夏休み部隊レク2017~前編~士幌川水系湧水河川のブラウン

フレッシュウオータールアー紀行
09 /09 2017

9月8日

1泊目の宿泊予定地は十勝川温泉。
15時ジャストにホテル着。
長官、少佐、母君をチェックインさせ、ホテルの人が荷物を運んでくれそうだったので、ワタクシは部屋にもいかず1人遊軍となり出撃。
虹鱒の里川、ブラウンの里川、十勝川本流の3択で迷ったけど、
きっとその後の夏休み行程で虹鱒は釣れるだろうから、昨年50UPのブラウンが釣れた里川に決定。

曇り、時々雨。
気温19℃、水温16.2℃。
なんか昨年台風の後に来た時より、水が少なくて水色が悪い。
ボサがひどい。
そういえば昨年は大増水がちょっと引いたところで、川岸のボサがほとんど倒れていて釣りやすかったんだ。。

場所はこんな堰堤がたくさんある小河川。
20170908(1).jpg

堰以外はほとんどがこんなボサに囲まれた直線的なせまーい河川になっています。
水深も膝くらいのところが多く、ウエーディングもできました。
昨年大物が釣れた上流部は、すごく狭い川になっていてボサに覆われほとんど水も見えません。
20170908 (7)

堰下でスピアヘッドリュウキ50MDFを投げると1投目から小ブラウンがヒット。
20170908 (2)

堰に投げても小ブラウン。
まあ釣れてくれるだけ釣れないより楽しいのだけれど、願わくば型がみたいところ。
20170908 (3)

良く釣れますが小さいですなー。
20170908 (4)

少しましなサイズ。
20170908 (5)

堰は人が入りすぎているのか、堰より何の変哲もない自然河川部の方が反応がよく、サイズも少し大きい。
水深が浅く底の藻が絡むので浅い場所ではスピアヘッドリュウキ50Fに切りかえる。
20170908 (6)

こんな変哲もない直線部でも立て続けに2尾。
20170908 (8)

本日の釣果は小ブラウン7匹。
途中からはなぜか真っ茶色に濁ってきて、その後は反応がなくなったので撤退しホテルに戻りました。
20170908 (9)

帰り道に日が暮れて、ホテルに着く頃には真っ暗に。
20170908 (10)

部屋に戻るとみんな風呂に入っているのか誰もいない。
こういう時のために、鍵を2つくれるホテルは便利で素晴らしいと思う。

部屋の風呂で汗を流して、帰り道に買ったセイコーマートのワインをデッキで一人堪能して夕食前に酔っぱらう。
十勝ビュッフェでも日本酒を飲んで泥酔し、温泉とサウナ&水風呂を堪能し就寝。
20170908 (11)

9月9日

旅行前半とあってまだ元気なので、朝4時30分に起床。

曇り時々晴。
近くにあった橋から士幌川本流に入渓してみる。
こんな釣れそうな落ち込みにミノーやらスピナーやらを投げても釣れないので、相当人が入っているのかと思って早々に撤退。
きっともっと遡行すれば魚影が濃くなるんだろうけど、朝食までに戻る必要があるので時間がない。
20170908 (12)

結局、昨日の小河川に来てしまった。
リュウキ50MDFをダウンに流して堰下で小ブラ。
20170908 (13)

立て続けにもういっちょ。
20170908 (14)

自然河川部では今日もリュウキ50Fをアップで投げる。
20170908 (15)

自然河川部の方が若干サイズがアップ。
20170908 (16)

ほんと何の変哲もない直線的な場所だけど、ボサに隠れているのだろう。
魚影が濃く立て続けにヒット。
20170908 (18)

裸ん坊将軍様が愛用していたミルドレッドジョインテッドでも釣れた。
小さいけど…。
20170908 (19)

その後は写真撮らなかったけど、数匹追加して今日は7尾くらい。
今年は大きいのがでず心残りだったけど、まあ釣れたので上出来です。

ホテルに帰って、朝風呂を堪能し、朝食を食べて10時チェックアウト。
観光をしつつ、次の宿泊地の中札内に向かいました。

ロッド: ANGLERS REPUBLIC レラカムイ 53UL
リール: レアニウム2500S+クロスベーク平ノブ(NSクラフト)
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー: スピアヘッドリュウキ50MDF, 50F, ミルドレッドジョインテッド58JS

2017夏休み部隊レク~ダイジェスト

フレッシュウオータールアー紀行
09 /08 2017

待ちに待った夏休み。
9月8日~9月13日 5泊6日で夏休みをとって今年も長期部隊レクに行ってきました。

今年の夏休みも昨年同様に長官の母君が関東からいらして、旅行に同行してくださる(少佐の面倒を見てくださる)ので、いつになく贅沢温泉旅行です。

思えば昨年の夏休み(10月)の前後からブログを開設したような気がするので、そろそろブログ開設後ほぼ1年です。
色々な出会いがあってブログやってよかったなと思います。

今回旅行の経費は部隊レクなので遊軍活動費(おこずかい)ではなく部隊活動費(家計)で出るのですが、目的地や宿泊先のプランニングはワタクシメにまかせるといいます。
これはラッキー!

当然宿泊先が川か湖の近くになったことは偶然ではなく必然です。

ちなみに、昨年の夏休みの記録を読み返してみると似たような旅程(昨年の夏休み前編中編後編)をたどっている気がします。
道東が好きなワタシ。
 
今年の旅程は、

9月8日(金曜日) 十勝川温泉第一ホテル豆陽亭泊
 
 午前中の仕事を終えて、一度自宅に戻ってから、ワタクシの運転で母君、長官、少佐を乗せていざ出発!
この日は十勝川温泉が目的地。
釣り候補地は、行ったことのない十勝川本流の大ニジやイトウ、昨年行った音更川とその支流のニジマスとオショロコマ(昨年釣行前編中編後編)、やはり昨年50UPが釣れた士幌川支流湧水里川のブラウン(昨年釣行1回目2回目)、さてさて、どこに行こうか迷います。

十勝川は出だしからボウズが嫌で、音更は案外ホテルから距離が遠く、さらにニジマスは今後の旅程で何とか釣れるだろうことが予想されたため、士幌川支流湧水里川のブラウンを選択しました。
15時にチェックインして、里川に向かいミノーで攻めてブラウントラウトを狙いました。
今年のブラウンは小型のみ。
夏休みの始まりに浮かれて泥酔して就寝。
 
9月9日(土曜日) 中札内農村休暇村 フェーリエンドルフ グランピングコテージ泊
 
 十勝川温泉のチェックアウト前、4時30分起床し近くの士幌川本流に大物ブラウンを求めて一瞬入りましたが全く反応がなく、
結局昨日の里川に向かいました。2時間ばかし釣って、やっぱりブラウン小型のみ。
朝食を食べにホテルに戻り10時チェックアウト。
 
ガーデンスパ十勝川温泉、花畑牧場、十勝が丘展望台シーニックカフェなんかを観光して、
夕方のバーベキューの食材をマックスバリューなんかで買ってから、 
14時、中札内農村休暇村 フェーリエンドルフチェックイン。
 
その後は、札内川中流でスピナーでニジマス狙い。
今年の7月来た時(前編後編)より超渇水でびびりました。

今回は7月のような型は出ず、数は出ましたが小型のみ。
日暮れとともに帰宅してバーベキューしながら泥酔し就寝。

9月10日(日曜日) ラビスタ阿寒川泊

 中札内農村休暇村で、4時40分起床すると雨。
川に行くか寝るか悩んだけど川に行ったら、気温12℃でTシャツにカッパだと寒かった。 
まずは7月も行ったピョウタンの滝下で大物狙い。
下流よりは水量あったけど反応不良。昨日の場所も水温が急降下し活性不良。
 
早々に戻り朝食バーベキューもして、11時チェックアウト。
足寄の道の駅などに立ち寄りながら阿寒川へ向かいました。

14時30分ラビスタ阿寒川チェックイン後は目の前の阿寒川。
昨年来た時より大幅渇水。
CR区間は土日さんざん人が入ったからか、もともとなのか、渇水のせいか分からないけど、ものすごくすれていてびっくり。
レイズスペクトラをデビューさせ、1匹釣って何とか入魂したので、満足して泥酔して就寝。

9月11日(月曜日) ラビスタ阿寒川泊 

 この日は連泊で1日中釣りができる日。
5時起床して目の前の阿寒川。
今日は朝食前に滝見橋までがんばって遡行しようと決める。
約二時間以上川を恐る恐る遡行、めちゃあちこち温泉わいているところの上流で時間切れ。
ノーチェイスで絶望しつつ、朝飯に間に合わなそうなので川を下って戻る。

朝食後、疲れがたまって昼寝をして阿寒川リベンジ。
昼寝後に夕方まで釣って、この日が一番型がそろった。
レイズスペクトラが全然大物にパワー負けしない素晴らしいロッドで、教えてくれたMAKOTOさんに感謝!
札幌のアブにたかられた方や釧路人さんとの素晴らしい出会いがあり、釧路人さんに写真をとってもらった。
これからも宜しくお願いします!
釣果と出会いに満足しながら泥酔し就寝。

9月12日(火曜日) 富良野のコテージ泊。

 ラビスタ阿寒川泊で5時起床すると雨。
昨日満足して今日はやらなくていいかなと思ったけど、遊漁券も買ってしまったしとやはり朝まずめいってしまう。
昨日の朝まずめと同様に、何を投げてもどこで投げても全くのノーチェイス。昨日楽しめたからまあよしとする。

12時チェックアウトし、山の水族館と木の遊園地に寄ってから夜に富良野着。
雨が強く、日が暮れてからのチェックインになったので夕まずめの釣りはできませんでした。
今日ずっと雨だったから泥はいって明日は釣りにならないだろうと心配しつつ泥酔し就寝。

5時に起きて近郊の止水へ。
昨年7月に大きいのをばらした場所で、ここは恐らく今釣行一番の大物が期待できる所。
時期の問題もあるのか昨年にきた時より5meterくらい減水。
昨日の雨で濁りかなり強く、止水の上の方は泥濁りの茶色。
水際のぬかるみが半端なくて、さらにインレットに行こうとしてぬかるみにはまり、ころんで上着まで泥だらけになり怖くなり撤退。
濁りがましな止水の下の方で釣っていると、以前から拝読させていただいていたブログ「にじます君号がゆく」をされているモンスターを釣りまくっている裸ん坊将軍様との嬉しい出会いがあり感動。ボウズでも良しとする。

9月13日(火曜日)

 眠さのピークを乗り越え、18時帰宅!

おいおい魚の写真をアップしまーす。

9月1日 ダム湖で撃沈

フレッシュウオータールアー紀行
09 /01 2017
題名のとおりでございます。

「撃沈」、それはいわゆるボウズというやつですな。

決して沈没したわけではありませんよ。

「ボウズ」、それは釣り人にとっておどろおどろしい響きの言葉。
「ボウズ」、それは釣り人にとって嘆きの言葉。

9月1日金曜日、先週の好釣果に味をしめて、もっとでかいのいないかと午後から湖へ向かいました。

気温15℃、秋のような心地よい気候です。
水温は19.8℃。先週より1.8℃下がっています。

いちばん目を引くのは大幅な減水。
かなり水位が下がって、かけあがりギリギリまで水が引いて、岸通しでも歩けそうになっています。
20170901 (1)

14時30分、先週46cmを釣った上流側バックウオーターに向かう。
途中で投げていると、あたりは時々ありますが乗らない。
やっと2尾小さいニジをかけたけど、ジャンプやらでばらし。
20170901 (2)

さてバックウオーターはどうでしょう。
深みがあった場所も大分浅くなっていて、底が目視できるところが多くなっていました。
見える範囲では魚影はありません。

水面に落下したセミがバタバタしていましたが、食われる気配もありません。
もちろんルアーを投げても反応なし。
20170901 (3)

対岸のかけ上がり。
ここでも小さいあたりが何度かありましたが反応薄です。

そして15時頃から、いつのまにかあたりもなくなりました。
20170901 (4)

足を延ばして行ったことのなかった湖の真ん中辺のインレットへ。

ここも流れ込みのあたりにいそうなんですが浅くて魚影は確認できず。
もちろんルアーを投げても反応ありません。
20170901(6).jpg

とぼとぼボートを漕いで、風景に癒されながらご帰還。

暗くなる直前まで粘りましたが、15時頃からは全くあたりなく、18時撤収。
20170901 (5)

今年はけっこう調子よく来ていたのですが、久々4月中旬の釣行以来のボーズです。
撃沈です。

でもうまい人は近郊ででかいの釣っているようですよ~。 

腕の差か。
腕を磨いて出なおしまっす!

あれっ、レラカムイ使ってる。
レイズスペクトラ使わないの?

だってニューロッドをしょっぱなから湖に落としたら大変じゃないですかぁ。

これは来週にデビューさせる場所を決めてあるんです。うふふ。
時間を見つけては慌ただしく準備中。
20170903 (1)
20170903(2).jpg


【今日の一首】
釣れぬより
釣れるといいな
わたしもね
あなた釣るまで
帰らないから

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。
ちなみに年はアラフォーを超えた40UPです(^.^)/~~~