10月28日 近郊小河川巡礼

フレッシュウオータールアー紀行
10 /28 2017

この時期の北海道は紅葉がすごく綺麗なので、一面の紅葉の中での釣りが気持ちよいです。

でも川でも湖でも、落ち葉がすごく多くて、すぐにルアーに引っ掛ってくるので、落ち葉に悩まされる時期でもあります。

実は昨日も、仕事が終わってから止水(気温13℃、水温9.4℃)に1時間ちょい行ってきたのですが、1中虹バラシで終了でした。
20171028-0.jpg

最近は止水づいているので、川が恋しくなってきた今日この頃。

というわけで、今日は早起きしてちゃっちゃっと5河川を回ってきました。

7時から1河川目スタート。

水温8.6℃。
ミノーで大きなあたりが3回あったけど、2回のって2回バラシ、1回はフッキングせず。ニジかどうかは不明。
ウエーディングしているとレアな魚をみることができました。

その後の川で、やっとしっかりフッキングしたけど、さっきのに比べてだいぶ引きが小さいなぁ・・。
やっぱりチビニジ。
20171028-1.jpg

もっと大きいのいるはず・・と投げていると、シンキングミノーで1度、スピナーで1度けっこう大きなあたりがあったけど乗らなかった。
うーん、悔しい・・。

めげずにちょっと良さそうな場所。
ほんとはミノーで釣りたいけど、もしミノーを追わなかったらポイントが荒れてしまう。

いちばん確実に食ってきそうかなと選んだのは、イクラに近いサイズのボトムノックスイマーⅡ。

アップで投げてチョンチョンとダート。

YES、一発でドスンと来たっ!

潜る潜る、どんどん潜る。

どんどん、どんどん、水草の中に・・・。

やめてくれ~。

ロッドがウルトラショートなので、うまく魚をいなせていない。

ぐいぐい引っ張って、やっと出てきた!
20171028-2.jpg

42cmの栄養状態の良いメス。

今日はこれで満足しよう。
20171028-3.jpg

と思いつつ、、ちょっとだけ別河川も探索。ほんとにちょっとだけ。

ヤマメ。
20171028-4.jpg

アメマス。
20171028-5.jpg

次に入った河川は良さそうな雰囲気がしたけど、全くあたりなし。

最後に里川風のところ。
スピナーで25cmくらいの虹鱒を3尾キャッチしたけど、カメラを車に忘れて写真なし。

自宅を出発した時は気温2℃でずっとダウンを着ていたけど、日中17℃まで上がりすごく暑かった。
この時期は温度調整も難しい。

14時札幌に帰り、その後は北海道大学内にあるイチョウ並木の紅葉を部隊で見学。
20171028-6.jpg

大学内の紅葉なんて釣り場から見る紅葉にはかなわないだろうとなめていたら、すごく綺麗でびっくりした。
ちょうど金葉祭と言う北大のお祭りをやっていて、出店や生演奏もあってよかったです。

明日はワタクシ、プリキュア・アラモードの映画を見に行くんだっ。
キュア・パルフェが出るんだって!
わ―楽しみだぁ(嘘)

追記:
プリキュアの映画見て来ました。
思っていたよりずっと楽しかったのですが、鑑賞後、少佐に感想を求められ「楽しかった」というと、どこが楽しかったのかと聞かれたので、「魔法使いプリキュアが助けに来てくれて良かったのとパルフェ(キラリン)がパティシエ修行を頑張っていたのが良かった」と小学生の作文以下の返答をしてしまいました。
プリキュアは1年ごとに登場人物が代わる(昨年は魔法使いプリキュア、今年はパティシエのプリキュア)ので、来年度はぜひアングラー・プリキュアにしてほしい。

ロッド: カーディフ NX S37L
リール: コンプレックスCI4+2500HGS
ライン: ヤマトヨテグスNEWサイトエディション8LB(1.5号)
ルアー: ボトムノックスイマーⅡ3.2g 

【今日の一首】
居るはずだ
ミノー使って
釣りたいな
気持ち抑えて
マッチ・ザ・イクラ

10月22日 近郊ダム湖 50UPもブラキストン折れる

フレッシュウオータールアー紀行
10 /22 2017

10月22日 日曜日 みどりのはっぱを食べました。

めちゃ忙しく睡眠不足だった仕事あけに、ニュータイプ化したらしい友人Iが暇らしいので誘って、午後から釣行。
到着して、午前中やっていて撤収するところだったルアーマンさんに情報収集したけど、先週までは良かったのが今週はさっぱりだったと言う。他にトローリングをしていた方も、一度あたりがあっただけらしい。

気温7℃。水温10.6℃。
聞いた限りによると厳しそうだなぁと思いながら、ショアで釣り始めるけど、前日の仕事モードから気持ちが抜けずなんか集中できない。
しばらくの間投げていると、釣れないけどやっと集中して釣りに夢中になる。
こういう時間が大事。

やっぱり全然あたりがない渋い状況の中、気持ちよく無心で投げているとやっとニジ。
なんか口から糸が出ていると思ったら、フライのニンフを食っていて、口から切れた糸が出ていた。
フライも外してリリース。
20171022(1).jpg

ここでは、初めて釣れたアメマス。
アメマスもいるんなだぁ。
20171022(2).jpg

飲み物をとりに一度車に戻ろうと、戻りながら投げていたら大きなあたり。
しっかりあわせて、近くで見ていた友人にでかそう!と言って、
けっこう大きそうな魚がローリングしたのが見えた瞬間に、ブラキストンがポキッと折れた。
凍りつく。
継ぎ目のちょっと上が折れたけど、なんとかバット部分だけで魚は獲れた。
52cm。折れたロッドも記念に撮影。
20171022(3).jpg

謎すぎる。
大きいけど折れるほどの大きさではないし、やり取りでそんな負荷をかけたつもりはないんだけど・・・。
今までの釣行で傷ついていたのかなぁ。
多分1年以上経っていて保障期間が切れているので、これからしばらくはカワセミ一本で頑張ります。
20171022(4).jpg

久々に50UP釣れたけど、またロッド折ってしまった…衝撃。
20171022(5).jpg

6-7ftもう一本欲しいけど何がいいかなぁ。
これから検討する楽しみも・・・。
でも、まずはお小遣いためないと・・・・。

ちなみに友人は特にニュータイプ化はしていませんでした。
透湿ウエーダーの浸水は無事に直ったけど、
今回足がめちゃ冷たかったから次からはもうネオプレンにしよう。

ロッド: D-3 Custom Lure'S Blakiston 706ML
(殉職したけどメーカーで有償修理できそうで依頼予定) 
リール: ステラ2500+クロスベークデルタノブ(NSクラフト)
PE: よつあみ G-soul WX8 1号
リーダー: モーリス ストリームショックリーダー 8LB
ルアー: スミスドロップダイヤ5.5g

10月13日~15日 湧別川・武利ダム遠征:敗因は何?

フレッシュウオータールアー紀行
10 /15 2017

10月13日~15日、瀬戸瀬温泉ホテルに2泊して、1年ぶりに大物目当てに湧別川方面に遠征に行ってきました。
といっても、湧別川は短時間入っただけで、ほとんどが武利ダムでの釣りになりました。

10月13日金曜の午後にワタクシの運転で札幌を出発。
旭川近辺はかなりの豪雨でしたが、途中高速道から見る石狩川は珍しく澄んでいて期待が持てます。
丸瀬布から瀬戸瀬まで無料高速区間が今春開通していて、昨年よりも移動時間は短縮です。

16時前に湧別川の野上堰堤着。
気温7℃、水温11.6℃。
20171015(3).jpg

日暮れまでの1時間弱、堰とその下流をミノーとスプーンで探りましたが、いかにもいそうなところも2人ともノーチェイス。
時期的に落ち込みでの居着きはもう終わったのかなぁ。それともすれているのか・・。
日が暮れて遠軽のCOOPさんで酒と食料を買って瀬戸瀬温泉泊。
適温でゆったりできる良い温泉です。
管理人のおじさまのお話では今年は湧別川の水量が少なく釣果が大変芳しくないとの事。
武利ダムももう大きいのはいないのでは・・という。

翌朝は5時起床予定だったけど、寝坊をして6時過ぎ起床。
湧別川に行くか武利ダムに行くか悩んだけど、とりあえず武利ダムへ。
7時過ぎにスタートしましたが湖面にはまだ誰もいません。
気温4℃、水温9℃。ダウン着なかったらすごく寒かった。
20171015(4).jpg

昨年来た時は台風後で、土砂と流木で荒れ果てていましたが、流木は大分なくなっていて、インレット付近の一部が何のためかは分からないけど整地されていました。手前側に四角い土手が作られていて、湖側の土手(写真奥)の下からウエーディングして湖に進むと、土手に平行した一直線のかけあがりが見えます。このかけあがりあたりの少し沖を魚が回遊してきそうな気配です。
20171015(5).jpg

武利川インレット。湖への流れ込み部分。浅いです。
インレットの下流のダム湖は浅くなっていて、減水していれば湖中央付近までウェーディングでたどり着いてしまいます。
でも湖中央にたどり着いても、全体的に土砂に埋まってかなり浅いのであまりポイントはありません。
素直にかけあがりで釣るのが無難な様子。
20171015(6).jpg

インレットの少し上流は工事していましたが、流れ込む水は綺麗でした。ここも渇水です。
少しだけ川を上ってみましたが、魚がいる様子やチェイスはありませんでした。
20171015(7).jpg

インレット付近のかけあがりでの一匹。
20171015(8).jpg

ルアーをとっかえひっかえ苦戦しながら、やっとチヌークで38cm。
ヒキは最高なんだけど、願わくば50UPを・・・。
20171015(9).jpg

ワタクシが苦戦している間、なんやしらんが、友人は30cm位のニジを爆釣している。
こちらは激シブ。
ルアーローテを繰り返し、リュウキでやっともう1尾。
20171015(10).jpg

紅葉が綺麗ですね・・・。
20171015(11).jpg

土手の前は、この辺りまでウェーディングすると一直線のかけあがりになっています。
これはインレット側から入渓地点付近を撮った写真。ウェーディングしている友人が写ってます。
20171015(12).jpg

インレットではなく、ダムサイト側にも一カ所だけ入れる場所があり、そこはどこからかの放水口があり、水の流入がありました。
放水の流入の勢いがよかった時は少し反応が良かったのですが、勢いが弱くなると反応も止まりました。
20171015(13).jpg

こちらでは1尾ばらして、アメマスがヒット。
20171015(14).jpg

結局、この日の湖での結果は、友人15尾(しかもチェイス、バラシ多数)、ワタクシ4尾。
おかしいでアルよ~。

夕方、1時間弱遠軽付近の湧別川。
サケがけっこういます。
20171015(1).jpg

マッチ・ザ・イクラのつもりで、サイズ的にも見た目もイクラっぽいボトムノックスイマーⅡレッドでアメマス1尾。
友人はイクラスプーンでニジマス1尾。
20171015(2).jpg

山岡屋でラーメンを食べて、瀬戸瀬温泉に帰館。
疲れて飲んで、22時頃には就寝。

翌10月15日も6時過ぎから武利ダム。
気温2℃、水温8.6℃。この日はダウンを着てそんな寒くない。
放水の影響でどんどん減水していき、最終的には昨日より膝の高さぐらい水が減っている。
昨日ウェーディングした部分も大方陸地になった。
かけあがりを狙ったけど、あまりに釣れないので(友人は昨日ほどではないけど釣れている)、湖中央付近までウエーディングして対岸の岸際を狙っていると、50弱位のまあまあ大きなニジマスがスプーンを3回つついて反転していったのだけがこの日の魚とのコンタクト。

この日友人は4尾。ワタクシボウズ。

11時納竿し、帰りがてら、丸瀬布スポーツ公園裏あたりの湧別川に30分ほど入渓してみるが魚信なく、12時に帰路についた。

結果、、
今釣行で友人19尾+ばらし5尾+チェイス多数(最大38cm)。
ワタクシ5尾+ばらし1尾+チェイスほとんどなし(最大38cm)。
2人とも大物は獲れなかったので、今回の目的は果たせなかったのだが、釣果は湖での数で大きく差がついた。

この友人Iとはよく遠征しているのだけれど、釣果で敗北を喫したのは、2015年8月のポンテシオ湖・岩尾内湖・糠平湖遠征以来約2年ぶりのこと。
まあ、そんなこともあってもいいかなとは思うけど、しかし今回は釣果にあまりに差があったので、今後の成長のためにも原因を考えなくてならないのです。

まずはルアー選択の違い。
友人は今回ほぼルアーを変えずBrighton9gアカキン(時々グリーン)で爆釣。しかもかなりチェイスが見えるという。ワタクシは軽いBrightonしか持っていなかったので、様々な5~10gの各種スプーンをかなり色々ローテーションして試すがチェイスもほとんどなし。

そして巻き方の違い。
友人は今回ハイギアでの早巻き2回+ストップもしくは軽くトゥイッチしながらの早巻き+ストップが主体。ワタクシはノーマルギアでのいつもの定番スロー~デッドスローの時々ストップが主体。

これは関係ないと思うけど、あとはリーダー。
友人はフロロで僕はナイロン。

今回の釣果の差は何が違うんだろう?

ポイントは入れ替わったりしていたので関係なさそうだ。
やはりルアー選択なのか。。
でもですよ、、、、
友人はBrightonでなく、たまたまチェンジした安売りの100円テントウムシスプーンでも釣っていた。追いもかなりあったという。
ワタクシすごく色々なスプーン試したし・・。
だからルアー選択は関係ないかもとか。。

では巻き方?
でもですよ、、、、
最終日は友人がしていた早巻きのストップも試したけど、ワタクシは音沙汰なし。
だから巻き方は関係ないのではとか。。
早巻きが足りないのか?

じゃあなんだ?
腕か?
そうか、腕か(笑)
腕なのか・・・。
ニュータイプに進化したとかぬかしていたが、ヤツは本当にニュータイプになったのか、はたまた自分の方の腕が‥‥。

結局よくわかんないのです。
なんかの差で釣果に大きな差の出る、今までの釣り方に疑問を投げかけた勉強になる釣行でした。

湖;
ロッド: D-3 Custom Lure'S Blakiston 706ML 
リール: ステラ2500+クロスベークデルタノブ(NSクラフト)
PE: よつあみ G-soul WX8 1号
リーダー: モーリス ストリームショックリーダー 8LB
ルアー: スミスドロップダイヤ5.5g ダイワチヌーク10g DUOスピアヘッドリュウキ50MDF スミスピュア6.5g
 (ルアー選択にかなりの迷いが見えています)
河川;
ロッド: TENRYU レイズスペクトラ RZS53LML
リール: コンプレックスCI4+2500HGS
ライン: バリバス スーパートラウトアドバンス サイトエディション 8LB(2号)
ルアー: ボトムノックスイマーⅡ3.2g  


【今日の一首】
北の糧
食べるあなたと
駆け引きし
かなうはずなく
湯で空を見る

やまねった

釣りが好きで2011年東京から札幌に移住しました。

東京では手漕ぎボートなどの海釣りが主で、トラウトは管釣りのフライフィッシングばかりでしたが、最近はルアーの勉強中です。

週末限定で、仕事の合間の時間を見つけては札幌近郊や道内の遠征でトラウトルアーフィッシングを楽しんでいます。

みなさまいろいろ教えてください。
アラフォーの40UPです(^.^)/~~~