冬の恒例のフライ用品干し

フィッシング関連グッズ
01 /18 2017

東京に住んでいた時は、「ブラックバスはあまし好きじゃない」(やれば燃えるんですが)とのたまわって、淡水ではナマズ以外のルアーはせず、管理釣り場でのフライフィッシングばかりしていました。

管理釣り場では、比較的近かったフィッシュオン王禅寺とか鹿留とかに行くことが多かったのですが、遠いところでは福島のレジーナの森のレイクレジーナやカンパーニャ嬬恋のバラギ湖がすごくお気に入りで、ほんとにたまーに休みとタイミングが合うとこのどちらかの釣り&温泉に行けるのが楽しみでした。

あと時々、近くの川にオイカワやカワムツを、なかなか釣れないんですがすごく小さなドライフライで釣りに行ったり、ごく稀に、やっぱり釣れないんですが長野や栃木の放流河川にフライをしに行ったりしていました。

今でもフライは大好きで、またフライロッドでの引きを味わいたいなとはよく思います。
でも北海道に来てから、主に飛距離の利点とタックル準備の楽さからトラウトルアーにはまって、
だんだんフライフィッシングをする頻度が減ってしまい、
ついにここ2年くらいは全くフライロッドを振っていません。

そうすると全く道具も開けないわけで、
湿気てカビでも生えるんではと心配になり、年1回毎年冬に暖房でフライを乾燥させています。

いつもは毛バリだけ乾燥させるんだけど、

20171-1フライ本体

今回ついでにフライ道具の収納場所を整理していたら、たくさんの怪しげな100円ショップの木箱が出現。

20171-2タイイング全

中身は昔にフライタイイングをしていた時のマテリアルたち。
少なくても3年間は開けていないので、これらも暖房の空気にあてることにした。

スレッド、ワイヤー、ボディダビング材など
20171-3タイイング糸やファー

エルクヘアとか
20171-4エルクヘア

ハックル1
20171-5ハックル1

ハックル2
20171-6ハックルタイイング

CDC等ウイング材など
20171-7CDC等ウイング

ティンセルとかテール材とか
20171-8ティンセルやテール

エッグフライ作るヤーンとかマラブー
20171-9ヤーン

箱に入らない大きなハックル
20171-10ハックルのあまり

ビーズヘッドやフライ針
20171-11ビーズヘッドと針

もうタイイングの仕方忘れちゃったけど、また調べて作ろうかなぁ。

今年は夏秋のフライのベストシーズンにでも、フライもしてみたいなと思った1日でした。

コメント

非公開コメント

No title

やまねったさん、こんばんは。
敢えてナマズ狙いだったこと、そして、我がHome Riverでオイカワやカワムツを狙ったいらしたこと・・・、私と同じような価値観にとても共感します。
ルアーのブログと思いきや、ここまでフライのマテリアルをお持ちとは・・・ (^^ゞ 今季はフライ再開、間違いなしですね!!
東京にお越しの際は是非お声掛けください。そして、北海道でお会いできます日が来ることを楽しみにしています!!
拙ブログに貴ブログを是非リンクさせて頂きたく、よろしくお願い致します♪

No title

行きましょう!^^

No title

Green Cherokeeさん

同じような価値観ですか~、なんか照れてしまいますぅ。
今季のフライ再開がんばってみます!

ブログリンクさせていただきました。
ありがとうございます。
こちらこそ、何卒よろしくお願い致します。

こちらにお越しの際も、もし時間が取れればお声掛けくださいっ!!

No title

炉端家さん

ダブルハンドはできない下手くそです。
シングルのドライならなんとか飛ぶかな。
行きましょう!

No title

こんばんは!
フライ関連の道具も、沢山お持ちなんですね!
これはまた、今シーズンの楽しみが、1つ増えましたね。

「アマな爺いと愉快な仲間達」の中にも2名のフライマン居るんです。
私、フライは全くの無知でして、ドライフライの意味ぐらいしか
解らない程なんです。
でも、あのプカプカと浮いたフライに、魚が飛びつく瞬間・・・
何とも言えませんよね!

Re: No title

アマちゃんさん

北海道来た頃はフライばっかりだんですよ~!
千歳川で遊歩道からドライフライでボサ際で小さなヤマメを釣って都市河川にこんなにヤマメがいるのかとびっくりしたり、生まれて初めて小さなブラウンを釣ったり、
それはそれでとっても楽しかったんですぅ。

ただ、その頃たまたま春に道北を車で走っていて、知らない湖(「朱鞠内湖」とかいうところ)の湖畔で、有事に備えて長官と車で寝る訓練をしていた際に(笑)、朝起きたところ湖の中にけっこう釣り人がいたんです。

それでシングルハンドでドライフライをしてみたけど全然ポイントに届かないし、食べているベイトが虫でなくて魚(ワカサギ)らしいことが判明。マラブーもダブルハンドじゃないと全然飛ばないしと困っていた時、たまたま持っていた数千円の格安ルアーロッドとリールで数個だけ持っていたスプーンとかいう謎の物体を投げたら、サクラマスとアメマスがそれなりに釣れたのがトラウトルアーにはまったきっかけです。

「アマな爺いと愉快な仲間達」楽しそうですねぇ。今度フライのことも教えて頂きたいです。

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。
ちなみに年はアラフォーを超えた40UPです(^.^)/~~~