4月14日~15日 富良野近辺徘徊も魚信なし

Fresh Water Lure紀行
04 /15 2018
4月14日~15日

部隊レクを兼ねて美瑛・富良野方面の偵察。
三笠ICで降り桂沢湖を抜けて富良野に出るルート。

三笠付近のいつも素敵な名前だと思う幾春別川は雪代濁り中。

桂沢湖を抜けR452沿いを流れる三段滝のある芦別川は雪代終息方向のようだけど、まだ濃いグリーンの雪代濁りが強く厳しそう。
20180414 (1)

富良野近辺の空知川も芦別川と同じくらいの雪代中。

今回目的地は2年前の7月に大物を逃し反応の良かったダム。
気温10℃。水温5.9℃。
思ったより濁りは少なく水は綺麗だけど、満水で流木が浮いていて足場がほとんどない。
インレットの大地も水の中。
それでも夕まずめダムサイト付近で1時間半ほどロッドを振る。
20180414 (2-1)

なんとか立ちこんで、スプーンやジグを投げてみたけど全くチェイスもあたりもない。
周囲にはキツネや野鳥、白鳥はたくさん見えるけど、釣り人はおらず水中には生命反応なし。
20180414 (2-2)

日が暮れてしまったので納竿。
夜飲んだくれながら、この土地に詳しい方のブログでフィールドの調子についてお伺いを立ててみると、
昨日満水になったばかりで魚がまだ入ってはいないのでは・・と言う。
なぬぬぅ、リサーチ不足であった・・。行く前にお伺いをたてておくべきであったと後悔。
20180414 (2-3)

翌朝、いちおう5時30分起床。
気温0℃、雪がチラつく。
しっかり防寒してこなかったので体も手足も寒い。
ダム上流の流入河川。
クリアウオーターだけど多分渇水。
寒いので釣りはせず川を見ただけ。
20180414 (3)

ダムでロッドを振るが1時間弱で寒さに耐えきれず撤収して二度寝。

観光がてら麓郷付近の布部川。
クリアウオーター。岩盤底。水温5.8℃。
30分ほどミノー&スピナーを投げたけど無反応。
20180414 (4-1)

これは布部川かな…名前の分からない川。
ここはコケと泥が多くあまり魅力的でなかった。ここも無反応。
20180414(4-2).jpg

観光して太古の湯に入って帰宅。
というわけで今回は魚の顔は見れませんでした。

コメント

非公開コメント

相変わらず頑張ってますね!
こちらは出勤前の新釧路川の
アメマスで忙しいです!

来月は阿寒川解禁ですので
お会いした時と同じメンバーで
リベンジしてきます!

ブログ更新楽しみにしていますね( ・ㅂ・)و ̑̑

No title

おお☆ 釧路人さん、こんばんは!
訪問していただきありがとうございます。

出勤前のアメマスですか~、それは気合入ってますねぇ!!
お疲れ様です!体力勝負ですね。

こちらは今週はバタバタで釣りいけませんでした。
早く鱒のヒキを味わいたい~。

阿寒川、健闘を祈ります!!

No title

やまねったさん、おはようございます。
先週久しぶりに札幌市内に行きました。滞在はわずか3時間くらいでしたが・・・ (^^ゞ
生憎の雨模様でしたが、新千歳空港から札幌市内に向かう車窓から懐かしい河川や食べ頃のフキノトウの姿に癒されました♪
この記事から2週間・・・ 富良野の渓の雪もそろそろ消える頃でしょうか?
だんだん緑が増してくる時期・・・ 愉しみですね!!

Re: No title

GCさん、おはようございます。

短時間の来道お疲れ様です。
車窓から見るフキノトウもだいぶ大きくなってきました。
桜は今が満開で、新緑もちらほら見えます。
雪はだいぶ消えましたが、川はまだ雪代がかなり残っています。
先日レクでニセコに行ってきましたが、京極やニセコの尻別川は茶色の濁流でした。
川はもう少し雪代が収まってからのほうがいいかもしれません。
朱鞠内いかがですか?(笑)

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りがメインで、トラウトは管理釣り場のフライフィッシングばかりでしたが、最近はトラウトルアーの勉強中です。

北海道の魅力は大都市の札幌近郊でも山奥でも、いたるところの河川や湖沼で野生化したワイルドトラウトが自然繁殖していることです。

仕事の合間の時間を見つけては、週末のちょい釣りトラウトを楽しんでいます♪


まだまだ北海道初心者ですのでみなさまいろいろ教えてください。
アラフォーの40UP♂です(^.^)/