10月28日~10月30日 音更川本流・支流の虹鱒をめぐる旅(中編)

フレッシュウオータールアー紀行
10 /30 2016

午前中いっぱい、ミノー主体で6時間も本流や支流で粘るも、釣果はスピナーでの本流虹鱒1尾。
午後は、スピナーを中継ぎに起用し、試合を立て直そうと決めた。

その後、本流を諦め、何気なく入った場所。
リリースせずぶっこぬかれてしまうと、すぐに絶滅してしまいそうな小河川なので匿名でS川としておきます。

本流では虫を全く見なかったけど、
ここではミッジサイズの虫が少し飛んでおり、水温が高いのかもしれないと思った。

そして、ここから、奇跡が始まった。

20161030音更川11S川下流

午前中、トラウトが生息しない場所でルアーを投げていた、という失態もあり、
こんなとこ魚いるかなーと疑いながらも、スピナーをキャスト。

するとニジマスらしき魚影が追ってくるではないか。

おっ、ヒット! 
と思ったらフッキングミス。。。

おっ、またきた!
あれ、あまりひかないなー。
ジャンプもしないなー。

20161030音更川13オショロ

と思っていたらファーストヒットはなんとオショロコマ。

おぅ、まさかこんなところでお会いするとわっ!

とびっくりしていると、

20161030音更川19ニジ

同じ所から、まあまあの虹鱒。
なんと共存しているのか。

嬉しくなって、またキャスト。

すると小さいのも含めて、順調にニジマスがヒット。

魚影は濃いなー。

20161030音更川22ニジ

さらに川の上流へ。
紅葉ももう終わりですね。

こんな場所でも、

20161030音更川24

流下物がたまるトロや反転流にキャスト。
教科書通りのところにいます。

20161030音更川25よどみ

こんな流下物のたまりにキャスト。
すると、、

おぅ!
すごいあたり&ジャンプ。

20161030音更川30秋色ニジ

この場所で出た、この日最大の虹鱒は、秋色の婚姻色をまとった41cm。

20161030音更川31秋色ニジ

まだ幼さの残る顔立ち。

20161030音更川36

こんな自然渓流でも、
うおぅ。

でかい!

こんなのいるのねん。

20161030音更川37ニジ

その後も、同じ河川を移動しながら、大小の虹鱒を釣りあげる。

まあまあのサイズから、

20161030音更川41ニジ

小さいのから、

20161030音更川43

大きいのまで、

20161030音更川46ニジ

色々な秋色の虹鱒を釣りあげた午後の奇跡。

オショロコマは最初の一匹だけで、その後は虹鱒のヒットが続いたけど、

最後の最後にまたオショロコマがヒット。

20161030音更川48
20161030音更川52オショロコマ

大満足で旅館に戻る。

夕食事にワインを持ち込み一人で祝杯。

日本ハムの日本シリーズ優勝決定戦を見たかったけど、

疲れきって、4-4の同点にされたところで寝てしまった。

起きたら優勝してました。

おめでとうございます!



ロッド: カワセミラプソディ TULN-722ML
リール: レアニウム2500S+クロスベーク平ノブ(NSクラフト)
PE: よつあみG-soul X8 UPGRADE 0.8号
リーダー: モーリス ストリームショックリーダー 8LB
ルアー: スミス ARスピナートラウトモデル3.5g

コメント

非公開コメント

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。
アラフォーの40UPです(^.^)/~~~