gアカキン(時々グリーン)で爆釣。しかもかなりチェイスが見えるという。ワタクシは軽いBrightonしか持っていなかったので、様々な5~10gの各種スプーンをかなり色々ローテーションして試すがチェイスもほとんどなし。

そして巻き方の違い。
友人は今回ハイギアでの早巻き2回+ストップもしくは軽くトゥイッチしながらの早巻き+ストップが主体。ワタクシはノーマルギアでのいつもの定番スロー~デッドスローの時々ストップが主体。

これは関係ないと思うけど、あとはリーダー。
友人はフロロで僕はナイロン。

今回の釣果の差は何が違うんだろう?

ポイントは入れ替わったりしていたので関係なさそうだ。
やはりルアー選択なのか。。
でもですよ、、、、
友人はBrightonでなく、たまたまチェンジした安売りの100円テントウムシスプーンでも釣っていた。追いもかなりあったという。
ワタクシすごく色々なスプーン試したし・・。
だからルアー選択は関係ないかもとか。。

では巻き方?
でもですよ、、、、
最終日は友人がしていた早巻きのストップも試したけど、ワタクシは音沙汰なし。
だから巻き方は関係ないのではとか。。
早巻きが足りないのか?

じゃあなんだ?
腕か?
そうか、腕か(笑)
腕なのか・・・。
ニュータイプに進化したとかぬかしていたが、ヤツは本当にニュータイプになったのか、はたまた自分の方の腕が‥‥。

結局よくわかんないのです。
なんかの差で釣果に大きな差の出る、今までの釣り方に疑問を投げかけた勉強になる釣行でした。

湖;
ロッド: D-3 Custom Lure'S Blakiston 706ML 
リール: ステラ2500+クロスベークデルタノブ(NSクラフト)
PE: よつあみ G-soul WX8 1号
リーダー: モーリス ストリームショックリーダー 8LB
ルアー: スミスドロップダイヤ5.5g ダイワチヌーク10g DUOスピアヘッドリュウキ50MDF スミスピュア6.5g
 (ルアー選択にかなりの迷いが見えています)
河川;
ロッド: TENRYU レイズスペクトラ RZS53LML
リール: コンプレックスCI4+2500HGS
ライン: バリバス スーパートラウトアドバンス サイトエディション 8LB(2号)
ルアー: ボトムノックスイマーⅡ3.2g  


【今日の一首】
北の糧
食べるあなたと
駆け引きし
かなうはずなく
湯で空を見る

コメント

非公開コメント

No title

やまねったさん
こんばんは!遠征お疲れ様でした~
思うような釣果ではなかったみたいですね…。
お友達さんとの差ですか…私は止水での釣りはしないのでわかりませんが、
単にポイントの差ではないでしょうか?
止水は居つきよりも回遊ですよね?だから、差が出たのではないでしょうか?
河川では基本的に居つきですから、自分が叩いたポイントで仲間が後から魚を引出てしまうことがあるので釣り方(トレースライン、レンジ等)、ルアー選択は
ありますよね。
うーん…自分でこう書いていてレンジ(深さ)なのかな?とふと思いました。
ルアーのウエイトでも同じ重さでもタイプによっては、フォールの仕方や見せ方が
変わりますよね、お友達さんはフォールの段階で魚に興味を持たせて、チェイスにまで持ってこさせていたのかな…。
チェイスさせてしまえばあとは巻き方などのテクでバイトに持って行けるんで。
長々と書いては見ましたが、止水経験のないワタクシなんで、戯言と思って読み流してくださいw

No title

MAKOTOさん

こんばんは~(^.^)/
コメントありがとうございます!
そうなんですよー、今回思うような釣果じゃなかったんですぅ。
遠征自体は楽しかったのですが、大物は出ず、(ボクは)数も出ませんでした。

釣果の差はポイントも若干はあるのかもしれませんが、すぐ隣で並んで釣ってたり、お互いに移動して何となく入れ替わったりしていたので、あまり関係ない気がします。

レンジかぁ!確かにそれが一番可能性があるのかも。
言われてみると確かに大いに関係あるような気もします。
友人の方が重いルアー(9gかそれ以上)を使っていて、ボクはそれより軽い5-10gを使っていましたが、友人はハイギアで早巻きしている分、浅いレンジをひいていたのかもしれません。
なるほど~そうかぁ。その説明がいちばんしっくり来るかなぁ。
水深は多分深くても2m位のところなので、どこのレンジも同じようなものだろう、中層から低層くらいをひいときゃいいやとたかをくくっていたのが、よろしくなかったのかも。。
次はレンジを意識して望んでみます。アドバイスありがとうございます!!

渓流シーズンも終盤ですが、お互いに終盤のラスト頑張りましょう!
ラストの後に冬の再出発があるかもですが(笑)

No title

ごぶさたしておりましたぁ~~
気持ちも体も余裕が無い忙しさで
釣りにも行けず、くぅらぁ~~~い毎日を過ごしておりました。
やっと、少し余裕が出来ましたぁ!
今日、釣りにもいっちゃえましたし!
コメントさせていただきますぅ!
自分だけが釣れたり、相方だけが釣れたり
コラボあるあるですよね~
私の場合は・・・
釣り方のスタイルが違うんだからと仕方がないんだと・・・
あきらめつつも、自分のスタイルを崩さない様に試行錯誤してます。
だってむずかし過ぎるんですもぉ~  釣り!



No title

アマちゃんさん、こんばんはー。

くぅらぁ~~~い毎日、お疲れさまでした。
いいなー、今日釣り行ったんですね!!
しかもいいの釣れてるし。。

そうですねぇ、自分のスタイルは崩さないようにしながら、人の良いところは見習いつつ日々勉強します。

こちらも仕事が大変忙しく、現在も職場でバタバタと仕事中でっす!
なんとか週末の時間をあけようと、期日前投票にも行ったのですが・・、、

明日午後くらいは釣りいけるかな、いけたらいいな、近郊でGO!

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りがメインで、トラウトは管理釣り場のフライフィッシングばかりでしたが、最近はトラウトルアーの勉強中です。

北海道の魅力は大都市の札幌近郊でも山奥でも、いたるところの河川や湖沼で野生化したワイルドトラウトが自然繁殖していることです。

仕事の合間の時間を見つけては、週末のちょい釣りトラウトを楽しんでいます♪


まだまだ北海道初心者ですのでみなさまいろいろ教えてください。
アラフォーの40UP♂です(^.^)/