11月19日 北広島は仁井別川の虹鱒

フレッシュウオータールアー紀行
11 /19 2016

11月23日の勤労感謝の日に、ちょい釣りに行ければいいなと思っていたが、

天気予報を見ると、最低気温-5度、最高気温-1度で、雪も降るという。

ガイドも凍る寒さかな、と思い23日は諦める。

一方、今日11月19日の予報は、最高気温15度、最低気温6度と季節外れの桁違いの暖かさ。

しかし、今日は午後から仕事なので、急遽午前中だけ、近場に出撃することにした。

前日夜更かししてしまったが、6時30分、家を出て、高速に北広島ICまでのって、

ニジマス狙いで近場の里川探索を楽しむ。

7時30分、朝一で入ったのはこんな場所。

いかにも魚がたまっていそう。

20161119北広島恵庭0

スピナーを一番奥の落ち込みにキャスト。

すると第一投目でヒット。

ぬぬ、ジャンプこそせぬが、このヒキはヤマメではありませぬ。

かなりいいヒキでございます。

20161119北広島恵庭1

あがってきたのは、33cmの虹鱒。

幸先がいい。。

別アングルからもパシャリ。。

20161119北広島恵庭2

レッドバンドこそ薄いものの、体高の高い綺麗なニジマスでした。

やっぱり体高の高い魚は、良くヒイて、良く潜る。

その後、さらにここで粘るが、

一度もっと小さいニジマスらしき魚影が追ってきたのみで、追加のヒットはなし。

場所を移動。

20161119北広島恵庭4

この河川は、上流にも下流にも、こんな段差堰がたくさんある。

上流部の堰の下で数匹のヤマメがチェイスしてくるが、型が小さいためか、

大体ばれて、1匹だけかかる。ニジマスはいない。

20161119北広島恵庭3

下流部も堰の下でいかにも釣れそうだが、反応なく、

島松川と仁井別川合流点に移動。

20161119北広島恵庭5

とても釣れそうな深みで、

ここにニジマスいなかったらどこにいるんだ、というようなポイントで心が浮き立ったが、

一度小さい魚がチェイスしてきたのを見ただけで反応なし。

10poundから逃げ出した魚がいないかなと思い、

島松沢付近の島松川上流部に移動し探索してみるが、足場が護岸で高く釣りにくいし、

川の中が良く見えるものの深みにも魚影なし。

仕方ないので、次で最後と決め、島松川下流に移動。

20161119北広島恵庭6

ここもよい深みがあって、

よさげなポイントだが、ヤマメがかかったのみで、ニジマスは不在。

20161119北広島恵庭7

本日一投目でニジマスがヒットし幸先は良かったが、その後のニジマスのヒットはなし。

でも、近場で虹鱒が釣れたので嬉しい。

正午に札幌に帰り、昼からの仕事行く。


ロッド: カワセミラプソディ TULN-722ML
リール: レアニウム2500S+クロスベーク平ノブ(NSクラフト)
PE: よつあみG-soul X8 UPGRADE 0.8号
リーダー: モーリス ストリームショックリーダー 8LB
ルアー: スミス ARスピナートラウトモデル3.5g

コメント

非公開コメント

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。