NSクラフトのクロスベークハンドルノブ

フィッシング関連グッズ
08 /31 2015

新潟のNSクラフトショップさんの
クロスベークハンドルノブ(平ノブタイプ)。

説明によれば、

「弊社のハンドルに装着できるベークライト(フェノール樹脂)のハンドルノブです。クロスベーク(布ベーク)の色合い、風合いが、まるでオールドタイプのリールにマッチしてると言えます。事実、オールドタイプのノブの大きさを参考にしましたので、大きすぎずに今風でもなく。シマノAタイプ基準で作ってますので、多くのリールと互換性があるでしょう。
サイズは長さ30mm、外向きの四角部が11.6x20mmとし、もちろんベアリングが2個入っております。」

「クロスベーク(布ベーク):布繊維を基材としたフェノール樹脂による熱硬化性樹脂です。不思議と水に濡れても滑り難く、まるで湿っとりと吸い付く質感が魅力かと思います。ナイフや包丁のグリップ、または銃火器などのグリップなどにも使用されている歴史も定評もある樹脂です。加工したばかりは黄色~茶色ですが、経年変化によって徐々に深い琥珀色に変化して行きます。表面仕上げは、あえて#1000程度な研磨布でボリッシュするだけにし、微細なザラツキを残してあります。ユーザー様の方でもっと細かく磨きますれば、濃い飴色の光沢も可能かと思います。」

とのこと。

何気なく愛用のレアニウムに装着したのですが、
すべることなく、実にしっとりと指なじみがいい。

巻きに関しても、従来のノブより自分は断然まきやすい印象。
巻きで疲れず、大物がかかっても、しっかり力を入れられます。

さらに説明通り、使えば使うほど、とてもきれいな飴色に変化していきます。

2015831平ノブ1


すぐに装着完了。ベアリングもついていてガタもなくぴったりでした。

2015831平ノブ2

この後、ステラ2500に同素材のデルタタイプのノブ、ストラディック2500に同素材の丸ダイプのノブを装着して、楽しませていただいています。

何故かノブを変えてから釣果が向上。理由は不明。

コメント

非公開コメント

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。
アラフォーの40UPです(^.^)/~~~