10月28日~10月30日 音更川本流・支流の虹鱒をめぐる旅(後編)

フレッシュウオータールアー紀行
10 /30 2016

10月30日は札幌に戻る最終日。

昨日の余韻がさめやらずに起床。

外気温-1℃と気温が低いため、朝マズメは活性が低く太陽がっ照ってからの日中のほうがよさそうだろうと、
勝手に自分に言い訳しつつ朝少しだらだらして、6時に宿を出発。

どこに行こうかと考え車を走らせ、
懲りずに音更川本流にリベンジしようと思い立ち、昨日よりたいぶ下流に入る。

本流は昨日は濁りがきつかったが、今日はかなり水が澄んでいて、期待が持てる。

朝焼けの中、テトラ際の落ち込みに続くかなり深いトロ場や、

20161030音更川60

魚がたまりそうな、大堰堤を攻める。
気温が低く、非常に寒い。

20161030音更川 61

釣り人の影もなく、とても期待できるポイントであったが、
スピナーにも、ジグにも、スプーンにも、ミノーにも何故かノーレスポンス。

やはり本流は難しい。


8時に本流を諦め、また別の支流を調査しようと移動。
昨日とは違う小河川に向かい匿名希望O川に入る。

20161030音更川 66O川

ここも、昨日の河川同様に、まったく情報がなく、トラウトがいるのかどうかも不明。
水は完全なクリアで、とても綺麗である。

ルアーは昨日中継ぎ後、完投したARスピナー。

実は、昨日シングルフックにしたものを2個ロストし、昨日の途中からトレブルフック付きの新品ARスピナーを使っていた。

それも大きいやつを釣った際に折られたりして、もう昨日の早い段階でフックが2個しかない状態だったのだけれど、
その後も使っていたら普通に釣れていたので、本当はもう肩はぼろぼろだったけど、本日も登板してもらう。

しばらくスピナーを投げていたが、反応がなくこの河川にトラウトはいない、という結論を出しそうになる。

しばらく釣りがあると、やっとスピナーを追う虹鱒の魚影。

ここで俄然やる気が出る。

川を上りながらスピナーを投げ続けると、

ヒット!

おぅ、ばらし。

すぐに、またヒット!

20161030音更川 67ニジマス

なかなか良い型の虹鱒である。

その後も、20cm後半~30cm前半の虹鱒が釣れ続く。

20161030音更川 70ニジマス

すると、ひったくられるような強いあたり。

強めにがっつりフッキング。

すると河川規模に見合わないような、かなり大きいのがヒット。

クリアウオーターに、でかい魚影が見える。

うぉー、すごい引きである。楽しい~!

と思ったら、フッと軽くなる。

20161030音更川 73AR

・・・・・・・。

2本しかなかったフックが、1本になっている・・・・・。

ついに、肩を壊してしまいました。

ARスピナーはとてもいいスピナーだと思うけど、
フックがもろいのが弱点。

以前、巨大なウグイをかけても曲がったり折れたりしたことを思い出す。

新品もすべて、トレブルをシングルのシュアフックに換えておけばよかった、と後悔したけど後の祭り。

その後、シングルフックになったスピナーに何度もバイトしてくるが、さすがにフッキングせず。

連戦の疲労は否めず、ついにスピナー投手降板である。

車に戻れば新品が少しあったはずと思いながら、
ベンチ入りの投手不足感は否めず、仕方なくスプーンを中継ぎに起用。

すると、ピシャリと抑えてくれました。

20161030音更川 78秋色ニジ

秋色の婚姻色ニジマス。たしか38cmくらいだった気がします。

後にも先にも、この一匹だけが、スピナー以外での釣果でしたん。

20161030音更川 79

こんなところで釣り収め、
その後は車に戻り、新品スピナーに、ベンチ入りしてもらうことにした。

その後は、写真をあまり撮らなくなったけど、釣れ続きました。
この河川は虹鱒河川( ..)φメモ。
上流部は相当魚影濃かったです。

大満足し、さらに新規河川調査のため移動。


新しい小河川を見つけ入川。
匿名希望U川。

カメラを車に置き忘れて入川してしまい、これは脱渓した後で、カメラを車にとりに行ってから撮った1枚。

20161030音更川 83

この河川は、他の河川より護岸が少なく、自然河川部が多い。
水量が多く勢いも強くて、水に入っての遡行はかなり難しかった。

魚の写真が撮れなかったけど、
水量の多いとてもいい淵がたくさんあって、淵には必ず大きめな虹鱒が何匹も居ついていた。

30cm後半の虹鱒を数匹釣り、
倒木の下でまたかなりでかいのをかけたが、ファイト中のジャンプで、また新品のトレブルフックが折れてばらす。

無念・・・。

余談だが、途中でU川本流に合流する名もなき細い川があり、その細い川がすぐに高いところからの落ち込みで行き止まりの溜まりになっていて、その小さな溜まりにたくさんニジマスがいてびっくりした。
ダブルフックになってしまったスピナーを投げると、追ってくるのが見え面白いようにかかる。
ここでも1匹大きなヤツをばらした。


満足して札幌に帰ろうと車に乗ったが、帰路の途中こんなところを発見しちょっとだけ投げてみる。
雪がちらついている。寒い。

20161030音更川 87

ここでは、
まあまあサイズや、

20161030音更川 82

小さいのや、

20161030音更川 84

もっと小さいのがかかり、

20161030音更川 86

それを最後に、12時納竿。
音更でラーメンを食べて、ガソリンを入れ帰路につく。

途中、十勝清水-占冠間は雪でチェーン規制&50km規制。
トマムのスキー場も真っ白で、高速道にも少し雪が積もり、除雪車が出動していた。

雪を見ながら、虹鱒のシーズンももう終わりだな、と来年に心を馳せつつ、
スペアタイヤで帰らなくて良かったとつくずく思いました。

18時に無事に帰宅。



ロッド: カワセミラプソディ TULN-722ML
リール: レアニウム2500S+クロスベーク平ノブ(NSクラフト)
PE: よつあみG-soul X8 UPGRADE 0.8号
リーダー: モーリス ストリームショックリーダー 8LB
ルアー: スミス ARスピナートラウトモデル3.5g
      スミス ピュアアワビ3.5g

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは!

すごぉ~~~~~い!
大漁ではないですかぁ~~!

昨年、私も音更川に入りましたが・・・
見事な撃沈でした。(笑)

今回の大雨の被害すごいですね
川の景色が変わってしまっていますねぇ。
そんな状況下でも、河川チョイスの仕方がナイス!
しっかりと釣果も上げていて、流石!

実は私、里川&小渓流が、大好物でして
羨ましい~~~

鈞行お疲れ様でした。





Re: No title

アマちゃんさん。

おはようございます!
コメ、ありがとうございます。

音更川本流は良いポイントが各所にありましたが、
やっぱり難しいかったです。
釣り方なのか、魚がすれているのが、時期なのか、大雨の影響なのかわかりません。

いずれ再チャレンジしてみるつもりです。

里川はとても良かったです。
なかなかない経験でした。

今度もしアマチャンさんがあっち方面に釣行される際には情報交換できればと思います。
それか、もし来年ご一緒できればご案内させていただきます☆

No title

道東河川楽しまれた様ですねぇ🎵
ボクも道東は大好きです。
結局今シーズンは一度も行く事なく、
然別湖のみで終わってしまいました。

来シーズンは通いたいものです❗

Re: No title

uniさん

ありがとうございます!
道東いいですよねー。住みたいです。

今回は、釣果が良く楽しかったのもありますが、スピナーの勉強になったり、
新しい河川に行くうきうき感が多かったりという意味でも楽しい釣りになりました。

もし来シーズン機会があれば、是非御一緒させてください☆

No title

こんばんは!
初コメントします。

パンサーマーチン良いですよネ、私のも
全てフック折れました(笑)

ありがとうございます☆

炉端家さん

初コメントありがとうございます!

まさか炉端家さんのような大先輩からもコメントいただけるとは、自分は幸せ者です(*^_^*)

炉端家さんの長年の過去の釣行記、先日読ませていただきました。
すごいバイタリティと釣果ですね、さすがです!

やっぱりスピナーのフックって弱いんですね。。
大物がかかると・・・。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。ぜひぜひいろいろ教えてください☆


やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。
アラフォーの40UPです(^.^)/~~~