2月4日 川めぐり 大きなニジマスをばらす

フレッシュウオータールアー紀行
02 /04 2017

おはようございます。

これを書いているのは2月5日日曜日の朝です。

今週末は本当に気温も高めで天気も良いですね!
201724千歳 17

ワカサギ釣りに続けて、2月4日土曜日は単独で朝から川めぐりしてきました。

遡行と雪漕ぎの結果、今日は体が筋肉痛やらでバキバキです。

結局釣れなかったのですが、一度大きなニジマスをばらすことあり、今後につながる楽しい釣行でした。

昨日10時~13時までまず入ったのは先週結果が出たママチ川。

サケマス孵化場付近から入渓。水温6℃。
201724千歳 2

スプーンで釣り上りますが、反応がありません。

倒木の上の雪などに先行者の入った真新しい跡があり、厳しそうです。
201724千歳 3

水量があり遡行は疲れますが、ホントに気持ちの良い川ですね!
201724千歳 4

反応がなく、入渓地点に戻り、今度はフライにしてニンフをつけて釣り下ることにします。

水温は8℃弱に上昇しています。
201724千歳 6

景色は最高ですが、こちらもやはり先行者の跡があり、
そのためか、活性の問題かわかりませんが、反応がなく撤退です。

かなり下流でルアーマンさんにお会いしましたが、小さいブラウンだけで厳しいとのこと。
でも釣れただけうらやましい。
201724千歳 7

退渓時13時。さて、どうしよう。

ひとしきり悩みます。

ふと、以前に小河川でお会いした餌釣り師のかたに教えて頂いた、行ったことのない新規河川に行ってみようと思い立ちました。

入渓できそうな適当な場所に車を止めると、なんと見覚えのある軽自動車があるではありませんか。

覗き込むとあの餌釣り師のおじさまが!

ご挨拶をしてまた情報交換させていただきました。

なんでも、ここには魚はいるけど水量が少なく、少し雪が溶けて増水しないと厳しいかもとのこと。

あそこでやってみな、と言われたポイントに行き、

そんなに深くはないのですが、河川に立ちこんだ瞬間に腰付近まで足元が沈んで抜けられなくなるのではとビビります。

あわてて立ちこむのをやめて、上陸してやっとこスピナーをキャスト。水温は6℃。

写真を撮るような優雅な場所ではなく写真はありません。

数等目、1匹でかいニジマスが追ってくるのが見えます。いたっ!

その後反応がなくなりスプーンやクランクベイトに変えましたが反応はなく、またスピナーに戻して数投目にガガガンとヒット!

ここで大失態です。

ママチ川撤退の際に、糸がリールの中に巻いてしまったため、一度リールのスプールをはずして、またつけた際にドラグがゆるゆるだったのです。ドラグ出まくりで、寄らずに、フックアウト。でも数カ月ぶりにニジマスのあたりを楽しめました。

車に戻り、おじさまにお礼を言い、ひとしきりいろいろ話して、またの再開を約束。

これからそこで餌釣りをするとのことで、僕が帰ってくるのを待っていてくれたみたいで、ほんとに感謝です。

時間は15時。

さて、どうしよう。

これまた釣ったことのない遠浅川に行ってみることにします。水温5.6℃。

枯れ草が多く、一見浅そうですが、

立ちこんでみると水深の深いところも多くて、底もかなり沈み込む所もあり、要注意です。

自然河川部の橋の前後を釣ってみますが、魚影は確認できず。
201724千歳 9

その後フモンケ川下流も偵察しましたが、雪深く近寄りがたいことに加え、
川に雪庇がかかり釣りは難しそうでした。

時間は16時。

最後に、千歳川高速道路高架下に移動。
201724千歳 10

今日は小河川ばかりやっていたので、大きな川に出るとまた違う気持ちの良さがあります。水温4℃。

サケ稚魚らしきミノーをナチュラルドリフトしまくります。

一度あたりかもというのがありましたが、違うかもしれません。
201724千歳 12

納竿が近付いた時、対岸に8頭のエゾジカの群れがきました。
201724千歳 13

エゾジカはその後バシャバシャと川に入って、
上流に向かって行きました。
201724千歳 15

17時納竿。

日の入りが遅くなり、釣りができる時間が少し増えました。

恵庭温泉ラフォーレの湯に入って帰宅。

ロッド: ANGLERS REPUBLIC エルア レラカムイ RRTS-53UL.(復活しました)
リール: レアニウム2500S+クロスベーク平ノブ(NSクラフト)
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)(トラブル少ないよいかんじ)
ルアー: スミスARスピナートラウトモデル赤3.5g
      フォレストMIUアワビ赤金3.5g,4.2g

コメント

非公開コメント

No title

やまねったさん、こんばんは。
全ての写真の光景・・・何とも癒されます。心から大好きなママチ川も当然ながら、高速下のエゾシカも、その場に居なければ絶対に見ることができない貴重な光景ですよね!!
この寒さの中を釣行されるやまねったさんも凄いですが・・・ (^^ゞ 東京の私は第二の故郷の冬景色を貴ブログで楽しめることが何とも嬉しいです。
四季折々の光景、今後も楽しみにしています!!

No title

Green Cherokeeさん

毎度ありがとうございます!

冬は魚の活性がやたら低く、釣果は厳しいですが、
川の景色はすごく綺麗です。
存在する魚の姿が確認できた時や1尾釣れた時の感動もひとしおです。

頭の上まで夏に覆っている草が枯れて雪に埋まり、この時期しか川に近付けないような新しいところを開拓してみようと、今冬は修行しています。

釣れませんが運動&リフレッシュできますよー。

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。
ちなみに年はアラフォーを超えた40UPです(^.^)/~~~