11月17日 今年最後の止水かな?

Fresh Water Lure紀行
11 /17 2018
11月17日 土曜日

寝坊して、8時から今年最後かも?の止水に釣行。
気温マイナス1℃、水温5.8℃。
今年初めての、実釣時のマイナス気温。
でも真冬の装備をしてきたので、そんなに寒くない。
20181117(4).jpg

数投しては、岸辺を移動しながら探っていく。
先発はスプーン。
開始早々10投目くらい、100mくらい岸辺を歩いたところで、もそっとロッドが重くなる。
大きな藻でも絡んだのかなというイメージ。
あれっ?引っかかったっと思ったら糸が動く。
水温が下がったためだろう、ひったくられる様な強い当たりはなくなり、もさっとした重いあたりだった。
合わせる。のった!
何度か潜って、タモ入れにてこずったけどキャッチ。
20181117(1).jpg

開始早々、いい虹鱒だ。
コンプレックスCI4+ 2500S入魂です。
20181117(2).jpg

ゆっくりリリース。
またいつか会いましょう!
20181117(3).jpg

その数分後、またヒット!
と思ったら、フックアウト(>_<)
立て続けのヒットなので、群れが回遊していたのかも。

その後2時間くらい、さっぱりあたりのない時間が続く。
水温が下がり、ウ軍は一兵卒の姿もありません。
スプーンの種類と色を変えたら、やっとヒット。
20181117(6).jpg

さっきより大分小さいけど、いいヒキでした。
20181117(7).jpg

10時を過ぎたら、とんとあたりがなくなった。
風が強くなりラインがふけて、水面がかなり波立ち釣りづらい。
おまけに粉雪が舞ってきた。
今年は初雪が遅く、今冬初めて見る雪だ。
遂に冬が来た。

気分を変えて川へ移動。
水温7.4℃。
20181117(13).jpg

途中たくさんのキノコを発見。
見た目は食べられそうだけど、知識がなくて毒キノコを採ってしまいそうなので、採らないことにしている。
今度なんていうキノコだか、キノコ博士に聞いてみよう。
20181117(12).jpg

なんだか、落ち込みとその後の深みで、釣れそうなポイント。
20181117(11).jpg

久々にアメマスを釣ろうと、落ち込みにアップでミノーをトゥイッチしていると、やたら元気に走る虹鱒がヒット。
テールフックでなくて、ベリーフックに喰ってきた。
バリバス ブッシュトレイル入魂。
ブッシュトレイル、確かに薮に引っかかっても劣化が少なくていい気がする!
今のところお気に入り。
20181117(8).jpg

今度は反転流にロングキャストして逆引き。
重いあたり。
この重くウネウネする引きは・・
20181117(9).jpg

やはりお目当ての陸封アメマスさんでした。
珍しく、2連続でベリーフックに喰ってきた。
底でじっとしていて、上に通りかかったところを襲って、腹に喰っているのかな。
20181117(10).jpg

その後も何匹か追ってきたけど、見切られた。

下流に立ち入ることのできないこんな落ち込み。
上流からロングキャストして瀬尻の落ち込みに落とし、ちょんちょんとスプーンをシェイキングすると何かがヒット。
サイズは大きくないけど、完全に流れに逆行して引き寄せるのが大変だ。
20181117(15).jpg

虹鱒さんでした。
20181117(14).jpg

今日は、明るいうちに撤収。
峠の上は、少し雪がかぶっていました。
20181117(16).jpg



ロッド: カワセミラプソディ722ML
リール: コンプレックスCI4+ 2500S
PE: DUEL Armored F+ Pro 0.8号
リーダー: VARIVAS トラウトショックリーダーフロロ  8LB
ルアー:
Angler'z System BUX 6.5g
Smith ドロップダイヤ5.5g

ロッド: ネクスティーノ 522L
リール: レアニウムCI4+2500S
ライン: バリバス スーパートラウト アドバンス VEP ブッシュトレイル 1.5号
ルアー: 
DUO スピアヘッドリュウキ50S
Angler'z System BUX 3.8g

【今日の一首】
初雪に
届かぬ想い
口にして
糸鳴りの音
寂しかりけり

コメント

非公開コメント

No title

やまねったさん、おはようございます。過去記事も含めてコメントさせて頂きます。

まず・・・ボジョレー、良いですね!! ちなみに、フランスに本社を持つ弊社のビジネスは、このボジョレーさんに毎年悩まされます。フランスの国を挙げての産業なので、その辺の(うちの会社のような)積荷よりもボジョレーが優先されてしまい、納期確保が大変なんです・・・ (^^ゞ

愛車が早速直って良かったです!! そして、車が直ってきてから、その足でフラっとニジマスやヤマメが釣れてしまう環境が、もの凄く羨ましいです♪

そしてそして、本記事・・・ さすがの釣果です!! なるほど、『重くウネウネするヒキ』・・・まさに最適な表現ですね!! 以後、使わせて頂きます・・・ (^^ゞ

キノコは全体をしっかりと観察しないと決して断定はできませんが、この時期に生えているキノコであることと見た目から、『エノキタケ』っぽいです。真冬でも生えているので『ユキノシタ』と呼ばれたりしています。そのまま超ゆっくり成長なのでしばらくありますから、機会があれば次回チェックしてみてくださいね!!

No title

こんにちわ。 短歌も詠むんですねぇ、素晴らしい!
釣りはわかりませんが、キノコは今時期に採れる「エノキタケ」です。
天然のエノキタケは極ウマで、味噌汁でも鍋物でも合いますね。
表面が少し滑っていて、足が狐の足みたいに薄茶~濃い茶色に変わってます。
雪解け時期と、晩秋に多く採れるキノコで雪が降っても腐ったりしません。
今度見かけたら是非収穫を!!
(この時期になると毒キノコはほとんど出会えませんので安心ですね)

Re: No title

GCさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
ボジョレー今年は珍しくおいしかったような、、たまたまセ〇ンのその銘柄がおいしかっただけかもしれませんが・・。
ボジョレーの出荷の裏側には、そんな裏話があるんですねぇ、知りませんでした。
大会社の積み荷よりもボジョレーが優先されるとはっ(笑)まさにお祭りですねー。

そうなんです。おかげさまで愛車直りました。
西別川でお会いしたかった&西別川を一目見たかったのですが、
また来年行けたらリベンジします。
そうそう、フィッシングベストとタモも予備的にそろえておきましたのでまた来年お越しください☆
ヒキについては時期にもよると思いますが、虹鱒は鋭くルアーをひったくってトルクフルに走るヒキ、雨鱒は重くてウネウネとローリングするヒキ、が多いような気がします。

『エノキタケ』『ユキノシタ』ありがとうございます。
またその場所に行ったらみてきますね。
流石キノコ博士!

Re: No title

野付ウシさん、こんばんは!

コメントありがとうございます。
「エノキタケ」ですか!
そうですそうです、表面が少しつるつるした光沢があって滑っている感じでした。
流石プロですねぇ、よく分かりますね。
「天然のエノキタケは極ウマで、味噌汁でも鍋物でも合います。」って、
えーっ! 採ってくればよかった!

なんか写真の場所以外にも何カ所か群生していてけっこうあったんですよぉ。
今度見かけたら収穫して調べてからみそ汁や鍋にして食べてみたいです。
ありがとうございます。

短歌は全く素人ですが、古今和歌集や百人一首は好きです(笑)

No title

こんばんは!
こんなに釣っちゃうんだから、まだまだシーズンOFFは先ですね!
私、スノーシューを昨年から用意しているんですぅ
今年こそは、出番を作ってやらなきゃね!
やまねったさんも買いましょぉ~~~~~
北海道じゃなきゃ「しばれ体験」出来ないですし
「雪鳴り」これ聞くと北海道の冬本番って感ありですよねぇ
う~~~さぶ!
釣行お疲れ様でした。

Re: No title

アマちゃんさん、こんばんは!

今年は例年より川の水温がまだ下がりきっていないようで、何とか釣れました。
ヒットミノーは赤腹ヤマメでしたが、同日のアマチャさんの釣行記を見て、テレストリアルブラックで好反応って不思議でした。
魚はこの時期に何喰っているんでしょうねぇ。黒いもの??虫もうほとんどいないはずなんだけど・・。
何か黒い川虫が羽化しているのかな。。あっ、さびた黒いヤマメかも!!

え~~っ、スノーシューかぁ。
いいなぁ、一緒に行きたいなぁ。
でも寒そうですねぇ。
しばれそうだなぁ、スノーシューでの雪漕ぎ。
でも検討してみます!!

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りがメインで、トラウトは管理釣り場のフライフィッシングばかりでしたが、最近はトラウトルアーの勉強中です。

北海道の魅力は大都市の札幌近郊でも山奥でも、いたるところの河川や湖沼で野生化したワイルドトラウトが自然繁殖していることです。

仕事の合間の時間を見つけては、週末のちょい釣りトラウトを楽しんでいます♪


まだまだ北海道初心者ですのでみなさまいろいろ教えてください。
アラフォーの40UP♂です(^.^)/