2017春の朱鞠内湖用ミノー

フィッシング関連グッズ
05 /17 2017
こんばんは。

さきほど、今週末行けるかもしれない朱鞠内湖用のミノーのウエイト調整をしました。

「この人またそんなことやってるのかー、暇な人だなー」
と思われるかとは思いますが、
実は最近やたら仕事が忙しく、今日もまだまだ職場から帰れません。

そして今週末の土日2連休が終わると、きゃー、15連勤。。
うち夜通しの仕事が4回、その翌日は普通に日中夜まで仕事。。
考えただけでやだなー。

そんな暗雲立ち込める気分を払拭すべく、
気分転換にちょこっと朱鞠内湖用ミノーのシングルフックのウエイト調整をしてみました。

昨年までは、何も考えずに、トレブルフックを見た目で、バランスのよさそうなシングルフックにしていましたが、
今年は秘密兵器の電子ばかりがあるので、とってあったそれぞれのミノーの純正トレブルフックの重さをはかり、
まずはできるだけ重さのマッチしたシングルフックをチョイス。
大体同じものはそのシングルフックにして、
マッチしたシングルフックがないものは、フライ用ワイヤーをタイイングして重さを調整しました。

トレブルフックの重さは、こんな感じ。
0.01-0.02gくらい誤差があるかも知れません。

Sumari MD90F トレブルフック0.41g
Panish 85F トレブルフック0.41g
DD panish 95(2.7m) トレブルフック0.46g
Cherry Blood SR90 & MD82 &MD90 トレブルフック0.44g
Cherry Blood MD70 トレブルフック0.24g
Sugar 2/3 deep SG85F & SG92F トレブルフック0.59g
MLBullet 93F 0.60g
Mighty Pepper 70F トレブルフック0.38g
Ryuki 70F & 70MDF 0.19g

いろいろ測ってみて、あらびっくり。
0.2g以上もトレブルフックと見た目で選んで昨年までつけていたシングルフックの重さに違いがあるミノーがありました。
そして驚いたのは昨年のイトウさんのヒットルアーのチェリーブラッドSR90だけが、
純正トレブルと替えていたシングルフックと重さがほぼ同じだったのです。
偶然かも知れませんが、ひょっとして重さがマッチしていたからミノーの動きが損なわれず昨年釣れたのかもとか考えたり。。

オーナー S-75Mの#2&#4を中心にフック変更したので、最後にペンチでバーブをつぶしてはい完成。
20170517朱鞠内用

ミノーの他にProvia、普通のスプーン、板みたいなスプーンも持っていくつもりです。
ミノーのバランスが良くなり今年は釣れそうな気がしますが、どうだろうか。
その前に週末釣りに行けるのだろうか・・・。

さて、また仕事するか。

コメント

非公開コメント

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。
アラフォーの40UPです(^.^)/~~~